財務研修を語る

財務研修を語る


財務の基本を学び、具体的な財務諸表の読み方を養成

財務諸表の仕組みや勘定科目など、財務の基本を学ぶことも当然必要になりますが、財務諸表を読む視点を養いながら実践的に学べる内容に絞り、カリキュラムを構成しています。


ニーズ

財務の重要性がますます高まっています

企業の目的は最終的に、「利益」「キャッシュフロー」をあげることであり、経営は100%数字の世界です。 財務諸表は企業にとっての「通知表」であり、「利益」「キャッシュフロー」なくしては、企業は存続できません。
売上が上がったからといって利益が上がるとも限らず、適切なコストコントロールがあって、はじめて利益が上がります。
以上のように、適切なコストコントロール、 ひいては適切な経営管理を行うためには、財務の知識が不可欠になります。自治体でも公会計が導入され、 財務の健全化が求められるようになりましたし、大学経営においても、全く同様です。
また財務の知識は、財務や経理の担当者だけが知っていれば良いというものではありません。経営者や営業担当者であっても、 会社の経営に携わっている以上は、知っておくべき知識です。例えば、営業担当者を例にとって考えましょう。営業の仕事は、 自社の製品やサービスを売り込むことだけではありません。「与信管理」と言い、きちんと債権を回収することまでが仕事です。 もしも取引先が倒産してしまうと「貸し倒れ」となり、自社に大きな損失を生んでしまいます。したがって、取引先の財務状況を把握することは不可欠で、そのために財務諸表を読み取る力が求められるのです。

近年、サブプライムローン問題、リーマンショック等の打撃を受け、日本経済や企業業績は大幅に低迷しています。そのような中で、改めて財務の重要性は見直されており、財務の知識・ノウハウを持つことは、社会人として必須の能力と言っても過言ではありません。


効果

財務諸表を"読む力"と"読み取る力"の両方を学びます

身につくスキルは2点あります。

①財務諸表を読むための基本的な知識
②財務諸表を読み取る力

財務諸表を"読み取る力"とは、財務諸表をただ読むのではなく、そこから企業の課題・問題点を分析し、解決するための方策を導き出す力を指します。企業の分析手法として、「定量的分析」と「定性的分析」がありますが、企業分析をする時にまずやるべきことは、「定量的分析」である「財務分析」です。
なぜなら経営の課題・問題点の解決はすべて数字に基づかなければならないからです。


特徴

「電卓を叩く」、「業界ごとの特徴をつかむ」ことに注力します

①実践的な訓練
本研修は単に一方的で受身な講義を行うのではなく、受講者自らが手を動かして学ぶことに重きを置く、能動的な研修となっていることが特徴です。具体的な事例をもとに、受講者の皆さんにも電卓を叩いていただきながら、研修を進めていきます。

②業界ごとの特徴もご紹介
財務諸表は、業界によってそれぞれ特徴があります。そこで、弊社の研修では、各業界ごとの財務諸表の読み込むポイントもご紹介しています。非常に実践的な内容であると好評を得ています。


重点
ポイント

実践重視で財務諸表を読みこなすノウハウを身につけます

特徴のところでも説明した通り、実践を重視したカリキュラムです。
財務の基本講義はもちろん行いますが、それよりも財務諸表を読みこなすためのノウハウの習得や演習等、実践的な面に重点を置いています。結果として、1日で財務諸表の読み方を身につけることができます。


研修の
流れ

知識の集積と実践の繰り返しです

研修の進め方は次の通りです。

①簿記の基礎知識の習得
はじめに、財務諸表を読む前提知識となる簿記の知識について
学びます。
   ↓
②財務諸表の基本の習得
財務諸表の基本となる「損益計算書」「貸借対照表」「キャッシュフロー計算書」の3つを中心に解説を行います。
   ↓
③財務諸表を読みこなす
収益性と安全性という2つの側面から財務諸表を読み込み、企業の経営状態を分析します。また、財務諸表にあらわれる業界別の特徴についても解説します。
   ↓
④総合演習
研修で学んだことを実際に用いて、総復習を行います。


演習

総合演習 ~企業状態分析

二社の財務諸表を読んで、どちらの企業状態が良いか診断を行っていただきます。
演習の進め方は次の通りです。

①まずは、個人作業で、自分の考えをまとめる。
②グループでディスカッションを行い、グループとして最適な答えを
 考える。
③全員の前で発表する。

実績

民間企業だけではなく、財務・会計に慣れていない官公庁からの要望も増加しています

民間企業にとっては「与信管理」の知識を得るために、官公庁では民間企業で必須となる会計の基本を学ぶために、近年実施が増えています。



お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

ページトップへ
インソース流研修とは?
インソース流研修のやり方

人気研修の解説
全社員向け意識改革研修
ビジネス文書研修
管理職のためのビジネス文書研修~指導編
話す力・書く力(プレゼン・文書研修)
プレゼンテーション研修
内定者研修
新入社員研修
新入社員IT研修
新人フォローアップ研修
OJT指導者研修
コーチング研修
部下モチベーション向上研修
中堅社員研修
管理職研修
管理職アセスメントプログラム
リーダーコミュニケーション研修
段取り研修
CS研修
接遇研修
コミュニケーション研修
企画力研修
リスクマネジメント研修
コンプライアンス研修
キャリアデザイン研修
交渉術研修
ファシリテーション研修
タイムマネジメント研修
ビジネスゲーム
業務改善研修
自治体マネジメント研修
Java研修
クレーム研修
電話応対研修
図解思考力研修
整理力研修
研修担当者レベルアップ研修
社内講師養成研修
財務研修
ファイリング研修
マニュアル作成研修
営業力強化研修
メンタルヘルス研修
タイムマネジメントの原則
話す力・書く力
コンプライアンス研修
業務改善研修
新入社員研修~社会人としての自覚編

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

インソースフォーラム2019 全国6都市でお申込み受付中!

デザイン思考研修

お仕事歳時記

講師一覧

人材育成の7つのポイント

交流型無料セミナー

漫画で楽しく学べる教材制作

人財育成スマートパック 公開講座が最大50%OFF

スピード見積もり

インソース採用情報