配慮あるスライドとプレゼンで聞き手の心を打つ パワーポイントプレゼンテーション研修

パワーポイントプレゼンテーション研修

 更新

研修の目的・特徴

相手に伝わるプレゼンテーションのために
パワーポイントを使ったプレゼンテーションスキルは、ビジネスの場面において欠かすことのできないスキルです。
しかし、具体的にパワーポイントによる資料の作成方法やその活用方法を教わったという方は少ないでしょう。誰もが、実際には何が正しいのかわからないまま自己流でプレゼンテーションを行っているものです。

パワーポイントを使ったプレゼンテーションでは、通常のプレゼンテーション以上に「構成・デザイン・伝え方」についての配慮が重要となります。

聞き手に響く構成を実現する
プレゼンテーションでは、視覚に訴えて相手を引き込むスライドや後で見返せる資料が必要なことも多いものです。
それらのスライドや資料はすぐに作成に取りかかるのではなく、まずは「相手に伝わる」構成とはどのようなものかを考えます。構成では「目的・ターゲット・シチュエーション・ゴール」の4つの設定が不可欠です。この設定を念頭に、伝わりやすいコンセプトやストーリー、キャッチコピーを考え抜くことが重要です。

配慮あるデザインと図解化が簡単にできる
パワーポイントで作成するスライドは、レイアウトやアニメーション、装飾文字列など様々な機能があります。ついいろいろな機能を使って過剰なスライドを作成しがちです。スライドは自分好みのデザインに仕上げるのではなく、あくまでも聞き手に配慮した内容やデザインにすることが基本です。
また、情報を分かりやすく整理し、表現する図解化も必要です。図解化により、迅速かつ正確に聞き手との共通理解を図ることができます。

資料を活かすのは自分自身
どんなによい資料が作成できたとしても、伝え方が上手くなければ相手に響くよいプレゼンテーションにはなりません。そこで、重要なのがプレゼンテーションのための事前準備です。
事前準備を十分に実施しないと、スライド投影をしながら棒読みするだけの魅力のないプレゼンテーションになってしまいます。どのスライドで何を伝えたいのか、どんな伝え方が効果的なのか事前の練習なしにはつかめません。
スライドはあくまでも聞き手の理解を助けるものと考え、準備万端でプレゼンテーションに臨みましょう。

お問い合せ・お申込み

※各業界向けカリキュラムのカスタマイズは可能です

{{heading}}のカリキュラムを選ぶ

本研修のカリキュラムを選ぶ

研修のプロがお答え全力Q&A

お客さまから「{{trainingName}}」に多く寄せられるご質問を抜粋して掲載しております。
質問をクリックすることで、回答が表示されます。


      

スキルを活かし成果を上げてきた講師

講師陣は、実際に企業にて数多くのプレゼンテーションを行ってきた経験豊富な者ばかりです。
ロジカルシンキングや問題解決などの研修に登壇している者も多いため、「見た目」や「話し方」だけではなく、「相手の理解を得られる説明の仕方」など「内容の構成」についても丁寧に解説いたします。

研修ラインナップ

インソースのパワーポイントプレゼンテーション研修は、多くのプランをご用意しており、お客さまに最適な研修をお選びいただけます。

※公開講座とは、1名さまから受講可能な研修のサービスです

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!