JA(信用事業・共済事業)職員向け研修 | 現場で使える研修ならインソース

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

JA(信用事業・共済事業)職員向け研修

JA(信用事業・共済事業)職員向け研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

JA(信用事業・共済事業)を取り巻く環境や、人材育成の傾向

ビニールハウスや納屋の建設など、新規就農者には多額の初期費用が必要になることが多いのが、農業の特徴です。既存の農業従事者も、資金不足により設備や機械の新調ができずにやむなく廃業を選ぶ方も少なくないのが現状です。多額の資金を投じても、大規模災害や農薬の飛散・農機具の故障・従業員の作業中の事故などのリスクが発生することもあります。

難しい経営を担う生産者の味方となる、信用事業・共済事業に関わるJA職員の方は、いつでも資金面の相談に乗ることができるよう、信頼を得る接遇対応力や資金問題を解決する力を身につけることが肝要です。

インソースではこれまでにも多くのJA組織さまで多種多様な人材教育支援を実施してまいりました。職員さまの階層に応じた研修やスキル別研修に加えて、窓口対応調査などのコンサルティングサービスも承っています。


JA(信用事業・共済事業)職員向け研修の特徴とポイント

信頼される窓口応対スキル

口座は必ずしも農業従事者の方だけがお持ちなのではありません。多様なお客さまがいらっしゃる窓口では、他の金融機関同様に職員のCS意識醸成が欠かせないものと言えます。特に、高齢の方に対してはさらに分かりやすく丁寧な対応が求められます。

金融資産をお預かりしている事業者として、個人情報の取扱いやコンプライアンス遵守は組織で厳しく、繰り返し何度も教育が必要です。不祥事が起こらない業務体制の構築により、地域住民の期待を裏切らない組織づくりを目指します。

ご高齢者・シニア向け接遇力向上研修~窓口応対編(半日間)
コンプライアンス研修(1日間)

資金相談への対応力を高める

設備や耕作機械などは初期投資額が大きく、また災害や異常気象などの外的要因によって生産量・売上高は必ずしも予測通りにはいかないこともままあるために、融資の判断が難しい状況もあるでしょう。

お客さまの真の課題やニーズをとらえ、ご希望に可能な限り近づけられるソリューションを行うには、ヒアリング力を高めて条件をまとめ、納得いただける解決プランを導き出すスキルを身につけなければなりません。事業計画の策定支援、融資後の定期的なヒアリングなど、個人事業の伴走者として長く関係を継続させるヒューマンスキルも持ち合わせておくことが望まれます。

ヒアリング力強化研修 質問の引き出しを増やす編(1日間)
顧客の課題発見力研修~顧客の抱える「非・不・未」を見つけ、ソリューションを提示する(1日間)

リスクに備える必要性を、分かりやすく伝える

住宅、車両、生命保険・共済への加入促進を行うことも、組合員やお客さまの生活を守るための重要な仕事のひとつといえます。商品を広く普及させていく広報力を高め、ライフアドバイザー、窓口のスマイルサポーターによる分かりやすい説明で、必要性を認知してもらいます。

行動変容を促す資料の作成やコミュニケーションの図り方を学ぶ研修プログラムがおすすめです。

戦略的情報発信研修 自治体向け(1日間)
分かりやすい説明の仕方研修(1日間)


JA(信用事業・共済事業)職員向け研修ご検討のお客さまからのご質問

当組織の状況を踏まえたケーススタディは作れますか?

A.作成可能です。受講者が頭を悩ませがちなシーンや人事ご担当者さまが想定されている課題をご教示いただくことで、貴社オリジナルの「リアル」なケーススタディを作成できます。現場の実態に即したケースで演習を行うことで、普段困っていることやその解決策などについて受講者同士で考え、共有することができ、そのまま現場の実践につなげられるという、高い研修効果を発揮することが可能となります。

また、ケーススタディの作成にあたっては、受講される方々にあらかじめ事前課題アンケートを実施することを推奨いたします。受講者の悩みや課題を具体的にくみとり、ケーススタディやテキストの作成に反映することができるようになります。

業界出身の講師に研修を登壇してもらうことは可能ですか?

A.可能です。受講者さまの現場で感じるお悩みに、的確にアドバイスいたします。一方、業界特有の体質によらないフラットな目線で指導してほしいという組織さまもいらっしゃると思います。受講者さまへの研修効果が最も高まる講師をご提案いたします。

金融業界出身 講師一覧
保険業界出身 講師一覧

講師は、研修を通じて受講者さまの動機づけをし、学んだ知識を実践できるよう導くため、受講者と講師の「相性」は非常に重要です。まず基本的には、お客さまの業界や受講者さまの職種について理解の深い講師をご提案させていただきますが、そのほかにもご要望(一人ひとりに寄り添う姿勢で親しみを感じさせるタイプ、適切な距離を保ち厳しく指導するタイプ、冷静・ロジカルに話すタイプなど)がございましたら、ぜひお聞かせください。「先生」としてではなく、ビジネスパーソンとして「現場」での豊富な経験をもとに、受講者の皆さまの内なる力を引き出すファシリテーターとして、支援する「プロフェッショナル」な講師が多数在籍しております。いま、現場で苦労している受講者の皆さまと同じ目線に立ち、共感し、アドバイスや「ビジネスのコツ・勘所」なども合わせてお伝えできる、高い資質を持った講師ばかりですので、安心してご相談ください。

業務の関係でなかなか集合させることが難しいのですが、集合研修以外でおすすめの教育の手法はありますか?

A.一人ひとり個別に受講させてもよい研修であれば、異業種交流型の「公開講座」にご参加いただくのがおすすめです。全国の会場で、複数の開催日程からご希望に合うクラスを選択いただけます。一定の受講者数が見込める場合は、リクエストに応じて開催日程の追加も行います。

短時間で効率的に教育したいという場合にはeラーニングをおすすめしています。動画教育のプラットフォームも弊社にて開発していますので、あわせてご検討ください。

公開講座ラインナップ
動画百貨店 動画教材・eラーニング一覧

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

JA(信用事業・共済事業)職員向けおすすめプラン

窓口・電話応対などのCS調査から改善支援まで行うプラン

自組織の電話や窓口応対、接客の品質を独自の評価シートで、CSのプロが調査する。統計的な手法による分析で、必要な改善策を打ち出し、計画的に組織のCS向上を目指す

現場リーダー主体で組織のCSスキルを向上させるプラン

現場リーダーが組織を変革できるレベルまで、CSスキルや部下指導力を鍛える。さらに、マニュアルや映像教材の作成、現場調査も合わせ、組織の継続的なスキル強化をはかる

リスク管理のレベルを向上させタフな組織をつくるプラン

主に管理職を中心として、今の時代にそれぞれの立場で必要な「リスクマネジメントスキル」を習得してもらい、全社のリスク管理レベルの向上や業績の拡大、安定を目指す

JA(信用事業・共済事業)職員向け研修のおすすめ動画教材・eラーニング

JA(信用事業・共済事業)職員向け研修のご提供コンテンツ

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

おすすめリンク

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!