地方自治体職員(地方公務員)研修

地方自治体職員(地方公務員)研修

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

地方自治体職員特有の人材育成事情

求められる「働き方の変化」を机上の空論にせず、
現場で浸透させるために

社会の「働き方」に対する価値観が、既に大きく変化した今、地方自治体職員の働き方にも、多くの変化が求められています。
人員削減や厳しい財政状況の下では、人材育成や業務効率化が必要です。
士気高く業務を進めていくための「評価制度の運用」や「新しい公共の実現」、女性職員の活躍や外国人対応をはじめとした「多様性への対応」など、求められる様々な変化が多くあります。それらを方針として掲げるだけではなく、現実的なものとして各現場に浸透させるために、具体的な新しい取組みが必要です。

■地方自治体向けおススメ研修①
 既存業務の効率化

これまでと同様、または、これまで以上の業務を完遂しなくてはならないというプレッシャーを感じ、メンタルを悪化させてしまう職員が出てしまう組織があるのが実情です。
職場で全職員の業務効率化と心身のケアを行うと同時に、組織全体での業務改善やIT化を推進する組織が増えています。

個人の生産性向上研修
 ~ 「時間泥棒」を見つけ、対策を練る編(半日間)

タイムマネジメント研修 ~ 突発的な仕事への対処編(半日間×2回)
メンタルヘルス研修 ~ 風通しのよい職場づくり編(1日間)
業務改善研修 ~ 会議の効率化編(1日間)
働き方改革リーダー研修
 ~ チームの時間管理で残業削減・生産性向上(1日間)

現場活用のためのAI・人工知能入門研修(1日間)

■地方自治体向けおススメ研修②
 「新しい公共」実現のための創意工夫を凝らす

既存業務の効率化に加えて「新しい公共」を実現していくため、既存の物事に捉われず、発想力の向上や、アイデアを形にしてPDCAサイクルを回すことで、より良い組織と地域をつくることが求められています。

クリティカルシンキング研修 ~ 基礎編(1日間)
政策形成研修 ~ 住民との協働を促進する編(2日間)
ワンペーパー資料作成研修(1日間)

■地方自治体向けおススメ研修③
 評価制度を現場に浸透させ人材育成に活用する

平成28年の地方公務員法の改正に伴い、人事評価制度を改正もしくは導入された組織は多いことでしょう。平成29年以降によく伺うのが、
「とりあえず導入してみたが、効果的に運用できているか分からない」
というお悩みです。
評価制度は、一朝一夕に浸透するものではありません。評価者と被評価者双方に対し、繰り返しその意味合いと運用方法をお伝えしていく必要があります。

評価者研修 ~ 基本編(1日間)
評価者研修 ~ 期中のマネジメント編(1日間)
人事考課研修 ~ 面談の仕方編(半日間)
被評価者研修 ~ 目標設定編(半日間)

■地方自治体向けおススメ研修④
 組織内外の多様性への対応

各組織において、女性活躍推進やダイバーシティ推進に関する教育は、今では当たり前のように実施されています。毎年の階層別研修に一部を組み込むなど、一時的な取組みで終わらせないための工夫があります。また、グローバル化への対応やシニア対応も急務で、特に東京オリンピックに向けた開催場所近郊の組織では、職員やボランティアの方を対象とした、外国人応対スキルアップのニーズが増えています。

<対内部を想定した多様性への対応研修>
管理職研修 ~ 多様な人材を活用するダイバーシティ推進編(半日間)
働き方改革研修 ~ ワークライフバランスの実現を考える編(半日間)
ダイバーシティ推進研修
 ~ 障がい者への「気づかぬ差別」をなくす編(半日間)

管理職研修 ~ ワーキングマザーを戦力にする編(1日間)

<対外部を想定した多様性への対応研修>
シニアへの接遇力向上研修 ~ 電話応対編(1日間)
接遇研修 ~「障害者差別解消法」について考える編(半日間)
訪日外国人観光客への応対力向上研修(半日間)
クレーム対応研修 ~ 外国人からのクレームに対応する編(1日間)

{{heading}}のカリキュラムを選ぶ

本研修のカリキュラムを選ぶ

研修のプロがお答え全力Q&A

お客さまから「{{trainingName}}」に多く寄せられるご質問を抜粋して掲載しております。
質問をクリックすることで、回答が表示されます。


      

