loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

SE向け問題発見・提案力研修(2日間)

SE向け問題発見・提案力研修(2日間)

問題の本質は何か、を徹底的に考えたカリキュラムで、現場で役立つスキルやノウハウを習得!

研修No.B PRP410-0000-0426

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修内容・特徴outline・feature

リーダー層のSEに求められる能力は、お客さまからの要求・要望に的確に対応した提案をすることにとどまりません。お客さまの抱える問題点を調査・発見し、その問題が何に起因しているのかを探り出す力も求められます。

本研修ではまず、8つの観点から課題を発見する問題発見技法を身につけ、SEとしての問題発見力を強化していきます。加えて、改善法、翻訳法、マトリックス法、合体法など、「解決企画プラン」を出すための具体的方法を学びます。それらを踏まえて、実際の企画を考え、提案書に落とし込んでいく実習を行い、実践力を強化していきます。

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • ≪問題発見技法の習得編≫
    1.問題・課題とは

    【ワーク】SEとしてお客さまの抱える問題を発見し、解決することについて、難しい・苦手・分からないと思うことを考える
    (1)問題とは 「事実」をあらわす言葉
    (2)問題解決への取り組みが「課題」
    (3)本研修の基本的な流れ
講義
ワーク
  • 2.問題発見の観点 ~8つの観点から課題を発見する
    ■「8つの観点」による問題発見
    (1)各社の経営方針の観点
    (2)お客さまサービス向上の観点
    (3)緊急性の高さの観点
    (4)ライバルとの競争力向上の観点
    (5)リスク管理の観点
    (6)コスト削減効果の関連
    (7)新技術応用の関連
    (8)法律施行・制度変更との関連性の観点
    【ワーク】8つの観点それぞれから組織にある問題を洗い出す
講義
ワーク
  • 3.問題整理技法
    (1)解決すべき問題の優先順位づけ ~マトリクス
    (2)あるべき姿を設定する
    【ワーク】優先順位づけした問題から、どの問題を解決対象とするのかを決定する
講義
ワーク
  • 4.真因追究技法
    (1)特性要因図
    (2)ロジックツリー
    【ワーク】特性要因図もしくはロジックツリーを用いて、問題の真因を探る
    【参考】5回の「なぜ」
講義
ワーク
  • ≪システムにおける問題解決編≫
    5.システムによる問題解決 ~既存業務の改善提案

    (1)現状調査・システム化ポイント発見の基本技法
    (2)業務の流れを全体的に整理する(=森を見る)
    (3)業務の流れを全体から部分に分けていく(=木を見る)
    【ワーク】自分の担当業務を流れ図として書き出す
    (4)イレギュラー業務処理を考える
    【ワーク】流れ図を作成した業務をシステム化する場合、どのように切り分けられるかを考える
    (5)ユーザインタフェース(画面・帳票)を考える
    【練習ワーク】サービス登録の流れを例に、使いやすい画面について考える
講義
ワーク
  • ≪提案力強化編≫
    6.問題解決策の提案書作成

    (1)問題解決策の提案書作成時のポイント
    (2)提案書の構成 ~6つのポイントで説明する
講義
  • 7.提案書の作成実習
    【ワーク】問題解決策の提案書を作成し、グループ内で共有する
    【ワーク】グループ内で問題を1つ決定し、別紙の提案書シートを作成する
ワーク
  • 8.提案を通すためのプレゼンテーション ~プレゼンテーションの基本
    (1)プレゼンテーションで重視すべきこと
    (2)事前準備(資料、調査 など)
    (3)聞き手との共通項づくり
    (4)相手に対する配慮
    (5)話し方
    (6)声について
    (7)間のとり方
    (8)わかりやすい話をするための構成方法
    (9)板書する、指名する
    (10)プレゼンテーションの締めくくり方
    (11)練習の重要性
    (12)プレゼンテーションで陥りやすい罠
講義
  • 9.提案書発表
ワーク

1286409

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2017年 9月     20名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
95.0%
講師:大変良かった・良かった
90.0%
参加者の声
  • 何となく経験や勘で行っていたことを、研修内で体系的に学ぶことができ、自分のやり方の良い点・悪い点が分かって良かった。
  • 要望を受けた際は顧客の心情を理解するようにし、NOと言わないよう心がけたい。
  • 提案は、提案書を作ることだけが目的ではなく、顧客の要望を受け止めてそれをどのように発展させていく(収益につなげる)かが重要だということがよく分かった。

実施、実施対象
2017年 11月     19名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 事例がSEに特化していて、非常に理解しやすかった。
  • 問題解決に関して様々な手法が学べてよかった。相手の立場に立って問題解決していきたい。
  • ワーク演習では、限られた時間内で最善の結論を出すことの難しさを学ぶことができた。日々の業務においても意識して取り組みたい。

実施、実施対象
2017年 9月     19名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 今まで何となくやっていた課題の洗い出しについて、具体的に学ぶことができました。
  • ディスカッションが多くあったのでいろんな人の意見を聞くことができ、その対応方法を学べたことは、大きな収穫であった。
  • 課題の見つけ方・原因究明・解決策にロジカルな視点で取り組むことを学ぶことができ、大変有意義でした。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

IT研修(情報技術研修)
年間総受講者数
6,006
内容をよく理解・理解
84.7
講師がとても良い・良い
85.3

※2019年4月~2020年3月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!