loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

アウトプット力向上研修~成果を見える化するための心得を学ぶ

アウトプット力向上研修~成果を見える化するための心得を学ぶ

上司・組織から求められているゴールを意識したうえで、積極的に発信する姿勢を身につける

研修No.3050003

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 若手層

・話すこと、書くことに苦手意識を持っている方
・アウトプットをしても相手にうまく伝わらないとお悩みの方

よくあるお悩み・ニーズ

  • アウトプットをしようとしても、何からしたらいいのかわからない
  • テレワークでも仕事をきちんと進めているが、上司に伝わっているか不安
  • たくさんインプットをしているつもりだが、身についている感じがしない

研修内容・特徴outline・feature

テレワークなど働き方が多様化するにつれ、自分の仕事の成果を見せていく姿勢がますます重要になってきています。そこで必要になるのが「アウトプット力」です。ビジネスにおいては、インプットした知識・スキルは見える形でアウトプットされることで、初めて意味を持ちます。アピールではなく、自身が仕事で期待されている「要件」を満たすことが大切です。

本研修ではアウトプットの心構えを学び、ワークを通して「話す」「書く」アウトプットを実践していきます。

到達目標goal

  • ①アウトプットがなぜ必要かを改めて考える
  • ②アウトプットの心得を踏まえ、「話す」「書く」ポイントを学ぶ
  • ③ワークを通して実践し、「知っている」から「できる」状態にする

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.はじめに~社会人はアウトプットの連続
    (1)今こそ必要なアウトプット力
    ①アウトプット(output)とは
    ②テレワークの普及と求められる成果の「見える化」
    ③成果を正しく伝えて上司の判断の一助にする
    ④アウトプットの質がそのまま評価につながる
    ⑤主体的なアウトプットは喜ばれる
    (2)アウトプットは成長に繋がる
    【ワーク】仕事でアウトプットすることのメリットを考えてみる
    (3)アウトプットはトレーニングが必要 ~「知っている」から「できる」状態にする
    【参考】アウトプットにはインプットも大切
講義
ワーク
  • 2.アウトプットの5つの心得
    (1)5つのポイントをおさえる
    (2)アウトプットの目的を明確にする
    【ワーク①】自分の担当業務のうちアウトプットできることについて、目的を改めて考え、手段が適切かを考える
    (3)スピードが命
    (4)自分の言葉で表現する
    (5)最初は質より量
    (6)継続が第一
    【ワーク②】本章の内容を踏まえ、ワーク①であげた業務をどう工夫するかを考える
講義
ワーク
  • 3.「話す」ことでタイムリーに伝える
    (1)成果を「話す」場面を考える
    (2)「誰に」「何を」伝えるのかを明確に
    (3)聞き手になじみのある展開パターンで伝える
    (4)相手に正しく伝わる工夫をする
    【ワーク新人のときわからなかった「専門用語」「業界用語」などをあげる
    (5)非言語コミュニケーションにも気を配る
    【ワーク】本章のここまでの内容を意識しながら、聞き手と話し手を決め、「話す」アウトプットを実践する
    (6)オンライン会議での話し方
    【参考】チャットで「話す」とき
講義
ワーク
  • 4.「書く」ことでわかりやすく伝える
    (1)成果を「書く」場面を考える
    (2)日報で日々の業務報告をする
    (3)報告書でモレなく伝える
    (4)質の高い資料作成のコツ ~自分の状況を見える化する
    【ミニワーク】こまめな相談・報告が必要な業務を書き出す
    (5)議事録を活用しチームの成果を見える化する
    (6)TODOリストで日報の質を高める
    【ワーク】成果を高めるためにTODOリストで工夫していることを共有する
    (7)something newをチームに共有する
    【ワーク】本研修で学んだ内容のうち、チームに周知したいと感じたことをメールで発信する場合、どのように書くかを考える
講義
ワーク
  • 5.最後に ~続けていくことが大事
    (1)発信し続けることで自分でも成果がわかる
    (2)アウトプットがうまくいかないとき
    (3)まとめ
    【ワーク】新しく気づいたことや、明日から実践することを自由にアウトプットする
講義
ワーク

企画者コメントcomment

本研修は「テレワークで上司に仕事ぶりが伝わっているだろうか」「きちんと評価してもらえるか不安」というお悩みの声を多く受け、企画しました。自身が進めている業務の状況や考えていることは、アウトプットをしないと誰にも伝わりません。アウトプットは誰でもすぐに始めることができ、自身の成長やビジネスパーソンとしての評価にもつながるスキルです。

この研修を機会に、主張するのが苦手という方も、自信を持ってアウトプットしていただきたいと考えています。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意事項

  • 同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • 会場やお申込み状況により、事前告知なく日程を削除させていただくことがあります

事前のご案内

オンライン開催

【オンライン講座ご受講にあたって】

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカーの動作確認をしていただき、研修開始までお待ちください。その他、受講時のお願い事項について詳細はこちらのページをご覧ください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】

セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

お気軽に
ご連絡ください

メール・お電話での
お問合せ

公開講座に関する
Q&Aはこちら

研修リクエストの
お問合せ

ページトップへ
年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す

公開講座をさらに便利に

研修やスケジュールが見つからなかった方、資料が必要な方におすすめ

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修