リモートワークOJT研修 | 現場で使える研修ならインソース

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

リモートワークOJT研修

リモートワークOJT研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

会えないOJTの創意・工夫

リモートワーク(テレワーク)導入の広がりとともに、OJT(現場で行われる業務指導)をWeb会議システムやメールなどを使いリモートで行うといったことも増えてきました。職場環境の変化に伴い、以下のような新しい課題も次々と生まれています。

①オンラインでのコミュニケーションの注意点
②文章表現力~分かりやすく、誤解の内容にメール、チャットで指示する
③指導とともに業務管理も行わなければならない
④新たな業務環境下でのルール決めが必要
⑤ツールを活用してオンライン環境下をプラスに活かす

リモートワークOJT研修のポイント

オンラインでのコミュニケーションの注意点

「明るい声色」・「はっきり話す」「ゆっくり目のスピードで」「相手の反応を確認しながら説明」「画面共有の仕方」など、オンラインならではのコミュニケ―ションの留意点とともに、 オンライン上のマナー、リモハラへの注意など心構え、姿勢についても研修内でお話します。

文章表現力~簡潔に正確にメール、チャットで指示する

従来から若手の読解力、要約力が落ちているという課題が指摘されていましたが、 リモートワークが広く行われるようになり、メールやチャットでの文字で業務指示、依頼、報連相を行う機会が増えると、文章表現力の課題は若手だけではなく、それ以外の幅広い年代でも同じであることが判明しました。
また、リモートでは音声以外に得られる情報が少ないため、従来の対面・口頭でのやりとり以上に、相手主体の表現(相手が求めている、分かりやすい表現)が求められています

OJT担当者は指導以外にも重要な役割がある~業務管理、メンタルヘルス

OJT担当者は新人の指導とともに、業務管理、メンタルヘルス(メンター)など、指導以外の重要な役割も担っています。
心理的安全性を保ち、成長に結びつくような有効な関係を保っていくために必要な役割、知識、スキルについての研修もご用意しております

新たな業務環境下でのルール決めが必要

以前から、遠隔地にいる相手へのOJTで、指導する相手が同じオフィスにいない、長期間顔を合わさないなどの課題がありましたが、その状態が一般化した中で上記の課題とともに、「急に相談したいときは携帯に電話してもよいか」、「業務の進捗が半分ぐらいまで来たら、成果物をメールで送付してもらい内容を確認した後でフィードバックをしたい」・・・など、職場環境が一変して、今一度、上記のような細かい点でもOJT担当者と新人の間で(上司と部下との間で)ルールを擦り合わせる必要が生まれました。

リモートマネジメントの支援ツール

リモートワークはコロナ禍が収まっても、働き方の新しい選択肢として今後も継続する可能性が高いです。
リモートワークだと部下の仕事の状況や進捗がわからず不安ですが、そのような際にメンバーのタスク管理や進捗を可視化するツールの活用が有効です。

リモートワークOJT研修ご検討のお客さまからのご質問

インソースのリモートワークOJT研修のポイントはなんですか?

従来のインソースのOJT研修は、単なる部下指導の手法を学ぶだけではなく、育成視点を養い、具体的な仕組みづくりを学ぶことが特徴です。リモートOJTにおいても育成視点と指導スキルの両輪を回転させることと、指導現場の悩みを解決する演習中心の構成は同じです。

リモートワークの導入は、コロナによって急激に拡大され、状況も課題も様々です。インソースの研修では、組織や個人の課題を解決する過程を大切にしています。答えはひとつではなく、演習や他の受講者の意見による気づきが実践に役立ちます。リモートのメリットに目を向け、OJTに活用できる人材となっていただくことを目指しています。

集合せず、オンラインで学べるOJT研修はありますか?

はい、ございます。

OJT指導者研修~新人・後輩指導の基本スキル習得編(半日間)
OJTフォローアップサービス

新人・若手、指導者、管理職それぞれにOJT研修を実施したいのですが、階層別のプログラムはありますか?

はい、ございます。

リモートワーク下の新人・若手を育て成果を出させるプラン

eラーニングのOJTプログラムはありますか?

はい、ございます。

リモートワークでのOJTのポイント

動画教育導入についてもご支援させていただきます。

LMS(学習管理システム)「Leaf」について、詳しくはこちら!

リモートワークだと部下の様子がわからず不安です。メンバーのタスク管理や進捗を可視化するツールはありますか?

はい、「remonade(レモネード)」ございます。

「remonade(レモネード)」ではリモートワーク下でも、メンバーのタスク管理や進捗を可視化すると同時に、日報機能や動画機能で、気軽にコミュニケーションをとることができます。

remonade~メンバーの心が見えるリモートワークツール

リモートでも部下の活動状況や日報へフィードバックなどがスムーズに行えるシステムなどはありますでしょうか

はい、「Remote-Plants(リモートプランツ)」がございます。

Remote-Plantsでは、営業活動を可視化したり、営業情報を簡単に残すことが可能です。営業以外の方の業務報告にも活用いただけます。行動管理、商談管理、日報・週報の作成など豊富な機能を備えており、リモートワーク環境下でも業務の管理・支援を行うことができます。

オンライン営業の管理支援ツール(システム)「Remote-Plants(リモートプランツ)」

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

リモートワークOJT研修のおすすめプラン

リモートワーク下の新人・若手を育て成果を出させるプラン

3か月間の研修で、各階層にリモートワーク下で必要な「成果の出し方」「指導の仕方」「マネジメントの仕方」などを学ばせ、新人・若手が力強く業務遂行できる環境をつくる

1年でOJTノウハウを蓄積し、育成の風土をつくるプラン

1年間でOJT担当者に3回、管理職(OJT監督者)に1回の研修を行う。これにより全社で指導スキルの足並みを揃え、自社のOJTノウハウを集結し、育成体制を強化する

管理職も若手も心の余裕をもって指導・成長していくプラン

管理職に「若手に厳しく言いすぎない適切な部下指導・職場づくり」、メンバーには「仕事と上手く向き合うレジリエンス・セルフプロモーション方法」を習得してもらう

リモートワークOJT研修のおすすめ動画教材・eラーニング

リモートワークOJT研修のご提供コンテンツ

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

おすすめリンク

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!