loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

SE向け問題発見研修

SE向け問題発見研修

顕在化していない問題まで把握し、原因を追究し改善策を提示できるSEになる

研修No.2100003

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 全階層

・自組織における課題を発見し、業務改善につなげていきたい方
・問題の原因をロジカルに検討する力を身につけたい方
※若手からリーダー層まで幅広くご受講いただけます

よくあるお悩み・ニーズ

  • 業務改善を行いたいが、どの問題に手をつけたらいいのかが分からない
  • 状況を整理・把握するコツを知りたい
  • 問題発見の基本的な考え方を知りたい

研修内容・特徴outline・feature

問題解決に求められる能力は、顕在化している問題に取り組むだけではなく、潜在的な問題も発見し、その問題が何に起因しているのかを探り出す力も求められます。

本研修ではまず、8つの観点から課題を発見する問題発見技法を身につけ、問題発見力を強化していきます。マトリックス法やロジックツリー、特性要因図など、具体的な問題整理技法や真因追究技法を学びます。加えて、システムによる問題解決の流れを実践的に学びます。

到達目標goal

  • ①自組織における問題を発見できる
  • ②問題解決の優先順位をつけられる
  • ③問題の原因を追及できる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.問題とは何か
    (1)問題解決においての問題
    【ワーク①】問題を発見・解決する際に「難しいこと」「苦手だと思うこと」を書き出す
    (2)問題とは「事実」をあらわす言葉 (3)問題解決への取り組みが「課題」
講義
ワーク
  • 2.問題解決の流れ
    (1)問題解決の基本的な流れ (2)問題解決の具体的な手順
講義
  • 3.問題の発見
    (1)「8つの視点」による問題発見
    【ワーク②】それぞれの視点から、システムエンジニアとして業務を実施するにあたり思いつく問題を挙げる
    (2)日常の「違和感」からの問題発見 (3)他者との協働による問題発見
講義
ワーク
  • 4.発見した問題を踏まえた現状把握・調査
    (1)現状把握の手法 ~数値化
    (2)数値を見やすく整理する ~図表の種類
    (3)数値分析をする① ~平均と個の「ばらつき」
    (4)数値分析をする② ~層別による比較
    (5)パレート図・パレートの法則   (6)業務フローから分析する
    (7)動態観察から分析する
講義
  • 5.発見した問題の整理
    (1)解決すべき問題の優先順位づけ ~マトリクス
    【ワーク③】問題を「重要度×緊急度」のマトリクス上に置いて優先付けをする
    (2)あるべき姿を設定する
    【ワーク④】解決すべき問題について、「あるべき姿」を設定する
講義
ワーク
  • 6.発見した問題の真因追究
    (1)特性要因図 (2)ロジックツリー
    【ワーク⑤】問題を引き起こしている根本の原因究明を行う
    【参考】5回の「なぜ」
講義
ワーク
  • 7.発見した問題の解決策策定
    (1)解決策の検討
    【ワーク⑥】真因への対策を考えられる限り、洗い出して考える
    (2)適切な解決策選択
    【ワーク⑦】ワーク⑥で洗い出した解決策を、「実行のし易さ×効果」のマトリクス上に置いて、実行する解決策の優先順位づけを検討
講義
ワーク
  • 8.行動計画策定・実施
    (1)行動計画策定のポイント (2)進捗の確認 (3)PDCAサイクルで管理する
講義
  • 9.まとめ
    【ワーク⑧】今回の研修の一連のワークで対象とした問題を以下のシートにまとめて、企画書として作成
ワーク

企画者コメントcomment

問題解決には、顕在化している問題だけではなく潜在的な問題にも着目し、主体的に探索する姿勢・行動が必要です。加えて対処療法的な解決にならないよう、その問題がなぜ起きているのかをとらえ、真因となる要素を除去する取り組みが求められます。本研修では、問題をどのように発見するかの基本の考え方をふまえ、システムによる問題解決を実践的に学びます。

若手からリーダー層まで、全てのSE職が問題意識を持って主体的に業務に取り組む意識を醸成します。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意事項

  • 同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • 会場やお申込み状況により、事前告知なく日程を削除させていただくことがあります

事前のご案内

オンライン開催

【オンライン講座ご受講にあたって】

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカーの動作確認をしていただき、研修開始までお待ちください。その他、受講時のお願い事項について詳細はこちらのページをご覧ください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】

セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

お気軽に
ご連絡ください

メール・お電話での
お問合せ

公開講座に関する
Q&Aはこちら

研修リクエストの
お問合せ

ページトップへ
年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す

公開講座をさらに便利に

研修やスケジュールが見つからなかった方、資料が必要な方におすすめ

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修