loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

システム営業・SEのためのお客さまとのリレーション構築研修

コミュニケーション

システム営業・SEのためのお客さまとのリレーション構築研修

実践重視のプログラムで「わかる」を「できる」に!

No. 5200466 9901039

対象者

  • ・システムエンジニアの方
  • ・お客さまとの意思疎通がうまくいかないと感じている方
  • ・システム会社の営業の方

研修内容・特徴outline・feature

SE(システムエンジニア)にとって、お客さまと良好な関係を構築し、維持していくことはこれからの時代には不可欠なことです。 そこで、本研修ではお客さまに合わせた提案方法や、お客さまの心をつかむアプローチ方法を習得し、 常に高い顧客満足を得られるSEを目指していただきます。

研修プログラムprogram

内容 手法
1.システム営業・SEに求められる役割とは
(1)お客さまの立場で考える
【ワーク】「仕事をお願いしたい」と感じるシステム営業・SEについて考える
(2)システム営業・SEに求められる役割を考える
(3)システム開発の流れから、お客さまの仕事を考える
【ワーク】「必要なコミュニケーション」について考える
講義
ワーク
2.お客さまとのリレーション構築のために
(1)お客さまの視点を持つ
【ワーク】実際に自分のお客さまにとっての「顧客」の期待について考える
(2)お客さまの事前期待を裏切らない
【ワーク】自分が担当しているお客さまの「事前期待」について考える
(3)お客さまから丸受けしない
【ワーク】急な要望の対応方法について考える
(4)クイックレスポンスを心がけること
【ワーク】クイックレスポンスが出来ない理由と対策について考える
講義
ワーク
3.お客さまの求める品質を考える
(1)システムに求められる品質
(2)システムの品質をはかる5つの要件
(3)良い品質のシステム開発を実現するために~重要なのは「業務効率の向上」
講義
4.お客さまのニーズ把握のために質問をする
(1)お客さまの真のニーズを把握する
【ワーク】お客さまの真のニーズを把握するために工夫していることを確認する
(2)お客さまのニーズは「こちらが見つけるもの」~「訊く」スキル
(3)「訊き方」の種類
【ワーク】「質問力」を確認するグループワークを実施
講義
ワーク
5.プロジェクトを管理する際の注意点
(1)そもそも「プロジェクト」とは
(2)プロジェクトが行き詰ってしまう原因
(3)手離れの良い開発要件の出し方~ 失敗しない進捗管理
【ワーク】具体的にプロジェクトの管理を実施するときに、すぐにできそうなことを考える
講義
ワーク
6.説明責任を果たすための伝える技術
(1)伝える技術の基本的なポイント
(2)聞き手との境界線をなくす
(3)用語の共通化~ 業界用語は通じない
【ワーク】自分たちの周りの「専門用語」「カタカナ語」を洗い出す
講義
ワーク
7.お客さまへの「ホウ・レン・ソウ」を徹底する
(1)ホウ・レン・ソウのポイント
(2)「ホウ・レン・ソウ」の徹底見直し講座~「ホウ・レン・ソウ30選」
講義
8.まとめ
【ワーク】研修で気付いたことを踏まえ、今後どのような行動をすべきか考える
講義
ワーク

スケジュール・お申込み
(オンライン/セミナールーム開催)schedule・application

オンライン開催

セミナールーム開催

注意事項

  • 同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • 会場やお申込み状況により、事前告知なく日程を削除させていただくことがあります
  • カリキュラムは一部変更となる可能性があります。大幅な変更の際は、申込ご担当者さまへご連絡いたします。

事前のご案内

受講できそうな日時がない… 日程を増やしてほしい… 
そんな時には「研修リクエスト」

研修リクエストサービス

「研修リクエスト」とは、お客さまのご希望の日程、内容、会場で、1名さまから インソースの公開講座を追加設定するサービスです。 サービスの詳細や、リクエスト方法はこちらをご確認ください。

※受講者数1名以上の場合から、リクエストを受け付けております

※ご連絡いただいてから研修実施まで、通常2か月程度かかります(2か月以内での急ぎの実施も、ご相談可能です)

受講者の評価evaluation

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

99.6%

講師:大変良かった・良かった

98.0%

※2022年10月~2023年9月

実施、実施対象
2023年7月     3名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 社内都合はまずはおいて、お客様の立場にまず立つことを心掛ける。お客さんに無理を言われてもすぐに断らず、とはいっても会社も守るために、お互いの納得できる落としどころを探していきたい。
  • 他の営業の方とお会いする機会も少なく、今回お話して私も営業としてしっかりしなければなと改めて心構えができました。お客様のご要望や困りごとを聞き、対応を素早くする意識をしようと思いました。

実施、実施対象
2022年11月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
80%
参加者の声
  • 今までお客さまとのヒアリングの際には受動的な姿勢で臨むことが多かった。今後はお客さまのニーズをくみ取り、能動的なヒアリングをしたい。
  • 業務の現状を振り返り、改めて整理できました。お客さまをよく知るということを特に意識して、これからの業務に今日得たことを活かします。

実施、実施対象
2022年3月     4名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 相手の背景や問題・目的・目標を理解していないと、認識のずれが生じ意図していないシステムを開発してしまうことを再認識しました。必ずしも相手が明確に説明できるとは限らないので、自分の質問力を鍛えて問題が起きないようにします。
  • これまでのシステム開発の流れの中では、ベンダー側がやることばかりに注目してきました。しかし、お客さま側にやってもらわないといけないこともあると分かりました。今後はそれぞれの立場と役割を明確にして、開発に取り組みます。

実施、実施対象
2021年9月     3名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • お客さまの先にもさらにお客さまがいらっしゃり、その方からの期待があることをふまえて、業務の進め方や組立て方を考えます。
  • プロジェクトに参加する際には、自分がリーダーではなくてもプロジェクトを管理するという意識を持ちつつ目標設定や進捗管理に向き合う。

実施、実施対象
2020年12月     20名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
85%
講師:大変良かった・良かった
85%
参加者の声
  • 顧客の立場に立って情報をしっかり収集できるように訓練していきたい。自分の行動や思考に論理性が必要だと感じた。
  • リスクマネジメントは不可欠なので、起きないようにすることが絶対ですが、起きてしまったとき早急に対応できるように努めます。システム開発における要件定義の大切さも理解できたので、より一層上流段階でのユーザーとの認識合わせを意識します。
  • 開発スキルをまず高める研修から自分の教育が始まったため、要件定義を確認する癖があまりついていないと実感していた。今回の研修で要件定義で認識のすり合わせをすることが重要であることを改めて学んだため、開発の前に何を開発したらよいのかを重視して業務に取り組む。
  • 「お客様のお客様」も意識するという言葉が自分にとっては新しい視点だったので、どんな業務に対しても広い視野で取り組む事を忘れない。

お問合せ・ご質問

よくいただくご質問~お申込み方法や当日までの準備物など、公開講座について詳しくご説明

最新作・ニュース

新卒対応speed&challenge

新卒採用に関するお知らせ オンライン・全国で会社説明会開催中

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
99.6
講師がとても良い・良い
98.0

※2022年10月~2023年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

同ジャンルの研修を探す

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

コンテンツクリエイターズワークス

生理の貧困対策支援PJ(企業向け)全力Q&A

生理の貧困対策支援PJ(自治体向け)全力Q&A

生理の貧困対策支援PJ自治体のお声

  • WEBins
  • 20周年特別タイアップ企画
  • モンシャン

公開講座からの新着メッセージ


    直近の公開講座開催研修