loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

若手向けリーダーシップ研修~周囲への影響力強化編(1日間)

若手向けリーダーシップ研修~周囲への影響力強化編(1日間)

役割認識の再確認、リーダーシップの発揮、周囲に良い影響力を与える発信力、巻き込み力、交渉・調整力の習得

研修No.B YEP305-0600-4265

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 若手層

・2年目~5年目の若手層の方
・自分一人で完結する業務だけでなく、他部署との連携をはかる業務を行うようになった方
・主体的に自ら発信をしたり、周りを巻き込んだり、動かすなど、リーダーシップの強化を図りたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • どのように後輩指導を行うかが不安。後輩指導する時間がない
  • 知識・スキルの向上させるための自己研鑽不足、目標達成に向けての不安
  • 業務が多岐にわたり量も多く、仕事の全体像を把握したり、優先順位が付けられない
  • 情報発信不足などリーダーシップの不足や、知識・経験の不足によって自部署、他部署を巻き込めていない

研修内容・特徴outline・feature

職務領域を広げたり、他部署との関わりの中で仕事をする機会が増える中、改めて若手層(2~5年目)の役割認識の再確認をするとともに、自らの強みを活かせるリーダーシップの発揮の仕方と周囲に良い影響力を与えるために必要な発信力、巻き込み力、交渉・調整力のスキルの習得を図ります。

到達目標goal

  • ①若手に求められる意識や役割を身につける
  • ②自分の強みを活かしたリーダーシップを発揮できるようになる
  • ③自分からの発信力を強化することができる
  • ④周りを巻き込んだり、調整するスキルを習得する

研修プログラム例program

内容
手法
  • 1.若手(2~5年目)として求められる役割と課題設定
    (1)若手層に共通する課題
    ・どのように後輩指導を行うかが不安。後輩指導する時間がない
    ・知識・スキルの向上させるための自己研鑽不足、目標達成に向けての不安
    ・業務が多岐にわたり量も多く、仕事の全体像を把握したり、優先順位が付けられない
    ・情報発信不足などリーダーシップの不足や、知識・経験の不足によって自部署、他部署を巻き込めていない
    (2)一般的な1年目~5年目社員に求められる役割
    【ワーク】自分の年次で求められる課題を「仕事への取組み/マインド」「コミュニケーション」「業務改善」の3点で整理する
講義
ワーク
  • 2.若手に求められるむリーダーシップ
    (1)リーダーシップ=周囲に与える良い影響力
    (2)中核人材として求められるリーダーシップとフォロワーシップ
      ①自分の担当業務を全うする=オーナーシップ
      →「彼や彼女に任せておけば心配ない」
      ②チームにおける橋渡しとなり、他者への影響力を発揮する、周囲を助ける役割
      →上司・先輩を補佐、後輩の指導・教育
      ③チーム全体を活性化するためのスキルを身に着ける
      →視点をチーム全体に向け、組織全体への影響力を発揮すること
    (3)オーナーシップ(当事者意識)をもつ~自分事として考える
    (4)周囲への影響力を高める3つのスキル~発信力、巻き込み力、交渉・調整力
講義
  • 3.求められるリーダー像とは
    (1)近年求められるリーダー像
    (2)リーダーシップを考える
    (3)リーダーシップの4類型
    【ワーク】自分のリーダーシップはどの類型があてはまるか考えてみる
    (4)自らの課題についてどのようにリーダシップを発揮して解決するか
講義
ワーク
  • 4.求められるスキル①~発信力
    (1)納得性(根拠)
    (2)インパクト(新奇性)
    (3)受け容れやすさ(共感)
    (4)熱意、粘り強さで相手に思いを届ける
講義
  • 5.求められるスキル②~巻き込み力
    (1)周りを巻き込む力
    (2)人間を観察する力
    (3)説得する力、納得させる力
講義
  • 6.求められるスキル③~交渉・調整力
    (1)相手の同意を得るためのコミュニケーション ~合意形成力
    (2)コンセンサス・マネジメントのポイント
      ①キーパーソンにアプローチする
      ②中身以外(人間関係)にも配慮する
    (3)効果的な表現方法①~相手を納得させる
      ①相手に寄せて話をする
      ②自分の主張に重みを持たせる
      ③客観的であること、「数字」「具体例」「比較」を駆使して説得する
      ④自己説得
    (4)効果的な表現方法②~印象操作による効果的な表現
      ①人はすぐ目の前にある利益を優先する
      ②プロスペクト理論(損失回避性)
      ③フレーミング
      ④係留効果(アンカリング)~最初に得た情報にとらわれる
講義
  • 7.ケーススタディ~下記の難しいケースをリーダーシップと調整力で解決する
    (1)何か提案しても否定的で協力がもらえない(上司、年配の先輩、他の組織)
    (2)他部署・組織との連携ができない(知っている人がいない、話せるだけの能力・話題がない)
    (3)意見が対立して前に進まない
ワーク
  • 8.まとめ~研修を踏まえて明日から実行することを整理する
ワーク

6432

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2020年7月     17名
業種
製造業(運送用機器)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
94.1%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 相手の立場になり、上手くリーダーシップをとっていきたい。また、後輩を叱る際には、研修で学んだポイントを参考にしたい。
  • 今日学んだことを活かして、同僚、後輩とのコミュニケーションをしっかりとり、会社が求めているリーダー像に近づきたいです。
  • 相手の立場に立って、うまくコミュニケーションをとっていきたい。今の自分の状況を見直すことができた。

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

中堅社員研修の評価
年間総受講者数
33,007
内容をよく理解・理解
94.6
講師がとても良い・良い
93.5

※2020年10月~2021年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

サービス内容
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
■年次別研修例
■関連スキル
新作研修PICK UP

時代の変化を先取りするインソースの新作研修

新作研修一覧を見る

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

人事のお役立ちニュース

人事のお役立ちニュース一覧を見る

初めてご利用の方へ

ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

おすすめリンク

WEBinsourceの詳細・新規会員登録はこちら

直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!