loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

仮説構築力向上研修(1日間)

仮説構築力向上研修(1日間)

問題の本質は何か、を徹底的に考えたカリキュラムで、現場で役立つスキルやノウハウを習得!

研修No.B SKW640-0000-2580

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修内容・特徴outline・feature

お客さまから示される課題、問題点は表面的な事象に過ぎないことも少なくありません。それに対し、SEには指示通りに動くだけではなく、「そもそもこの課題の本質とは何か」を深く考え、仮説を立て、それを検証していく仕事の進め方が求められています。

本研修では、様々な仮説構築の方法論を学び、ケーススタディを通してアウトプットすることで、実践的に仮説構築力を強化していきます。

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.はじめに
    (1)日常の中で行っている仮説構築
    (2)仮説構築力強化の方法
    ・まず研修で方法論を学び、日常生活の中で仮説構築力を鍛える
講義
  • 2.仮説構築の方法
    (1)仮説構築の方法 ~「状態」は数値化する事で扱いやすくなる
    ①状態を数値化する方法
    ②数値化例 ~「清掃状態」を数値化してみる
    【ワーク】今の仕事を踏まえ数値化を使って提案を作る
    (2)仮説構築の方法~需要予測は援用する・類推事象を探す
    ①需要予測、将来予測が必要な場面
    ②フェルミ推定を活用して類推する
    ③事例研究 ~同種商品の売れ行きから販売数量を予測する
    ④【ワーク】今後3年間の国内市場における小型風力発電機の販売台数予測
    (3)仮説構築の方法 ~もれなく考える、見えない事実を洗い出す
    ①もれなく考えること、見えない事実を洗い出す事が必要な場面
    ②もれなく考える方法
    ~フレームワークで多角的な6つの視点・立場から課題を洗い出す
    ③【ワーク】自動販売機を設置する際の課題を洗い出す
    (4)仮説構築の方法 ~人間心理・社会通念を踏まえて考える
    ①人間心理、社会通念からの仮説構築が必要な場面
    ~新システムの設計、新商品開発、ユーザーインターフェイス設計等
    ②人間心理、社会通念の獲得方法
    ~動態観察(利用者視点、メモ、測定)
    ③事例研究 ~人間心理、行動分析から作られた新商品
    ④【ワーク】使われないシステムの活用頻度を上げる
    (5)他者とのコミュニケーションから仮説を立てる
    ①他社とのコミュニケーションから仮説を立てる事が必要な場面
    ②登場人物を洗い出す
    ③ヒアリングのポイント ~聞き役に徹する
    ④仮説を導くために必要なヒアリング方法
    【ワーク】関係者洗い出しのワーク
    【ワーク】「聞いて良かった」事例について話し合う
    (6)仮説は「詳細に」立てる
    ①仮説はどんどん細かい内容にしていく
    ②仮説は変えていくのが基本
講義
ワーク
  • 3. ケーススタディ
    (1)帳票設計 
    ~売上が向上する支店別売上資料を作成する
    (2)既存のシステムの仕組みを類推する
    ~レシートを分析し、システムを類推する
ワーク

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2017年 9月     24名
業種
人材・教育サービス・BPO
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
95.8%
参加者の声
  • 仮説を立てるにあたって、思いつきでやっていることにもロジカルに対応するようにする。
  • 仮説を立てることや事前準備の大切さを実感しましたので、今後に活かしていきたいと思います。
  • 営業視点で実務に活用できる内容だった。事前の調べを密にしたい。

実施、実施対象
2017年 6月     10名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
90.0%
参加者の声
  • 仮説立案の際、フレームワークを活用していきたい。
  • 仮説を立てて物事を進めていきたいと思います。研修の内容を客先提案に活用したいです。
  • 自然とやっていたことかとは思いますが、視覚化することが大切だと感じました。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

IT研修(情報技術研修)
年間総受講者数
6,006
内容をよく理解・理解
84.7
講師がとても良い・良い
85.3

※2019年4月~2020年3月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!