パワーポイントプレゼンテーション研修 | 現場で使える研修ならインソース

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

パワーポイントプレゼンテーション研修

パワーポイントプレゼンテーション研修

伝えたいことが瞬時に伝わるデザインと伝え方を学ぶ

研修の特徴・目的

プレゼンテーションの質を一気に上げるパワーポイント活用

何をどうやって伝えるかを考える「事前準備」が成功のカギ

パワーポイントを使ったプレゼンテーションは、様々なビジネスの場面において実施されています。しかし、果たしてそのプレゼンテーションが有効なものかというと、そうでないことも少なくありません。まずは伝えるべき内容を整理する、どのスライド資料で何を伝えたいのか戦略を立て何度も練習する、といった「事前準備」が不足していると、デザインは凝っているが意図の伝わらないパワーポイント資料を作ってしまったり、スライド投影をしながら棒読みするだけの魅力のないプレゼンテーションになったりしがちです。

相手に意図が伝わる構成・デザイン・伝え方

インソースのパワーポイントプレゼンテーション研修では、パワーポイントの操作方法はもちろん、「話の構成・資料のデザイン・伝え方」の観点から、総合的なプレゼンテーションスキルの習得を目指します。パワーポイントを活用した資料の作成方法を具体的に教わったことがない、何が正しいのかわからないまま自己流になっているという方におすすめです。

パワーポイントプレゼンテーション研修のポイント

「聞き手に響く」資料の構成を学ぶ

パワーポイントを使用したプレゼンテーションでは、視覚情報から相手を引き込み、後で見返したときに説明を思い出させるようなスライドを作り込む必要があります。目を引く資料づくりは、まずは「どうすれば相手に伝わる資料になるのか」、その構成を検討することからスタートします。相手に伝わりやすい資料構成とするためには、目的・ターゲット・シチュエーション・ゴールの設定が不可欠です。研修では、これらの設定を踏まえたうえで、伝わりやすいコンセプトやストーリー・キャッチコピーを考え抜き、聞き手に響く資料の構成を理解します。

聞き手の理解を高める「配慮あるデザイン」を体得する

パワーポイントには、様々なレイアウトやアニメーション、フォント設定があるため、ついつい多くの機能を使って過剰な装飾のスライドを作成してしまいがちです。しかし、ビジネスで求められるスライドは、自分好みのデザインに仕上げるのではなく、あくまでも聞き手に配慮した内容・デザインであることが基本です。情報を整理し、表現できる図解化スキルを習得し、聞き手の理解度を上げることを目指します。実際にパワーポイント資料を作成する演習を行うことで、視覚情報を効果的に使った配慮あるデザインを体得します。

パワーポイント資料を活かす「効果的な伝え方」を身につける

どんなによい資料が作成できたとしても、伝え方を誤るとよいプレゼンテーションにはなりません。本研修では、わかりやすい話し方や相手の意識を自分に向けさせるテクニックなどのプレゼンテーションの基本もしっかりとおさえます。研修内で作成した資料を使ってプレゼンテーションをやってみて、講師からのフィードバックを踏まえて自身の伝え方を客観的に振り返ることで、今後の改善策を洗い出せるようになります。

「OAスキル」としてのパワーポイントスキルを身につける

まずはパワーポイントのソフトの操作方法をしっかり学びたいなどのご要望にもお応えできます。研修時間すべて操作方法を学ぶことのみにあてたい、2日間以上の時間をかけでじっくり学びたい、といったカスタマイズも承りますので、まずは弊社営業までお気軽にご相談ください。

パワーポイントプレゼンテーション研修 おすすめプラン

コア・ソリューションプラン

コア・ソリューションプラン一覧へ

パワーポイントプレゼンテーション研修 研修プログラム

旬のプログラム

基本プログラム

階層やニーズ別のプログラム

パワーポイントプレゼンテーション研修 ワークショップ

パワーポイントプレゼンテーション研修 動画教材・eラーニング

パワーポイントプレゼンテーション研修 おすすめサービス

パワーポイントプレゼンテーション研修 Leaf(リーフ)シリーズ~HRテック

パワーポイントプレゼンテーション研修 読み物・コラム

研修のプロがお答えパワーポイントプレゼンテーション研修 全力Q&A

お客さまから「{{trainingName}}」に多く寄せられるご質問を抜粋して掲載しております。
質問をクリックすることで、回答が表示されます。


        

最新作・ニュース

新卒採用募集中

閉じる