loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

(行政向け)資料作成研修~ナッジ理論を活用し、読み手を動かす資料を作成する(半日間)

(行政向け)資料作成研修~ナッジ理論を活用し、読み手を動かす資料を作成する(半日間)

ナッジ理論を活用し、読み手を動かす資料を作成する

研修No.B BWR100-1900-4095

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

・自治体の方向け(※部署・階層問わずご受講いただけます)
・ナッジ理論とは何かについて知りたい方
・ナッジ理論を資料作成に応用させる方法を学びたい方
・ナッジ理論の活用事例について知りたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • ナッジ理論とは何かについて知りたい
  • ナッジ理論を資料作成に応用させる方法を学びたい
  • ナッジ理論の活用事例について知りたい

研修内容・特徴outline・feature

中央省庁や地方自治体で「ナッジ理論」の活用が注目を集めています。ナッジ理論を活用することで、「選択の余地を残しながらも、相手が自発的により良い選択をするように導く」ことができます。少しの工夫で実践できるため、コストをかけずに読み手を動かすことができ、公共政策において活用が期待されています。

本研修では、ナッジ理論を活用して、読み手を動かす資料を作成できるようになっていただきます。また、自治体におけるナッジ理論の活用事例について学ぶことで、自組織でどのように活用できるか考えていただきます。

到達目標goal

  • ①行政におけるナッジ理論の活用事例を知る
  • ②ナッジ理論のフレームワークEASTに沿って、資料作成のポイントを学ぶ

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.ナッジ理論を活用し、読み手を動かす資料を作成する
    【ワーク】訴求力が高く、読み手の行動を促す資料の特徴を考える
    (1)行動経済学とは ~「人は感情で動く」ことに着目し、少しの工夫で相手の行動を促す
    (2)ナッジ理論とは
    ※ナッジ理論とは、「相手に選択の余地を残しながらも、相手が自発的により良い選択をするように導くアプローチ」
    (3)ナッジ理論のフレームワーク~簡単・魅力的・社会的・タイムリー
    (4)ナッジ理論活用のメリット
    (5)自治体でナッジ理論が注目されている背景 ~第4の政策手法
講義
ワーク
  • 2.分かりやすい資料が行動のハードルを下げる(Easy)
    (1)分かりにくい資料では、相手は動かない
    (2)文字が羅列された資料は、読み手にとってストレス
    (3)メッセージはシンプルに
    (4)動作指示は明確に
    (5)選択肢は少ない方が選びやすい~選択回避の法則
    (6)望ましい選択肢をデフォルトにする
    【参考①】文書の基本をおさえる
    【参考②】色の使い方に注意する
講義
  • 3.魅力的な情報が読み手を動かす(Attractive)
    (1)魅力的な情報とは
    (2)人には「損失回避性」がある
    (3)損する情報が行動を促す~プロスペクト理論
    (4)一番大事なことは最初に伝える~初頭効果
    (5)表現の仕方次第で、行動が変わる~フレーミング効果
    【ワーク】買い物にエコバッグを持参するように促すポスターの文言を考える
講義
ワーク
  • 4.「他の人はどうしているか」を伝える(Social)
    (1)周囲の人の動向が気になる~同調性
    (2)事例を伝える
    (3)データを活用して、相手を動かす
講義
  • 5.タイムリーな働きかけに影響を受ける(Timely)
    (1)適切なタイミングで、情報を提供する
    (2)なぜ今なのか、を伝える
    【ワーク】がん検診受診を促すハガキは、どのタイミングで送るのが効果的か考える
講義
ワーク
  • 6.まとめ
ワーク

6078

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2020年10月     62名
業種
年金・共済・健康保険
評価
内容:大変理解できた・理解できた
95.2%
講師:大変良かった・良かった
90.3%
参加者の声
  • メッセージを受け取る側の考えをふまえて、有益な広報をしていきます。パンフレット作成や申請書フォーマット、書き方の手引きなどに活用したいと思いました。
  • 広報活動や、今後の加入者様の健康促進に役立てます。ものごとの表裏の表現など日頃から意識していきます。とても参考になりました。
  • 元々考えて資料作成をしていたつもりでしたが、さらに質を上げていけるように意識します。多角的、多面的かつ柔軟な発想ができるように日々工夫していきます。

実施、実施対象
2020年2月     27名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
92.6%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 市民に対してのチラシやアンケート、案内文書は送付しても回収率が低く、募集講座も申込率が低いことを改善したいと思っていた。今回のナッジ理論をぜひ活かしたいと感じた。
  • 資料には情報を詰め込みすぎないように気をつける。都市計画決定における、関係権利者へのアプローチや窓口業務でも活用できると思う。
  • 第一印象が大切なことを再認識しました。相手に選択しやすい選択肢を作っておけば、自発的に動いてもらえることが理解できたので、参考にしたいと思いました。

開発者コメントcomment

ナッジ理論は、2017年にノーベル経済学賞を受賞したリチャード・セイラ―教授によって理論化されました。補助金や税制、規則といった従来の政策手法に変わる「第4の政策手法」として、活用が進められています。
ナッジ理論はさまざまな場面での活用が想定されますが、本研修では実践しやすい「資料作成」においてどのようにナッジ理論を活用するのか考えていただきます。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

官公庁・地方自治体職員(地方公務員)向け研修
年間総受講者数
256,481
内容をよく理解・理解
93.4
講師がとても良い・良い
91.7

※2019年10月~2020年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

ストレスチェック

シティプロモーション

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!