loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

労務管理研修

労務管理研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

管理職が「自分の身を守る」ために必要な知識

労務管理とは、組織において、経営者などがその従業員に対して行う管理全般、つまり「人」を対象とした管理のことです。例えば、採用、雇用、賃金、労働時間、休日、安全衛生などに関係します。

労務管理ができていないと、最悪の場合、民事訴訟や刑事訴訟にまで発展する可能性があります。正しい労務管理の知識を持つことは、現代の管理職が「自分の身を守る術(すべ)」といえます。

労務管理研修のポイント

最短2時間で、最低限の必須知識が身につく

  • ・1日間の研修から短時間研修まで、様々なラインナップをご用意しており、最短2時間で基本を学ぶことができます
  • ・労務管理の実行者として知っておくべき、最低限の知識を概括したプログラムをご用意いたします

従業員が働きやすい職場環境づくりを実現する

  • ・自社のワークライフバランスを振り返る、ありがちな残業とそれを減らす対策を考えるなど、部下が働きやすい環境づくりの対策を研修で考えることができます
  • ・ラインケアの効果や手法を学ぶことで、部下が心身ともに健康に働くための上司として意識や行動を身につけることができます

ビジネス経験がある講師のため、現場を想定した講義になる

  • ・法律の専門家ではなく、ビジネス経験豊富な講師が登壇します。ビジネスの現場を知っているからこそ実務での労務管理の活かし方を理解しており、実践を前提にした内容を学ぶことができます
  • ・単なる知識付与ではなく、自組織にあてはめて考えるワークを通して学んでいただくため、労務管理について自分事として捉え、知識を吸収できる内容となっております

労務管理研修ご検討のお客さまからのご質問

インソースの労務管理研修の特徴はなんですか?

A.当社の研修で登壇する講師は、実際に経営者や管理職として労務管理を実践してきた人になります。そのため、現場に即した講義・フィードバックを行うことができます。法律の専門家ではフォローしにくい現場のお悩みに、対応した研修をご提供することができることが特徴です。

また、当社では2時間や半日間、1日間など様々な研修時間のラインナップをご用意しております。そのため、お客様のご希望の研修時間内で、最低限の必須知識に焦点をあてた研修を実施することもできます。

どんな内容のワークを実施するのですか?

A.労働基準法を踏まえて、「子どもが生まれまして、と打ち明けてきた男性メンバーがいます」「親の介護が始まったので、休みが取りたいと質問してきたメンバーがいます」など、現場で起こりうるケースにおいて、自分ならどのような対応をとるのか。会社の制度はどうなっているのか。といったことを考えたり、自社における残業の現状と課題について考えるといったワークを行ったりします。

また、各研修で当社が考えた基本的なワークをご用意しておりますが、受講者に考えてもらいたいことやご担当者さまが課題に感じていらっしゃることをご教示いただくことで、貴社オリジナルのワークを作成することも承ることができます。

労務管理研修とセットになるような、おすすめの研修がありますか?

A.労務管理研修とセットでの実施をおすすめしている研修は、さまざまなものがございます。

従業員が心身ともに健康で、働きやすい環境を作るために
・メンタルヘルス研修 ~管理職向けラインケア編(1日間)
・管理職研修 「風通しのよい職場づくり」で職場環境を整える編(1日間)

労務管理をしつつ、働き方改革の推進に対応するために
・働き方改革リーダー研修 チームの時間管理で残業削減・生産性向上(1日間)
・働き方改革研修~ワークライフバランスの実現を考える編(半日間)

トラブルの予防と早期対応を行い、リスク回避をするために
・リスクマネジメント研修 ~基本編(1日間)
・コンプライアンス研修 ~意識変革から仕組み作り編(1日間)

その他にもお客さまの課題に応じて、多種多様な研修をご提供いたします。ぜひお悩みをお聞かせください。

研修を実施するにあたって、受講人数は最低何人から最高何人までがよいでしょうか?

A.原則としては、講師1人あたり20~30名程度でお願いしております。
また、受講者数が20名に満たない場合でも、1名さまから講師派遣型で実施はできますが、研修効果・費用対効果を鑑みますと、少人数の場合は弊社公開講座をお勧めしております。ご希望の日時で公開講座の開催予定がない場合でも、貴社内で4名さま以上お集まりいただけましたら、 ご希望の日程で公開講座を開催することも可能です。
※ご希望の日程で公開講座を開催する場合、他社の受講者さまも参加される可能性があることをあらかじめご了承ください

4名以上受講者さまがいれば、ご希望の日程で公開講座を開催!研修リクエスト

講師派遣と公開講座の違いは何ですか?労務管理研修の場合、どちらがおすすめですか?

A.労務管理研修の場合は、受講者さまに対して組織が求めている役割を明確に伝えたい場合や、ワークを通して自組織で発生しがちな問題をしっかりと話し合っていただきたい場合には、講師派遣型がおすすめです。

一方で、労務管理研修の対象となることの多い管理職クラスの方々は、「忙しくなかなか研修日を調整できない」「他社の管理職とディスカッションさせたい」「他流試合による気づきを促したい」「対象者が数名しかいない」「全国各地に対象者がいて集めるのが難しい」など、様々な課題があるかと存じます。その場合は、1名から参加でき、高頻度で全国にて研修を開催している公開講座がおすすめです。よろしければ営業担当者がお客さまのご状況を伺い最適な受講形態をご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

労務管理研修のご提供コンテンツ

おすすめリンク

【従業員の勤務状況を把握したい】

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!