電力業界向け研修 | 現場で使える研修ならインソース

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

電力業界向け研修

電力業界向け研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

電力業界を取り巻く環境や、人材育成の傾向

環境問題に対する社会全体の関心が高まる中、脱炭素化への取り組みは、業界に課せられた重要な課題です。
石炭火力発電エネルギーへの依存をいかに低くしていくかだけでなく、一方で近年のコロナ禍による国内生産活動の低下による電力需要減少に対しどのように利益確保をしていくか、電力自由化となった環境においてもお客さまに選ばれ続けるためにどうしたらよいかなど、組織課題は多岐に渡ります。

こういった大きな課題が明確にあるにもかかわらず、インフラ事業であるがゆえの旧態依然の組織文化が定着しており、組織再編、新規事業参画、次世代人材育成などの変革が難しいという組織が少なくありません。

経営者層を皮切りに、各事業責任者・管理者が今後の会社経営をどのように担うかがポイントになり、それに付随するように、人材育成の内容や手法も変化させていく必要があります。

インソースでは、個社別に具体的なお悩みをピンポイントに解決するためのスキルを習得する研修プログラム作成から実施支援はもちろんのこと、組織の抜本的な改革のために教育体系を丸ごと見直すコンサルティングサービスまで、様々なサービスを幅広く提供できます。更に、教育担当者さまの生産性を上げられる研修管理ツールも自社開発しており、対象者が多くなる電力会社さまの人材育成に関するあらゆるコスト抑制に寄与し、脱人海戦術を実現する運営体制の構築支援が可能です。


電力業界向け研修の特徴とポイント

今、本当に汗をかくべきは上級管理職

各セクション、部門ごとのミッションは組織によって様々ですが、これらの組織目標達成が会社の今後を大きく変えます。事業内容は政策等に左右され、制限がかけられることが多いものの、長期的には大きな変化を遂げなければならないことは確かです。上級管理職の皆様が、今このタイミングで、どのように次世代リーダーやメンバーを育て、組織目標を達成させる仕組みを確固たるものにできるかが腕の見せ所といえます。

上級管理職研修 部長に求められる4つのマネジメント(2日間)
部長研修 ~経営者視点を身につけ、「稼ぐ力」を向上させる編(1日間)
管理職向け生産性向上研修~自部門のコストダウンとバリューアップを検討する編(1日間)

現場で多大な影響を与える「中核人材」に、経営者視点、判断・意思決定力、調整・推進力を習得させる

社会情勢がドラスティックに変化する状況においては、上記に挙げた経営者層や管理職層だけではなく、現場で働く実務メンバーが企業の成長や維持に対して高い意識を持たなければ、組織の発展が見込めない時代です。中堅社員・リーダークラスが、スピーディにものごとを判断し、主体的に業務を遂行していけるようになるために、意識変革と強いリーダーシップの発揮を促す教育が欠かせません。

中堅社員研修 ~リーダーとフォロワーの役割編(1日間)
中堅社員研修~判断力を鍛え、現場力を向上させる編(1日間)
次世代リーダー研修~安定力・思考力・指導力を身に付ける(1日間)

全社に向けてDXを推進し、統計・データ分析を誰もが自分の業務に取り入れる

法人から個人まで、様々なお客さまに長年にわたってサービスを提供してきた実績から、組織内には相当数のデータが蓄積されているはずです。これらを有効に活用し、需要予測とコスト削減、他社よりも優位なサービス・プランの新規開発などにつなげるためには、組織全体にDX化を普及させることが近道です。自動化する業務の検討や、新たなニーズ発掘の材料作りなどにも、全社員が携わっていく意識も醸成できます。

ビジネスデータの分析研修~職場で活かせる統計の基礎とデータ活用法を学ぶ
ビジネス活用のためのAI(人工知能)研修(1日間)
ビジネスデータの分析研修 統計の基礎を活用する編(1日間)


電力業界向け研修ご検討のお客さまからのご質問

電力業界では、どのような研修を実施することが多いでしょうか?

