挑戦を考える

挑戦を考える

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

研修の特徴・目的

■組織として、個人として成長し続けるための「挑戦」

外部環境が日々変化する現代、「現状維持」は良いこととは決していえません。当人としては「変わっていない」つもりでも、周囲がとてつもないスピードで変化しているため、相対的にみると、周りに追い越され、衰退していってしまうことを意味するからです。

そうならないため、組織としても、個人としても「挑戦」し続ける姿勢が求められます。

■「挑戦」とは?

「挑戦」とは、困難なことや新しいことに取り組むことです。

挑戦するというと、「大きな変革への挑戦」や「新規事業への挑戦」などが思い浮かぶかもしれません。しかし、それだけではなく、日常業務におけるちょっとした改善に取り組むことも、新しいことに取り組むという一つの「挑戦」となるのです。

つまり、「挑戦」とは限られた一部の人たちのものではなく、誰でも、どんな仕事でも「挑戦」はできるということです。

■それぞれが今の自分にできる「挑戦」を考え実行する

新人や若手のうちは、「新しいことに挑戦したいと思っても、できるかどうか不安で前に進めない」ということがあります。また、「上司から『主体性』をもって動いてほしいと 言われたが、具体的に何をすればよいのかがわからない」といった声もあります。

そこで、新人・若手層の方々は、自分に期待されている「挑戦」とは何なのかを理解したうえで、具体的にどうすればよいのかを考えていくことが大切です。

▶【公開】若手社員研修~主体性の発揮

また、中堅社員以上の方には、現代は組織から言われたことを言われた通りに進めて「キャリアを積む」のではなく、自ら考え動いて「自分で自分のキャリアをつかむ」時代となっていることを知っていただくことが大切です。

これにより、先を見据えたスキルアップが必要なことを知り、新しいことや改善に取り組むきっかけとなります。

▶【公開】30代向けキャリアデザイン研修~主体的かつ戦略的にキャリアを考える
▶【公開】40代向けキャリアデザイン研修 「ワーク×ライフ×マネー」で考える編(1日間)

そして、管理職以上の方には、経営者の目線から5年後・10年後を見据えた「挑戦」をすることが求められています。まずは、自組織のおかれた環境を把握し、高い目線で挑戦すべき「変革目標」を設定します。そのうえで、業務改善により既存業務を8割の人材で行えるようにし、変革人材を捻出します。残った2割の人材で特命チームを編成し、「変革目標」達成へと自らが率いていくことが必要です。

▶【公開】経営戦略研修
▶【公開】変革リーダー研修~人数を増やさず今のメンバーで変革を実現する

■立案で終わらせない。最後までやり抜くことが重要

例えば「残業削減」などの挑戦目標を立てても、達成することができなければ、意味がありません。そこで重要なのが「達成力」、つまり「やり抜く力」です。これは「挑戦」の規模の大きさや難易度にかかわらず求められる力です。

誰でも「やり抜く力」をもつことができるよう、当社では「やり抜くために必要な6つの能力」を定義し、その具体的な方法を学んでいただく研修を開発しました。

▶達成力強化研修~仕事を最後までやり抜くリーダーになる(1日)
▶【公開】達成力強化研修~仕事を最後までやり抜く力を身に付ける(1日)

お問い合せ・お申込み

※各業界向けカリキュラムのカスタマイズは可能です

{{heading}}のカリキュラムを選ぶ

本研修のカリキュラムを選ぶ

研修のプロがお答え全力Q&A

お客さまから「{{trainingName}}」に多く寄せられるご質問を抜粋して掲載しております。
質問をクリックすることで、回答が表示されます。


      

研修ラインナップ

インソースの挑戦を考えるは、多くのプランをご用意しており、お客さまに最適な研修をお選びいただけます。

※公開講座とは、1名さまから受講可能な研修のサービスです

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新



×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!