loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

【内定者オンラインセミナー】社会人になっても役立つ新聞の読み方

【内定者オンラインセミナー】社会人になっても役立つ新聞の読み方

新聞の読み方を習得し、仕事への活かし方を考え、入社・入職に備える!

研修No.B JHT301-0300-4329

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 入社前(学生・内定者)

・入社前の内定者の方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 新聞をほとんど読んだことがないため、読み方を知りたい
  • 新聞は難しい用語が多くて、内容が理解しづらい
  • 毎朝、重要な記事を短時間でキャッチするためのコツが知りたい

研修内容・特徴outline・feature

社会人として働き始める時には、経済情勢・社会情勢・政治情勢など、必要な基礎知識・社会常識を持ち合わせなければなりません。新聞には、これらの情報が日々アップデートされて記載されています。本研修では、新聞の構成や読み方、数字の示す意味や情報収集の仕方、仕事への活かし方などを学びます。内定者の皆さんが社会人になるまでの準備や入社、入社後の生活に活かしていただける内容となっています。

到達目標goal

  • ①経済新聞の構成、読み方を理解する
  • ②記事で用いられている用語の意味を理解する
  • ③短時間で重要な情報をキャッチするための効率的な読み方を知る

研修プログラム例program

内容
手法
  • 1.新聞の良いところとは
    【ワーク】新聞を読むことでどのようなメリットがあるかを考える
ワーク
  • 2.先輩社会人が新聞を読んでいる理由
    (1)社会人に必要な基礎知識・常識を養える
    (2)新聞は、景気・経済・企業のことが詳細に掲載されている
    (3)個別企業情報が詳細に記載されている
    (4)考える力・書く力を養える
講義
  • 3.新聞の構成と読み方のテクニックを知る
    (1)新聞の紙面構成を知る
    (2)曜日特性を知る
    (3)知っておきたい基本的な用語
    (4)読み方のテクニックを知る
    (5)記事を有効に活用するには ~切抜き
講義
  • 4.仕事に活用する方法を考えてみる
    【ワーク】自身にとって読む必要のある新聞記事を考え、活用法をイメージする
ワーク

6569

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2021年1月     18名
参加者の声
  • 考える習慣をつけるためにも新聞を読むことが大切だと思った。また、偏った情報や自分が興味があるもの以外の情報を得られることが新聞のメリットだと学んだ。
  • 注目度が高い内容は奇数ページ、注目度は劣るが重要な内容は偶数ページに構成されていると知り、とても勉強になりました。これから新聞を読むうえで意識します。
  • 他のメディアと新聞の違いを理解することで、欲しい情報を得るためにはどちらが良いかを判断できるようになった。これから働く企業で活かせる情報がないか、常にアンテナを張る癖をつける。
  • 新聞には決まったページ配分があり、記事がその配分に基づいて分類されているため、特定の分野の情報を集めやすいことが分かりました。
  • 記事をただ読むのではなく、その出来事が社会に与える影響について自分なりに仮説を立てるという「能動的な新聞の読み方」も非常に勉強になりました。

実施、実施対象
2020年11月     7名
参加者の声
  • 「記事から仮説を立てる」というニュースの読み方をしたことがなかったので、新たな発見となりました。これからもこの視点を持って情報に触れていきたいと思います。
  • 恥ずかしながら、これまであまり新聞を読んでこなかったので、曜日ごとに取り扱う内容が異なることを知らなかった。今回の研修を機に新聞を読むことを習慣化できるようにしていきたい。
  • 以前受講した「業界研究の仕方を学ぶ」研修の中の「自社の業界について、どのようなことを調べるべきか」というワークと、本研修の「営業するにあたってどのような新聞記事を読むべきか」というワークが繋がったような気がします。自社の製品がどこにニーズがあるのか見つけるためには、この「自社の把握」「時流の把握」の両側からの視点が必要だと思いました。

実施、実施対象
2020年 10月     9名
参加者の声
  • 今までほぼ新聞を読んだことがなかったので、どういった記事がどこに載っているのか、効果的な読み方について知ることができよかったです。
  • 今まで新聞とネットニュースとの比較について考える機会がなかったため、有益な情報を得られました。今後は状況に応じて紙媒体とネット媒体の両方を利用しようと思いました。
  • 新聞を通して様々な業界の現在をおおまかに理解し、情報を正しく扱えるように今後練習をしていきたいです。
  • ビジネスにおける基本的な知識や外部環境などにおける世の動きが分かるため、新聞が必要なツールであることが分かった。また考える力や書く力なども養うためには、新聞を読む癖をつけておくことが有益だと理解できた。
  • 今までは「新聞を読む」ことの意義を十分に理解していなかったが、ビジネスパーソンとして新聞を読むということの重要性を感じました。

開発者コメントcomment

社会人になる前は、日常的に新聞を購読されている方は少ないと思われます。しかし、先輩社会人は、毎朝、新聞を読むことが習慣化している方が多く、日々の会話の中にも、その日の朝刊の記事の話題が出てきます。新聞記事は、まさに仕事における重要な情報源であり、社会人に求められる常識であるとも言えます。そこで、入社・入職後に困らないように、内定者の皆さまに新聞の読み方をマスターしていただくオンラインセミナーを企画しました。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

内定者向け研修
年間総受講者数
866
内容をよく理解・理解
99.1
講師がとても良い・良い
97.2

※2019年10月~2020年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

2021年度新入社員の傾向と特徴

内定者オンラインセミナー

新人8大スキルアセスメントサービス

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia 内定者研修

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

動画百貨店ランキングページ

冊子教材付きeラーニング・動画レンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報

WEBinsourceの詳細・新規会員登録はこちら

直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!