loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

(営業向け)部下の育て方研修~「活動量」と「ステータス」の両面から課題を発見する(1日間)

(営業向け)部下の育て方研修~「活動量」と「ステータス」の両面から課題を発見する(1日間)

営業プロセスごとの活動量とステータスをチェックし、的確な指導・支援を行うことで成果につなげる方法を学ぶ

研修No.B MKT430-0000-4587

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 中堅層
  • 管理職層

・複数の営業職を指導・育成するリーダー・マネージャーの方
・営業職の活動を支援する部門の方

よくあるお悩み・ニーズ

  • プロセス管理の重要性は分かっているつもりだが、それがどうすれば育成につなげられるのかが分からない
  • SFA(セールスフォースオートメーション)を導入しているが、今一つ上手く活用できていない
  • 営業マネージャーが結果の管理ばかりやっていて、部下の支援ができていない

研修内容・特徴outline・feature

営業職の部下の活動支援を行うためには、営業プロセスごとに分けて指導することが欠かせません。その営業プロセスにもとづく指導の視点として、「目標達成のために必要な活動量が確保できているのか」というマクロ的視点と、「この案件は成約から逆算して今どのステータスにあるのか」というミクロ的視点の2つが求められます。この研修では、プロセスマネジメントの考え方をベースにして、「活動量」と「ステータス」の両面から部下の課題を見つけ出し、指導していく方法について学んでいただきます。

到達目標goal

  • ①プロセス管理のポイントが理解できる
  • ②プロセスごとの活動量をチェックすることで成果を安定化させる方法を理解する
  • ③案件単位でのステータス管理を徹底することで、具体的な指導・支援が可能になることを理解する

研修プログラム例program

内容 手法
  • 1.育成における「プロセス管理」の意義
    (1)なぜ「結果管理」では部下は育たないのか
    (2)部下の活動量から課題を見つける ~マクロの視点
    (3)案件のステータスから課題を見つける ~ミクロの視点
講義
  • 2.あらためて考える「プロセス管理」とは
    (1)成果に至るまでの営業活動をプロセスに分解したもの
    (2)「活動量」と「ステータス」を測るための管理指標
    (3)適正な活動量の裏付けとなる「ファネル理論」
    (4)ステータス管理に欠かせない「システム登録」
    【ワーク】自身の職場における営業活動をプロセス分解する
講義
ワーク
  • 3.「活動量」を確保させるための支援
    (1)営業成果は活動の「量×質」で決まる
    (2)STEP1:目標から逆算して必要な活動量を算出する
    (3)STEP2:「期・月・週」単位での活動量に落し込む
    (4)STEP3:計画と実績のギャップをチェックし早めに手を打つ
    (5)「量」を増やすための生産性向上支援
    (6)「質(率)」を上げるためのスキルアップ支援
    【ケーススタディ】部下の実態例を見て、どのような指導・支援が有効かを考える
     例1)面談件数は多いが面談軒数が少ない
     例2)2回目の面談の獲得率が低い
講義
ワーク
  • 4.「ステータス」を前に進めるための支援
    (1)「全体の数字」とあわせて「個々の実態」も見る
    (2)STEP1:各プロセスのステイタス条件を定義する
    (3)STEP2:「課題の有無」を判断する基準
    (4)STEP3:課題への支援 ~成果を取るか育成を優先するか
    (5)プロセス前半のステータスは「やるかやらないか」次第
    (6)プロセス後半のステータスは「スキルや経験」の不足
    【ケーススタディ】具体的な部下の実態例を見て、どのような指導・支援が有効かを考える
     例1)資料送付の後、面談設定が入らない
     例2)商談の後、成約に至らない
講義
ワーク
  • 5.プロセス分析から見えてくる部下の弱点
    (1)活動データから見えてくる部下の弱点
      ①活動の「質」にこだわり過ぎて「量」が伸びない
      ②あるプロセスでの活動がネックとなって成果を目減りさせている
    (2)課題を特定した上で"処方"する
      ①行動習慣を変えさせる   ②ノウハウを身に付けさせる
      ③成功事例を共有する
    【ケーススタディ】例示する部下の活動状況を見て、どのような指導・支援が有効かを考える
講義
ワーク
  • 6.まとめ
ワーク

7080

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

開発者コメントcomment

「プロセス管理」という概念は、営業職であれば大半の方が見聞したことがあると思われますが、実際にその概念を正しく理解している人は意外と少なく、さらにそれを人材育成に活用できている人となると、ごくわずかと言えるでしょう。本研修は、営業成果をコントロールする上で欠かせないプロセス管理を通じて、同時に育成にもつなげていただけるような研修プログラムとして企画いたしました。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

OJT研修
年間総受講者数
11,089
内容をよく理解・理解
95.2
講師がとても良い・良い
93.8

※2019年10月~2020年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!