loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

Angular入門研修(3日間)

Angular入門研修(3日間)

高機能なWEBページの作成に必須!システム開発の短納期化にもつながる開発方法が学べます。

研修No.6990011

対象者

  • 全階層
  • ・HTML、CSS、JavaScript の基礎知識をお持ちの方
  • ・今後、高機能なウェブアプリケーションの開発に携わる方
  • ・非IT部門において、担当業務に必要なアプリケーションを自ら開発できるようになりたい方

【前提知識】
・HTMLやCSSやJavasSriptなどウェブ開発の一般知識

よくあるお悩み・ニーズ

  • 非IT部門が、独自にアプリケーションを開発し、業務を効率化させたいとお考えの方
  • 既存のWEBページの操作性を改善したい方、ページの表示速度を高速化させたい方
  • システム開発を高速化させたい方

研修内容・特徴outline・feature

最近の開発で取り入れられるようになっている、SPA(Single Page Application)。ユーザビリティ(ユーザの利便性)向上や高速なページ遷移が実現できる技術として注目されています。本研修では Googleが開発する Angularを使って、SPA の開発を体験いただけます。

<本研修のポイント>

  • ・Angularの基本知識を理解できる
  • ・最新のフロントエンド開発の仕組みややり方を理解できる
  • ・ダイナミックなウェブアプリケーションの開発方法を理解できる
  • ・Angular開発用の環境構築のやり方を理解できる
  • ・実際の企業活動における利用シーンを題材として、演習に取り組める
    「取引先別・年度別売上推移」を使って、営業方針決定用のデータを画面表示するAngularアプリを作成

「デジタル人材養成講座~全社員がITスキルを身につけて組織の生産性を高める」もおすすめします!

到達目標goal

  • ①「SPA」と呼ばれるウェブアプリやモバイルアプリの仕組みを説明できる
  • ②Angularを使ったアプリケーションを修正・改造できる

研修プログラム例program

1日目
内容 手法
  • 1.Angular とは ~SPA (Single Page Application)を実現する技術
    (1)SPAとは
    (2)Angularでプログラムを作るには
    (3)Angular のメリット・デメリット
講義
ワーク
  • 2.開発環境を整えて、Angularプロジェクトをつくろう
    (1)Angular開発で使うエディタ
    (2)Angularアプリを動かす手順
    (3)Angularアプリを構成する要素
    (4)サンプルコンポーネントを編集する
講義
ワーク


2日目
内容 手法
  • 3.入力フォームの様々なコントロール、ページの割り当て、遷移
    (1)ボタンがクリックされたとき
    (2)テキストボックスの値を読み込む
    (3)フォームと文字列の出力について
    (4)足し算アプリを作る
    (5)FormBuilderを使って入力フォームを作る
    (6)ラジオボタンの追加
    (7)チェックボックスの追加
    (8)ドロップダウンリストの追加
講義
ワーク


3日目
内容 手法
  • 4.検索機能を実装する
    (1)検索で使用するJSONデータの作成
    (2)検索用テキストボタンをつける
    (3)HTTPサービスを活用する
講義
ワーク
  • 5.総合演習 ~サンプルアプリケーションを改造する
    「取引先別・年度別売上推移」データを使って、データ分析するためのAngularアプリを開発する。
    ・都道府県、営業担当部署、売上金額等による絞り込み検索
    ・売上の昇順・降順への並べ替え
     など
講義
ワーク

企画者コメントcomment

SPA/Angular を取り入れることで、サーバサイドでの開発と、クライアントサイドでの開発を分離することができるため、システム開発を並行化・短納期化することができます。とくに、Angular は比較的平易であるため、非IT部門が学んで、部門の業務に必要な機能を、自ら開発することができるようになります。ぜひAngularを学んでいただいたうえで、貴社の業務効率化にご活用いただければ幸いです。

スケジュール・お申込みschedule・application

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年8月5日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

受講者の評価evalution

本テーマの評価

内容:大変理解できた・理解できた

86.4%

講師:大変良かった・良かった

89.4%

※2019年4月~2020年3月

実施、実施対象
2019年8月     7名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
85.7%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 全く知らなかったAngularについて知ることができて良かったです。教科書にも丁寧な解説がありとても理解できました。
  • Webを構築する中で多様なツールがあることが改めてわかった。いつWebに携わってもいいよう今回の学びを復習してしっかり身につけたい。
  • IT企業にアプローチするときに話のタネとして今回体験したことを話してみたい。取引相手の話により理解を示すことができれば相談される回数、質ともに高めることができるはずなので、この3日間で得たことを確実なものとするべく、振り返りをしっかりと行う。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討いただいている研修テーマで、日程がないとお困りの場合は「研修リクエスト」のサービスをご活用ください。お客さまのご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本テーマの評価
内容をよく理解・理解
86.4
講師がとても良い・良い
89.4

※2019年4月~2020年3月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について
(更新日:2020年8月5日)

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修