loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

働き方改革研修~ワークライフバランスの実現を考える編(半日間)

働き方改革研修~ワークライフバランスの実現を考える編(半日間)

問題の本質は何か、を徹底的に考えたカリキュラムで、現場で役立つスキルやノウハウを習得!

研修No.B CRR150‐0100-3058

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 全階層

様々な価値観を持つメンバーで構成されたチーム全体でワークライフバランスを実現させたい方

研修内容・特徴outline・feature

様々な価値観を持つメンバーの一人ひとりが、自分と異なる価値観で働く人を認めたうえで、皆が働きやすい職場づくりを目指し、チーム全体でワークライフバランスの実現につなげていただくことを目的としています。

具体的にはまず、ワークライフバランス推進のメリットを再確認したうえで、残業の必要性について異なる考え方を持つメンバーの事例を通じ、自分の常識が相手の常識ではないことを徹底的に理解していただきます。
そのうえで、不要な残業時間の削減に向け、職場・チームをあげて改善活動に取り組んでいくための「きっかけづくり」を学んでいただきます。

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.「ワークライフバランス」について
    (1)一般的に「ワークライフバランス」の必要性が高まった背景
    (2)ワークライフバランスのポイント
     【ワーク】「ワークライフバランス」を推進するメリットとは
講義
ワーク
  • 2.ケーススタディ
     【ワーク①】「ワークライフバランス」の観点から、下記のケースの問題を考える
     <ケース1>定時に帰りたいが、残業することを当然と考える
      上司の下でやりにくさを感じる部下
     <ケース2>子育て中で残業できないため、簡単な仕事しか
      任せてもらえないと感じる女性社員
     <ケース3>ワークライフバランスの必要性は感じるが、残業
      して仕事を覚えることも大事と考える上司
     【ケース②】ワーク①で洗い出した要因を取り除き、ワークライフ
      バランスを実現する職場をつくるためのアイディアを自由に考える
     ■ワークライフバランスが進まない理由
     【ワーク③】ワーク②で考えたアイディアに取り組もうと思った際に、
      「難しい」「諦めてしまいそうだ」と感じる要素は何か
講義
ワーク
  • 3.職場の残業時間削減に向けた改善活動について
    (1)仕事はチームで行う ~業務の分担・分類を見直す
    (2)残業時間削減に向けた改善活動とは
講義
  • 4.職場・チームで改善をはかるためのきっかけづくり
    (1)良い関係構築を前提とする
    (2)ワークライフバランスを実現するきっかけづくり
     【ワーク】社内の様々な取り組みについて、自部署で取り組んで
    いることと、効果が出ていることを共有する
     【参考】ワークライフバランスを実現させるための取り組み事例
講義
ワーク
  • 5.まとめ
    【ワーク】今日の話し合いを踏まえて、「これはいいな」「これは職場で
     使ってみよう」と思ったことを整理する
ワーク

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2019年1月     60名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
90%
講師:大変良かった・良かった
98.3%
参加者の声
  • 職場の話しやすい環境づくりや、業務の効率化など、悩んでいたこともあるので参考にしていきます。
  • 自分の職場を改めて見つめ直してみようと思いました。
  • 情報を共有し、仕事内容の見える化を図りたいです。

実施、実施対象
2018年10月     18名
業種
商工会
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • コミュニケーション活用により残業削減を行っていきたいと思います。
  • 部下への接し方や育成について、非常に勉強になりました。
  • 今後の働き方改革に合うよう取り組んでいきたいです。

実施、実施対象
2018年 1月     8名
業種
中央官庁・国家機関
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
87.5%
参加者の声
  • より良い人間関係、職場環境を構築していきたいと考えます。
  • 部下指導及び部門の団結力を図ることに活かす。
  • 今後、ワークライフバランスを重視していかなければならないと思いました。

実施、実施対象
2017年 9月     11名
業種
中央官庁・国家機関
評価
内容:大変理解できた・理解できた
81.8%
講師:大変良かった・良かった
81.8%
参加者の声
  • グループでの話し合いが入っていたので楽しく講義を受講できた。また、部下ができたときのためにも コミュニケーションを大切に活かしたい。
  • 事例討議をすることで他者の意見が新鮮であり参考となった。
  • 講師の方の説明がわかりやすかったです。今後、より良い環境を作っていけるように活かしたいです。

実施、実施対象
2017年 2月     33名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
81.8%
講師:大変良かった・良かった
84.8%
参加者の声
  • 各職場の業務状況の情報共有ができ、有益でした。 悩みも共通であると認識できました。
  • 講義やグループワークで知識・理解を深めることができた
  • 業務を洗い出して効率化を考えていきたい。

開発者コメントcomment

本研修は、部下のワークライフバランス度を上げるには何をすべきかをお悩みの管理職の方向けに開発されました。

研修では、①ワークライフバランス推進のメリット ②残業に関する多様な感じ方 ③残業時間削減に向けた改善活動 を演習を中心に理解を深めていただきます。

職場・チーム全体で皆が働きやすい環境を作るために、管理職が率先して業務改善活動を推進する必要性を強く感じていただける研修です。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

キャリアデザイン研修
年間総受講者数
11,744
内容をよく理解・理解
95.3
講師がとても良い・良い
94.7

※2019年10月~2020年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia メンター制度

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia ナレッジマネジメント

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!