loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

議会答弁対応力向上研修(1日間)

議会答弁対応力向上研修(1日間)

論理的思考・論理的表現からのアプローチにより、「説明力」のスキルを向上させる

研修No.B GOV870-1300-0746

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修内容・特徴outline・feature

政策形成における自治体の主体性や説明責任の重要度が高まっている昨今において、議会対応の担当者自身が論理的に 「考え」「書き」「話す」ことが求められます。

本研修では、「行政に求められる説明責任」について理解を深め、論理的思考・論理的表現からのアプローチにより、説明力のスキルを 向上させます。また、実際の議会を想定した答弁書作成演習により、実践的な説明力の獲得を目指します。

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.立場を変えて考える
    【ワーク】自分が議員の立場だったら行政の何を知りたいと思いますか
ワーク
  • 2.説明責任(アカウンタビリティ)とは
    (1)説明責任とは
    (2)行政の説明責任とは
講義
  • 3.議会対応における論理的思考
    【ワーク】相手にわかりやすい話をするため工夫していることを洗い出す
    (1)簡素化のロジック
    (2)階層的に整理する
    (3)論理的な展開を考える 
講義
ワーク
  • 4.分かりやすい話の進め方
    (1)要点を明確にする
    (2)「話す」にあたっての注意点
    【参考】本番までの3ステップ
    (3)丁寧な話し方に留意する
講義
  • 5.判断のポイント
    (1)答弁をする際に注意すべき判断とは
    【ワーク】答弁をする、答弁書を書く際に不安に思っていることを洗い出す
    (2)今後の自治体経営と判断基準の変化
    (3)判断の「観点」
講義
ワーク
  • 6.議会答弁のポイント
    (1)議会答弁の流れ
    (2)答弁方式
    (3)答弁のポイント
    (4)聞いて分かりやすい答弁
    (5)こんなときどうする
    (6)おわりに
    【参考ワーク】否定的表現を肯定的表現に言い換える
講義
ワーク
  • 7.議会答弁書作成演習
    (1)演習についての方法、背景などを講師より説明
    【演習1】指定管理者制度について
    【演習2】女性の活躍推進について
    (2)答弁書作成(個人)
    ※実際に想定される議会答弁書を作成する
    (3)グループ討議
    ※グループで一番いい議会答弁書を作成する
    (4)他のグループと共有
    (5)質問と答弁
    ※代表者が前で実演
    (6)チェック・評価・意見
    ※答弁の内容は的確に要約されているか
    ※聞いていて分かりやすかったか
    ※用語の使い方は
    ※答弁の順序は
講義
ワーク

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2019年11月     37名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
97.3%
講師:大変良かった・良かった
94.6%
参加者の声
  • 論理的な答弁は分かりやすいと感じました。議会ではもちろんのこと、市民への説明会の際にも活かしたいです。
  • 議会の一般質問に対する答弁作成や委員会での答弁の際の参考にしたい。倫理的な表現を使うようにする。
  • PREP法を活用して答弁書作成する。話し方などについても参考にして答弁の際に活かす。

実施、実施対象
2018年 1月     23名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
95.7%
参加者の声
  • 話の展開の仕方や分かりやすい話しの進め方がとても参考になった。議会答弁だけではなく、普段の業務を進めるうえで、今回の研修の内容を活かしていきたい。
  • 言葉の話し方や、文書の作り方などが今後の業務に活かせられる内容であった。
  • とても参考になる内容だった。実際に演習をやることで本番の緊張感も体感することができた。

実施、実施対象
2017年 4月     6名
業種
大型市・区
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 議員や上司との対話において活かしていきたいと思います。
  • 答弁のテンポや伝え方を工夫して本番に臨みたい。
  • 答弁準備だけでなく、上司の説明にもいかせるようにしたい。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

官公庁・地方自治体職員(地方公務員)向け研修
年間総受講者数
326,811
内容をよく理解・理解
93.4
講師がとても良い・良い
91.9

※2019年4月~2020年3月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

ストレスチェック

シティプロモーション

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!