loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

内定者研修 チームで働く力をビジネスゲームで習得する(ドミノ電鉄編)(半日間)

内定者研修 チームで働く力をビジネスゲームで習得する(ドミノ電鉄編)(半日間)

問題の本質は何か、を徹底的に考えたカリキュラムで、現場で役立つスキルやノウハウを習得!

研修No.B PEP303-0200-3781

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 入社前(学生・内定者)

・内定者の方
・体感型の研修を通じて、社会人に求められるチームワークやPDCAなどを理解したい方

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、ビジネスゲーム(ドミノ電鉄)を通じて、チームワーク、PDCA、計画性、リーダーシップ、全体最適、感謝の気持ちなどを体感し、社会人として、組織人として職場で求められるポイントを理解していただきます。

ビジネスゲームの有効性

  • ・講師からの一方的な講義ではなく、受講者が能動的に動くことで「気づく」
  • ・実体験することでインパクトが大きく、学んだことが記憶に残る
  • ・堅苦しさがなく、受講者のモチベーションが高まりやすい
  • ・ゲームを通じて受講者同士の連帯感が深まる

内定者の皆さまはまだ社会人経験がないため、通常の講義中心型のカリキュラムでは、仕事をするうえでの心構えや、身につけておきべき知識・スキルがイメージしにくいと思います。そこで、ビジネスゲームなどの体感型の研修が内定者向けには特に有効です。

また、PDCAやチームワーク、リーダーシップなどは、座学で「分かったつもり」になっても、具体的なイメージがわかず実践につながりにくいという懸念があります。体感型の研修であれば、体で「そういうことか!」と気づくことできるため、知識やスキルにイメージをつけやすくなります。そのうえで、座学で知識を学ぶと腹落ち度が高まり、大変効果的です。

◆【研究レポート】内定者研修を成功させる7つのポイント

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.自己紹介

  • 2、体験型ビジネスゲーム ~ドミノ電鉄〔1回目、2回目〕
    ■チーム対抗ゲームを2回実施
    ■ゴール「設計書にしたがって、できるだけ早く完成させる」
    (1)ルール説明  (2)役割分担  (3)実施  (4)ワークの振り返り
ワーク
  • 3.体験型ビジネスゲーム ~ドミノ電鉄〔3回目〕
    ■全チームで協力して実施
    ■ゴール「全チームを横断する1本の線路と建物を建設し、学園都市をつくる」
ワーク
  • 4.仕事を進めるPDCAサイクル
    (1)PDCAサイクル
    (2)計画を立てる ~ PLAN
    (3)実行する ~ DO
    (4)振り返る ~ CHECK
    (5)改善する ~ ACTION
講義
  • 5. 職場におけるチームワークの重要性
    (1)「全体最適」を考える
    (2)チームワーク構築のために必要な要素
    (3)チームワークを発揮するコミュニケーション
    (4)働くことと感謝の気持ち
講義
  • 6. まとめ

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2018年12月     14名
業種
非営利団体・官公庁関連組織
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 研修を踏まえて、自分がこれまで相手に分かりやすくものごとを伝えていたかと振り返ると、そうでもなかったと反省しました。
  • 「聴く」ことを、人間関係をつくるうえでの基本として覚えておきたい。普段の業務を円滑に進め、雰囲気の良い職場づくりにコミュニケーションは欠かせないと思った。
  • 仕事を進めるうえでチームワークは大切だと感じたので、積極的にコミュニケーションを図ります。ドミノゲームで大変楽しく学べました。

実施、実施対象
2018年10月     7名
業種
製造業(素材・化学)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 社会人としてどのように活動していくか目標が見えた。学んだことを常に考えながら仕事をしたい。
  • 他の人との協力・報連相を意識して働くようにしたいです。チームは個人個人が作っているという自覚をもって仕事に取り組みます。
  • チームワークの大切さ、そこから生まれる反省点、そして皆で解決し結果につながることを学んだ。この喜びややりがいがこれから取り組む仕事にもあると実感できた。

実施、実施対象
2016年12月     13名
業種
金融
評価
内容:大変理解できた・理解できた
92.3%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • ゲームを通じてPDCAサイクルを回していくことの重要性を学びました。コミュニケーション力を高め、自分の意見を積極的に相手に伝えるようにします。
  • PDCAサイクルはどの場面でも利用できるので、日常生活の中でも活かしたいです。社会に出る前に聞いておいてよかったと思える内容でした。
  • ビジネスゲームを実践する中で、頭では分かっていても思い通りにいかないことも多くありました。実際の業務でも、そういった状況でお互いのことを考えて話し合うことの重要さがよく分かりました。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

内定者向け研修
年間総受講者数
1,160
内容をよく理解・理解
98.5
講師がとても良い・良い
96.8

※2019年4月~2020年3月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia 社内研修

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia 内定者研修

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia アセスメント

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!