loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

部下の育て方研修~面談とフィードバックで経験学習サイクルを回す

部下の育て方研修~面談とフィードバックで経験学習サイクルを回す

経験学習モデルにもとづく面談とフィードバックの手法を身につけ、部下の主体的な成長を促す

研修No.3110200

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 中堅層
  • 管理職層

・新人のOJTを担当する先輩社員の方
・チームメンバーの育成を任されているリーダーの方
・部下の効果的な育成方法を模索するマネージャーの方

※「OJT指導者研修~新人・後輩指導の基本スキル習得編」を併せて受講いただくとより効果的です

よくあるお悩み・ニーズ

  • 教える相手も教える内容も昔とは異なる今、どのように部下を育てればいいのかわからない
  • 1対1面談をしくみとして取り入れているがどのように行えばよいか分からない
  • 最近「経験学習」という言葉をよく耳にするようになったが、具体的にどのようなものか知りたい

研修内容・特徴outline・feature

かつての“教え込むスタイル” から、“部下の力を引き出すスタイル” へと育成指導のスタイルが変わってきている中で、1対1での面談を活用する動きが広まってきています。しかし、その趣旨を理解しないまま形だけ面談を行っても効果は期待できません。この研修では、「経験学習モデル」の考え方に則り、面談を通じて効果的な部下育成を進める方法について学んでいただきます。

到達目標goal

  • ①経験学習のポイントが理解できる
  • ②1対1面談での具体的な質問やフィードバックの仕方が分かるようになる
  • ③部下の主体的な育成を促すための自部署の育成方針が立てられる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.求められる育成スタイルの変化とその背景
    (1)VUCAの時代に求められる人材育成とは
    ①「伝承」よりも「革新」が求められる時代
    ②「VUCAの時代」に求められる主体的な学び
    ③主体性にやや難のある「イマドキ世代」
    ④上司・先輩の役割は「指導者」から「支援者」へ
    (2)「1対1面談」が注目される理由
    ①主体的な学びを促すための「個」へのアプローチ
    ②「教え込む」は1対N、「引き出す」は1対1
講義
  • 2.経験学習モデルとは
    (1)経験を通じた「学び」に力点を置く
    (2)経験学習モデルの4つのサイクル
    ①経験 ②省察 ③持論化 ④試行
    (3)経験学習に不可欠な3つのマインド
    ①「ストレッチ」のマインド
    ②「リフレクション」のマインド
    ③「エンジョイメント」のマインド
講義
  • 3.「経験」 ~よく練られた経験機会を提供する
    (1)まずは「経験する場」を与えなければ始まらない
    (2)「適切なストレッチ」がよい経験の条件となる
    ①本人にとって不慣れな事
    ②前例のない新しい事
    ③高いレベルでの責任が伴う仕事
    ④組織を横断して取り組む仕事
    (3)走りながら考えさせるための"意識的な放置"
    (4)経験にはインプットも必要~"別物"としての知識付与の重要性
    【ワーク】自身の部下の成長を促すための経験を考える
講義
ワーク
  • 4.「省察」 ~面談を通じたフィードバックで学びを促す
    (1)効果的なリフレクションのための面談の"場"の設定
    (2)「受け入れられている」と感じてもらうための傾聴力
    (3)「問い詰める」ではなく「内省を促す」ための質問力
    ①原因の掘り下げを促す
    ②多面的な見方を促す
    (4)主体性を奪わないフィードバックのし方
    ①正解を押し付けない
    ②至らない部分に気付かせる
    ③一度に皆まで言わない
    ④自分の体験談やエピソードが効果的
    ⑤「ファクト」「具体的「率直」を意識する
    【ワーク】ケースを使って内省を促す面談のロールプレイング
講義
ワーク
  • 5.「持論化」 ~本質を掴むことで汎用性を身に付ける
    (1)何を"教訓"として得たかを語らせる
    (2)具体例の中から本質を抽出し"概念化"する
    (3)既に存在するセオリーと"照合"する
    【ワーク】部下の持論化を支援する方法を考える
    (4)持論化プロセスの"高揚感"を楽しむ
講義
ワーク
  • 6.「試行」 ~チャレンジと応用の機会を与える
    (1)まだ仮説の段階にある持論を"検証"する
    (2)演繹法的なアプローチで適用場面を広げる
    (3)アジャイル発想でスピーディに修正する
    (4)新たな経験を促し、さらなる学びのサイクルを回す
    【ワーク】部下の試行を促す方法を考える
講義
ワーク
  • 7.経験学習サイクルを回すための育成方針
    【ワーク】部下の経験学習を促すための明日からの行動を考える
ワーク

企画者コメントcomment

コーチングスキルや1対1面談のやり方を研修で教えてはいるものの、どうも部下指導のスタイルが変わったように思えない、という声を時々耳にします。これは、コーチングや1対1面談の「型」は学んだものの、その本質が十分に理解しきれていないためと思われます。この研修では、人が学習するプロセスを理解した上で、そこに上司や先輩はどのように関与していけばよいかをお伝えする研修として企画しました。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意事項

  • 同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • 会場やお申込み状況により、事前告知なく日程を削除させていただくことがあります

事前のご案内

オンライン開催

【オンライン講座ご受講にあたって】

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカーの動作確認をしていただき、研修開始までお待ちください。その他、受講時のお願い事項について詳細はこちらのページをご覧ください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】

セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

受講者の評価evalution

実施、実施対象
2021年9月     2名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
50%
参加者の声
  • 経験学習サイクルを回す為に、マイクロマネジメントを控える。思い切って仕事を任せて経験の場を提供する。そして、ストーリーを決めてフィードバックに臨み、肯定的に進める。
  • 60パーセントの気持ちで検証を推進する。部下のWill・Must・Canを聞き取り、更なる学びのサイクルへのチャレンジをサポートする。
  • 導入部のVUCAの時代の特徴や、イマドキ世代への接し方がとても印象的だった。物事には必ず背景があり、それを理解することで相手への接し方を改める事が出来ると感じた。

お気軽に
ご連絡ください

メール・お電話でのお問合せ

公開講座に関するQ&Aはこちら

研修リクエストのお問合せ

ページトップへ
年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す

公開講座をさらに便利に

研修やスケジュールが見つからなかった方、資料が必要な方におすすめ

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修