社会福祉法人のサービスに求められる要求レベルは益々高まっている 社会福祉法人向け研修

社会福祉法人向け研修

 更新

研修の目的・特徴

自治体からの助成金減少や人員削減など、社会福祉法人は厳しい環境に置かれています。時代の激しい変化に伴い、社会福祉法人のサービスに求められる要求レベルは益々高まっています。問題点として大きく3つ、サービス面、組織・職員面、財務・コスト面が挙がります。

経営の観点が不十分だった社会福祉法人に経営改革が求められています。そこでは、(1)経営に不慣れなリーダーの下で組織が運営されていること、(2)サービス提供に関する知識やノウハウがベテラン職員を中心に個人レベルでとどまっており、組織レベルでの知識等の共有継承が少ないこと、(3)コンプライアンスや人員配置、評価に対する整備の遅れによって職員の意識が低下していることなどが経営課題として挙げられます。これらの課題を解決すべく組織環境の整備と人材の育成教育が必要になっているのです。

お問い合せ・お申込み

※各業界向けカリキュラムのカスタマイズは可能です

{{heading}}のカリキュラムを選ぶ

本研修のカリキュラムを選ぶ

研修のプロがお答え全力Q&A

お客さまから「{{trainingName}}」に多く寄せられるご質問を抜粋して掲載しております。
質問をクリックすることで、回答が表示されます。


      

この業界で実施されている研修ランキング

  • メンタルへルス【セルフケア】

    実施、実施対象
    2016年 12月     12名
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • 自己肯定感を高めるように自分をほめていきたい。また、本日の内容を職員のメンタルヘルスケアにも活かしていきたい。
    • 話すこと、聞くことの大切さを学びました。自らすすんでコミュニケーションをとっていきたいです。

  • OJT【指導担当者向け】

    実施、実施対象
    2017年 6月     14名
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • 後輩に教える、という仕事に対して今まであいまいな指示を出したりしていた点を反省した。これからは3W1Hを意識して教えていきたい。講師の先生が実体験をはさんでくださっていたのが大変分かり易くて良かった。ありがとうございました。
    • 人材育成をする上で相手を知ることが大切だと教えていただきました。チームの中でコミュニケーションを多く取り、自分を知ってもらい相手を知っていきたいと思いました。

  • 新人向けビジネス基礎

    実施、実施対象
    2016年 9月     43名
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    93.0%
    参加者の声
    • 社会人としてのマナーをグループでの実践を含めながら学ぶことができ、とても勉強になりました。学んだ事を活かして今後頑張っていきたいと思います。
    • 余裕がなくなると笑顔がなくなってしまうことがあるので、意識的に笑顔を作るようにしたいです。今回の研修で学んだことを現場でも活かせるよう、また資料の見直しなどもしたいです。

  • 中級クレーム対応

  • リスクマネジメント

※過去3年間の実施数を元にしております

インソースグループのおすすめ商品

コーワライティングシート
ホワイトボードの設置にお困りのお客さまには、「コーワライティングシート」がおすすめです。どこにでも貼れて、大きさも自由にカットできるため、会議や社内イベントではもちろん、ちょっとした掲示板代わりにも使うことができます。
社会人基礎力診断
効果的な研修を実施するためには、まず現状の課題を把握する必要があります。こちらの社会人基礎力診断では、仕事をする上で必要になる12の能力について組織の現状を分析し、効果的な研修の企画・提案をいたします。
*個人結果レポートサンプルあり

※公開講座とは、1名さまから受講可能な研修のサービスです

豊富な実績

ヘルパー・事務職

介護や事務において、利用される方々との会話や応対でのクレームやトラブルへの対応が求められます。介護職の課題の一つに「職場内の人間関係」や「職員の働く意欲(モチベーション)の低下」が挙げられます。現場職員の方には、自分自身のモチベーションをどのように保つか、また、利用される方々の満足度を高めるには何が必要かを学んでいただく研修が人気です。

中堅職員

中堅職員は今後の課題として、キャリア形成についてイメージを持てないでいることが挙げられます。また、若手や後輩を指導する役割を求められますので、OJTやリーダーシップ、また問題発見解決のスキルも必要になります。

施設長・経営陣

パートや非常勤職員の割合も増えている中、職員を管理する施設長や経営陣向けに人事管理系研修の実施実績が増えています。

1年間の総受講者数
7,456

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

95.2%

講師:大変良かった・良かった

94.4%

※2017年10月~2018年9月

受講者の声

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!