A.これまでは、クレーム対応研修、ビジネス文書研修、コンプライアンス研修へのご要望が多い傾向にありましたが、近年、中堅社員向けや初級管理職向けの研修など、階層別に教育をしていきたいというニーズが高まっています。

クレーム対応研修(1日間)
ビジネス文書研修(1日間)
コンプライアンス研修(1日間)
段取り研修 管理職としての基本的マネジメントスキルを理解する(1日間)

当組織の状況を踏まえたケーススタディは作れますか?

A.作成可能です。

受講者が頭を悩ませがちなシーンや人事ご担当者さまが想定されている課題をご教示いただくことで、貴社オリジナルの「リアル」なケーススタディを作成できます。現場の実態に即したケースで演習を行うことで、普段困っていることやその解決策などについて受講者同士で考え、共有することができ、そのまま現場の実践につなげられるという、高い研修効果を発揮することが可能となります。

また、ケーススタディの作成にあたっては、受講される方々にあらかじめ事前課題アンケートを実施することを推奨いたします。受講者の悩みや課題を具体的にくみとり、ケーススタディやテキストの作成に反映することができるようになります。

電力業界出身の講師に研修を登壇してもらうことは可能ですか?

A.可能ですが、対象や内容によっては、出身業界にかかわらず最適な講師をご紹介いたします。

電力業界出身 講師一覧

講師は、研修を通じて受講者さまの動機づけをし、学んだ知識を実践できるよう導くため、受講者と講師の「相性」は非常に重要であると考えております。まず基本的には、お客さまの業界や受講者さまの職種について理解の深い講師をご提案させていただきますが、そのほかにもご要望(一人ひとりに寄り添う姿勢で親しみを感じさせるタイプ、適切な距離を保ち厳しく指導するタイプ、冷静・ロジカルに話すタイプ、熱く語りかけるタイプなど)がございましたら、ぜひお聞かせください。弊社では、「先生」としてではなく、ビジネスパーソンとして「現場」での豊富な経験をもとに、受講者の皆さまの内なる力を引き出すファシリテーターとして、ご支援をいただける「プロフェッショナル」な講師が多数在籍しております。いま、現場で苦労している受講者の皆さまと同じ目線に立ち、共感し、基本的な「型」のみならず、アドバイスや「ビジネスのコツ・勘所」なども合わせてお伝えできる、高い資質を持った講師ばかりですので、安心してご相談ください。

技術職向けには、どのような研修がおすすめですか?

A.現場で発生する様々な問題に対して改善提案ができるようになるために、高い提案力や交渉力を生み出す基礎となるロジカルシンキングや、問題解決力向上を目指す研修が好評です。

ロジカルシンキング研修 ~基本編(1日間)
問題解決研修(1日間)

受講者を集められる時間帯や曜日がかなり限定されるのですが、夜間や土曜祝日でも研修実施は可能ですか?

A.お客様のご要望に合わせて、土日祝日でも研修の実施ももちろん可能です。
シフト勤務をされている店舗販売員の方向けには、出勤者の多い曜日の夜間に実施をさせていただいたこともございます。

ベテランの経験知識やノウハウなどを受け継ぐための研修はありますか?

A.はい、ございます。個人が持っている暗黙知を企業内で共有するための管理手法を「ナレッジマネジメント」といいます。ベテランが持っている「暗黙知」を言語化し「形式知」にすることで、業務に必要なナレッジを継承する研修がございます。

ナレッジマネジメント研修 ~自身の知識を伝承する編(1日間)

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

電力業界向けおすすめプラン

新任部長の「組織の将来を創る」スキルを強化するプラン

新任部長の意識を、「現場管理」から脱し「経営者視点で組織に変革をもたらす」役割へ引き上げ、変革に必要な経営戦略、変革推進、業務采配スキルをそれぞれ強化する

ウィズコロナ時代の組織を導く「強いリーダー」育成プラン

ウィズコロナ時代において、迅速且つパワフルに組織を牽引するリーダーのマインド・判断軸、さらに、危機時のリーダーシップや戦略立案・計画・推進・管理スキルを強化する

高い視座とスピード感で業務を推進する中核人材強化プラン

現場に強い影響を及ぼす「中核人材」の経営者視点、判断・意思決定力、調整力、推進力、リーダーシップなどの強化を通して、組織の力を高め、変化の多い時代を乗り切る

電力業界向け研修のおすすめ動画教材・eラーニング

電力業界向け研修のご提供コンテンツ

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

おすすめリンク

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!