ファッション・アパレル業界向け研修 | 現場で使える研修ならインソース

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

ファッション・アパレル業界向け研修

ファッション・アパレル業界向け研修

研修の特徴・目的

ファッション・アパレル業界を取り巻く環境や、人材育成の傾向

ファッション・アパレル業界は、消費者志向の二極化とオンライン販売などの普及により、大きな転換期を迎えています。また、スタッフ不足や早期店長育成など店舗運営の問題の解消、DXを使った全社的な業務改善、SDGsへの取り組みなど、課題は山積みです。誰もがトレンド情報を簡単に手に入れることができる今だからこそ、激しい変化を勝ち抜くための「攻めの事業戦略」が必要です。

インソースでは、ファッション・アパレル業界向けに豊富な研修ラインナップをご用意しております。販売職向けには、CSや接遇力を高める研修だけでなく、行動経済学を使った売上アップの考え方を学ぶプログラム、本社勤務の方にはマーケティング力や交渉力を鍛えるもの、新規事業立案の基本知識を得ていただくものものまで多様なラインナップがございます。


ファッション・アパレル業界向け研修の特徴とポイント

社会に求められる「サスティナブルなファッション」への取り組み

近年、アパレル・ファッション業界では「サスティナブル(持続可能な)」がキーワードとなっています。ファストファッションの台頭で商材の1点単価が下がっていく中で、生産過程で生じる水質汚染や後進国での児童労働、長時間労働、売れ残り製品の大量廃棄が起こっています。

アパレル商品はトレンドの移り変わりが激しく、需要予測が困難なものですが、「環境に責任をもち、持続可能であること」を求める消費者に先駆けて、企業側からSDGsの達成に大きく貢献できるビジネスモデルを展開し、環境負荷が少ない商材を開発していくことが望まれているのです。

単に利益を求めるのではなく、持続可能なビジネスを通じて新しい価値を生みだすアパレル・ファッション業界に生まれ変わるためのマインドセットを可能にする教育も、弊社におまかせください。

管理職のためのESG研修~自部署で取り組む「環境」「社会」「企業統治」の課題(1日間)
サステナビリティ経営とSDGs入門講座
カードゲームを使ったミテモのSDGsワークショップ

DX導入で業務を改善し、コスト削減と商品企画の精度向上に挑戦

先述のとおり、トレンドが目まぐるしく変化し、商品企画の際の利害関係者の多いファッション・アパレル業界において、在庫リスクと各工程の業務改善は大きな課題です。不確定要素・不安要素をできる限り取り除くためにITの力を使ってデータ分析を行い、企画から生産、販売までの工程を細やかに見直すことで、収益率の高いビジネスモデルに転換していく必要があります。全社員向けに「DXで何かできるか」といった基礎知識の付与から、現場での実践的な活用方法、RPA導入支援まで幅広くお手伝いします。

ビジネスデータの分析研修~職場で活かせる統計の基礎とデータ活用法を学ぶ
システム・IT理解研修
ビジネス活用のためのAI(人工知能)研修(1日間)

対面・非対面の両方で、販売商品の価値を高める

同一の顧客が高額商品も定額商品も購入する消費の二極化や、「モノ」から「コト」消費への転換など価値観の変化が起きています。また、ECサイトやフリマアプリなどが急速に普及したことで、販売チャネルに合わせて商品をアピールしていく力が新たに求められるようになってきました。一方、実店舗での営業活動が以前のままでよいかというと、決してそうではありません。一人一人の販売員が顧客心理を的確にキャッチし、店頭での感動体験を提供することでファン作り・シェア拡大に寄与していくという役割を担います。

販売職が身につけておくべきCS・接遇スキルを学ぶ研修だけでなく、店舗・ブランドの価値創造、SNSやWEB上で効果的に発信していく力を高めるプログラムもおすすめです。

マーケティング研修~行動経済学を活用し、顧客心理を読み解く
はじめてのCX向上研修~顧客満足から感動体験へ
販売員向け研修 リピート顧客を作る販売力強化編(1日間)


ファッション・アパレル業界向け研修ご検討のお客さまからのご質問

当組織の状況を踏まえたケーススタディは作れますか?

A.作成可能です。受講者が頭を悩ませがちなシーンや人事ご担当者さまが想定されている課題をご教示いただくことで、貴社オリジナルの「リアル」なケーススタディを作成できます。現場の実態に即したケースで演習を行うことで、普段困っていることやその解決策などについて受講者同士で考え、共有することができ、そのまま現場の実践につなげられるという、高い研修効果が見込めます。

ファッション・アパレル業界出身の講師に研修を登壇してもらうことは可能ですか?

A.可能です。店長やSVなどの現場担当者、MDやDBなどの本社勤務経験者だけでなく、百貨店出身の講師など、研修目的に応じてご提案いたします。

サービス業(BtoC)出身講師一覧

講師は、研修を通じて受講者さまの動機づけをし、学んだ知識を実践できるよう導くため、受講者と講師の「相性」は非常に重要であると考えております。まず基本的には、お客さまの業界や受講者さまの職種について理解の深い講師をご提案させていただきますが、そのほかにもご要望(一人ひとりに寄り添う姿勢で親しみを感じさせるタイプ、適切な距離を保ち厳しく指導するタイプ、冷静・ロジカルに話すタイプ、熱く語りかけるタイプなど)がございましたら、ぜひお聞かせください。弊社では、「先生」としてではなく、ビジネスパーソンとして「現場」での豊富な経験をもとに、受講者の皆さまの内なる力を引き出すファシリテーターとして、ご支援をいただける「プロフェッショナル」な講師が多数在籍しております。

店長向けの研修には、どのようなものがありますか?

A.次のような研修をご用意しております。その他、CS活動を支援する立場の方に向けた研修、現場スタッフから上がってくる2次クレームに対応するスキルを高めるものなどのご要望にも対応可能です。

店長研修~店長の影響力を自覚し、働きがいのある店舗を作る編
店長向け研修 店舗の売上拡大を実現する編(1日間)

受講者を集められる時間帯や曜日がかなり限定されるのですが、平日の夜間でも研修実施は可能ですか?また、シフト勤務をしているスタッフにも等しく教育をしたいのですが、集合研修以外でおすすめの教育の手法はありますか?

A.お客様のご要望に合わせて、開催する曜日や時間はご都合に合わせて開催可能です。また、一人ひとり個別に受講させても良い研修であれば、公開講座がおすすめです。短時間で効率的に教育したいという場合にはeラーニングをご提案します。。

ホスピタリティ研修(半日間)
店長研修~店長の影響力を自覚し、働きがいのある店舗を作る編
【動画】クレーム対応講座~接客編

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

ファッション・アパレル業界向けおすすめプラン

SDGsマインドとデータ活用で組織変革を目指すプラン

所属するすべての職種の方にSDGs企業として生まれ変わる意識を醸成し、データ活用による新規ビジネスモデル・新商品開発と、生産~販売までのフローを見直す

WEB店舗とリアル店舗両方の売上を増やすプラン

オンライン店舗と実店舗、両方の販売チャネルの売上UPを図るプラン。使いやすく魅力的なサイト作り、メルマガやSNSによる非対面の販促、実店舗でのCS向上を目指す

3年間で働きやすくファンの多い店舗を作る店長育成プラン

3年間で、店長のリーダーとしてのスキルアップを行う。「店舗の一体感の醸成」「ファンづくり」「収益性の向上」をテーマに、業績確保と働きがいのある店舗づくりを目指す

ファッション・アパレル業界向け研修のご提供コンテンツ

おすすめリンク

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

閉じる