インソースグループのおすすめ商品

コーワライティングシート
ホワイトボードの設置にお困りのお客さまには、「コーワライティングシート」がおすすめです。どこにでも貼れて、大きさも自由にカットできるため、会議や社内イベントではもちろん、ちょっとした掲示板代わりにも使うことができます。
シティプロモーション
多くの市区町村で人口減少は、経済力の低下やそれによる都市部への人口流出などを引き起こし、ますます地域の活力を失っていく原因になります。ミテモでは、これまでの研修やコンサルティングで得た知見を活かし、人口減少に歯止めをかけ「選ばれる地域」になるためのシティプロモーションをご支援いたします。
mitemo
共創JAM
自治体の職員と多様な民間企業の社員がチームになり、「地域活性化」などの地域課題を解決するためのアイデアを共創するワークショップです。自治体の職員が、民間企業の事業感覚、課題解決のロジック、情報感度を知ることで、これまでの延長線上にはないアイデアを生み出すことができます。
mitemo

魅力的な講師

担当する講師は、経歴が優秀というだけではなく、苦労体験や失敗談、成功事例の経験などを豊富に持っています。インソースの講師陣の中から、受講者さまの共感を得られるよう、研修のテーマや内容毎に適任者を紹介しています。
準備では、研修実施の背景や目標、その研修の進め方などを、事前に担当講師と共有して進めています。多くの講師が各種研修の登壇に備えていますので、複数クラスの実施や複数年での中長期計画が立てやすく、インソースはそれらを支援できる体制をとっています。
なお、講師は、インソース社内で実施する講師育成プログラムなどを活用してノウハウの習得などに努めているため、講師間で進め方の軸にブレがなく、どの研修でも多くの講師が同等に担当できる体制をつくっています。

研修ラインナップ

インソースの地方自治体職員(地方公務員)研修は、多くのプランをご用意しており、お客さまに最適な研修をお選びいただけます。

新入職員研修

「考え方の軸」を研修で習得し新人・若手の方の考える基盤をつくり、考える力を育む!

リーダーシップ研修

部下育成・モチベーションアップと共に変革を実現するリーダーシップの育成をはかる!

 
メンタルヘルス研修

いきいきと自分らしく働ける 職場づくりを可能とするメンタルヘルスの手法を習得!

CS・接遇研修

応対者、顧客役に分かれ、 ロールプレイング形式で基本的な応対を体得!

 
管理職・経営・財務研修

日常の業務を主導するスキルから財務・組織改革まで豊富なラインナップをご用意!

OJT・部下指導・コーチング研修

新人・若手に「考え方の軸」を理解させ、現場で考えて・動ける自立した人材に育てる!

 
コミュニケーション研修

コミュニケーション強化の知識・ノウハウを演習で実践し、組織の課題解決を支援!

プレゼンテーション研修

聞き手の立場や気持ちを考慮し、プレゼンを繰り返し演習で実践することで体得!

 
民間経営に学ぶ

自治体と民間企業の共通点と相違点を確認し、民間経営の手法を習得!

評価者・考課者研修

「正しい評価・考課」を組織内に浸透させ、 良い人材育成の循環を生む!

 
職位・職階別研修

豊富な研修実績から職位・職階別にスキルを習得するカリキュラムをご紹介!

業務改善・問題発見・課題解決研修

課題解決に求められる役割を理解し、アウトプットの仕方までを実践的な演習で習得!

 
交渉力研修

知識だけでなく事前準備など幅広い視点で交渉を成功に導くためのポイントを体得!

ロジカルシンキング研修

現場の課題に即した図解思考演習を繰り返し、実践力を身に付ける

 
企画力・政策形成・政策法務研修

「企画」は実現させなければ意味がない! 企画書作成、プレゼン方法などをご教示!

クレーム対応研修

職場に限りなく近いケーススタディを使い、研修翌日から役立つスキルを習得!

 
キャリアデザイン研修

自分の強みや弱みを見つめ直し、仕事の整理と、今後の目標・課題を考える

シティプロモーション

地域ブランド・PR戦略の策定方法を実践的に学ぶ

 

※公開講座とは、1名さまから受講可能な研修のサービスです

豊富な実績

1年間の総受講者数
261,356

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

93.8%

講師:大変良かった・良かった

92.6%

※2018年4月~2019年3月

受講者の声

  • 今私が悩んでいような悩みを、皆も抱えていることが分かり、安心した。その対処法を考えていくことで「市役所に帰ったらこうしてみよう!」というプラスの気持ちが湧いてきた。
  • 普段文書を書くのが苦手で、どのように書いてまとめれば良いか分からなかったが、文章にもテクニックがあって、それを知れば、自分にもそれなりの文章が書けることが分かった。たまにテキストを見直して、利用したいと思う。
  • 配属されてからの研修で、実際現場で利用できそうな接客マナーや文章構成を勉強できてよかった。相手が何を求めているかを考え、期待値以上の市民サービスを心掛けていきたい。
  • 企画のしかたや”なんのためにやるか”といった業務の基本を再確認できたことが良かったです。ふだん業務を「こなす」ことに目がいきがちだったので。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!