官公庁・自治体向け部長・次長研修 | 現場で使える研修ならインソース

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

官公庁・自治体向け部長・次長研修

官公庁・自治体向け部長・次長研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

求められるのは「変革」を意識した戦略立案

昨今、地方自治体では、人口減少が大きな問題となっており、このまま極点社会化が進めば、近い将来、存続が危ぶまれる「消滅可能性都市」が増加するといわれています。

この背景には、晩婚化に伴う少子高齢化や東京一極集中などがありますが、これらは短期的かつ容易に解決できる問題ではありません。 加えて、地域ごとに課題が異なるため、国が政策の方向性を定めたとしても、最終的には各自治体がそれぞれの課題に向き合うことは避けて通れない状況です。

このような状況の中で、自治体の部長・次長は組織内部だけではなく、今まで以上に地域全体に目を向け、公務を推進する必要があります。その際に、特に重要なのは、常に「変革」を意識した戦略立案力です。 例えば、新たな社会課題が生じた場合に予算の配分を決定することや、災害発生時に適切な判断を下し、被害を最小限に食い止めることなどが求められます。

インソースでは、部長・次長に必要とされるマネジメントを強化する「上級管理職研修」はもちろんですが、変革リーダーの養成や戦略立案に関しては、「希望出生率1.8の実現」や「介護離職の防止」など、現代の課題の中から、各自治体で特に重要とされているテーマと取り上げ、受講者さまに考えていただくことができます。

官公庁・自治体向け部長・次長研修のポイント

前例踏襲ではなく、社会的変化を踏まえた「組織マネジメント」

働き方改革、AI・RPA化、グローバル化など、社会的変化は日々起こっています。組織マネジメントは自組織を取り巻く環境を分析し、戦略を検討したうえで、具体的施策に落とし込み、自部署におろしていく一連の流れを指します。日々起こる社会的変化をいち早く察知して部の方針を決めて部下に指示出しを行う役割として、組織マネジメントの理解は欠かせません

組織を支える「ヒトのマネジメント」

育成をするのは今や現場の職員だけではありません。人材活用と人材育成の2軸でマネジメントをしていくことが必要です。部の計画達成に向けて育成のゴールを提示するとともに、「統制」と「評価」を通してあるべき行動に促し、組織全体のベクトル合わせをしていくことが必要です。また中長期的な育成を見据えてプロデュースするとともに、育成できる課長を育成することも部長の仕事です。

変化に備える「リスクマネジメント」

環境の変化が生じるということは、それに伴って今まで思いもよらなかったトラブルが起こりうるということです。多面的な視点からリスクを予想し、何かあったときに備えておくことが重要です。

「変革」をキーワードに組織を牽引する戦略を立てる「戦略立案力」

ここでの「変革」とは、5年後、10年度の将来を見据えて、組織に有用な新しいことを実現することです。これまでの前例踏襲から脱し、社会的変化に適用し、変革の中心的存在になっていくことが求められます。

官公庁・自治体向け部長・次長研修のご検討のお客様からのご質問

他の自治体で研修を行った実績はありますか?

弊社では、これまで1,072の地方自治体とのお取引があり、 自治体関連組織は4,500以上と数多くのお取引をいただいております。新入職員研修~部長級職員研修まで幅広く階層別研修の実績がございますので、実績をもとにより実務的で現場の職員に合わせた内容での提供が可能です。

インソースの官公庁・自治体向け部長・次長向け研修のポイントはなんですか?

「豊富な実績(官公庁・自治体組織で年間4,000団体以上の実績)」と、「管理職にとって真に必要なスキル、考え方を身につけられること」です。
グローバル化、ダイバーシティ推進、労働人口の減少、働き方改革など、世の中の情勢が、ひと昔前と比べて目まぐるしく変化する時代となりました。官公庁・自治体組織の管理職の役割も、それに応じて変化を求められてきております。 研修では、働き方改革を推進する能力や、組織デザイン力、ダイバーシティ時代におけるLGBTへの理解や異文化理解など多様なテーマを、実践的なワークを通じて受講者の方々に学んでいただきます。 また、弊社では職員研修をすべて一括で受託した実績がございます。そのため、全ての階層の職員研修のご支援が可能です。

官公庁・自治体向け管理職(管理者向け)研修を、階層を細分化して受けさせたいのですが。

もちろん承ります。例えば、新任の管理職の方と、長年勤めている部長層の方では、抱えているお悩み、課題、 求められる役割もそれぞれ異なってきます。
そのため、インソースは階層ごとに対象を分けて研修をご受講されることを推奨しております。 1クラス20~30名を推奨しており、受講対象者の多い場合は、2~4時間程度×複数回実施されるお客さまもいらっしゃいます。1回あたりの受講者数や研修時間については、営業担当にご相談くださいませ。

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

官公庁・自治体向け部長・次長研修のおすすめ動画教材・eラーニング

官公庁・自治体向け部長・次長研修のご提供コンテンツ

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!