loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

プレゼンテーションスキル向上研修 リーダー向け編(2日間)

プレゼンテーションスキル向上研修 リーダー向け編(2日間)

リーダーの方のプレゼンテーションスキル向上を目指す

研修No.B PRS120-0500-3384

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層

・プレイヤーの時とは異なり、プレゼンテーションする機会が増えてきて、そのスキルを向上させたいリーダーの方

研修内容・特徴outline・feature

本研修は、社内でのプレゼンテーションの機会が増えてくるリーダーのプレゼンテーションスキル向上を目指す2日間の研修です。
リーダーになるとプレイヤーの時とは異なり、次にあげるような場面で、プレゼンテーションをすることが求められます。

・チームの代表として社内に発表する
・組織やチームの方針などを部下に伝える
・他部門との調整のために説明する

本プログラムでは、研修冒頭にて客観的に自身のプレゼンテーションを見ていただき、自分のクセ(強み・改善点)を把握し、何に留意してプレゼンテーションを改善していくかを考えていただきます。
2日目には、プレゼンテーション成功のための様々なコツをワークを通して練習していただきます。そのうえで、具体的なシーンを想定し、実際にプレゼンテーションを行っていただきます。

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.普段の自分のプレゼンテーションのクセを知る
    【ワーク①】選んだテーマについて1分間でプレゼンテーションを行う※ビデオ撮影
    【ワーク②】撮影したビデオを見て、自分の見た目、声・話し方を確認し、改善が必要だと感じたものをチェックシートに印をつける
    【ワーク③】お互いに改善できる点についてフィードバックしあう
講義
ワーク
  • 2.プレゼンテーションの前にリーダーに求められる役割とは
    (1)部下の意識を変える 
    (2)部下の業務遂行を支援する
    (3)未知の業務にチャレンジする
    (4)部下のモチベーションを高める
    (5)組織の接点となる
講義
  • 3.プレゼンテーションの目的を考える
    (1)プレゼンテーションに必要なもの
    ①伝える目的 ②伝える内容 
    ③伝える手段 ④伝える技術
    (2)プレゼンテーションを行う目的
    【ワーク】普段、自分が行うプレゼンテーションの目的を改めて考える
    (3)聞き手の心理を考える
    【ワーク】自分が普段の業務で担当するプレゼンテーションをひとつ選び、聞き手に抱かせたい心理と、その流れ、抱かせてはいけない心理を考える
講義
ワーク
  • 4.プレゼンテーションはわかりやすさが大切
    (1)最も聞き手に伝えたいメッセージから考える
    (2)メッセージを支える情報を洗い出す
    (3)伝える内容を整理する
    (4)内容を「大」・「中」・「小」で整理する
    (5)展開を考える
    【ワーク】伝えたい趣旨を踏まえて1分で説明する
    【参考①】イントロダクション~つかみは大事
    【参考②】締めくくり~メッセージを印象づけるクロージング
講義
ワーク
  • 5.プレゼンテーション資料作成のコツ
    (1)使用用途別に資料を作成する
    (2)「最低の資料」にしないために
    (3)資料作成のポイント
    (4)資料を使ったプレゼンテーションのコツ
講義
  • 6.プレゼンテーション成功のコツ
    (1)練習あるのみ!
    (2)プレゼンテーションを失敗に導くもの
    (3)さらに成功に近づけるために~チューニングを行う
    (4)姿勢・態度・表情
    (5)声について
    【ワーク】ペアになり、3歩、5歩、12歩離れて、お互いに「聞こえますか?」と声を掛け合い、どのくらいの声量で話すと、相手に十分聞こえるのか体感する
    (6)間(沈黙)の取り方
    (7)話すスピード
    【ワーク】300字を1分間で読み上げ、話す適切な速度を体感する
    (8)分かりやすい話し方のコツ
    【ワーク①】一文が長い文章をわかりやすいように短く区切り直し、声に出す
    【ワーク②】競合他社のプレスリリース内容を上司に口頭で報告する
    <設定>エレベーターの中で、上司が降りるまでの45秒間で報告する
    (9)相手への配慮を忘れない
    【ワーク】聞き手の属性に対して、プレゼンテーションを行う際に配慮すべきことを考える
講義
ワーク
  • 7.プレゼンテーション実践演習
    【ワーク①】1日目で気づいた自身のクセ等を踏まえて、実践演習で自分なりに気をつけることを宣言する
    【ワーク②】テーマを一つ選んで3分間のプレゼンテーションを行う
    <テーマ案①>対上司(役員)にチームで立案した企画をプレゼンし、承認を得る
    <テーマ案②>対他部署に少し負担がかかることを承知のうえで、協力を依頼し、快諾してもらう
    <テーマ案③>対部下にチームの目指すべき方向性をプレゼンし、士気を高める
ワーク
  • 8.まとめ
    【ワーク】今後、プレゼンする際に気をつけることを洗い出す

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2020年1月     9名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 様々なコミュニケーションの場をプレゼンテーションの場ととらえ、「聴き手の立場にたった」説明、資料作りに取り組んでいきたいです。
  • プレゼンテーションの様々なパターンを知ることができた。資料の組み立て方にDESC法やPREP法を活用したい。
  • 相手に情報を伝えるためにどうすればよいかのポイントがとてもわかりやすく、有益な研修だと思いました。

実施、実施対象
2019年11月     7名
業種
非営利団体・官公庁関連組織
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • イベントでのプレゼンテーションのみならず、上司への報告等の日々の業務でも活かしていきたいです。
  • プレゼンテーションに対して、苦手意識は感じていましたが、今日演習など通して、自分の課題がたくさん発見できました。普段の報告・連絡・相談や、会議での発言の際に今日学んだことを意識するようにしたいです。
  • 一人ずつを録画していただいて自分の映像を見ることで客観的な自己分析ができた。研修を受講できてよかった。

実施、実施対象
2019年4月     20名
業種
流通
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自分でも気づかない部分が多くあったので、客観的にみることができ良かったです。今後の改善につなげられればと思います。
  • 業務上、人前で話すことが多いため、事前準備(練習)を繰り返し行い身につけたい。
  • 今後社内報告など、プレゼンをする機会も増えるため、研修の中で出来なかった部分を改善したいと思います。

実施、実施対象
2019年1月     12名
業種
建設・プラント
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 実体験を踏まえた内容で大変分かりやすく、理解しやすい研修でした。実際の客先や部下に対して実施して、効果を確認してみたいと思います。
  • プレゼンテーションの品質向上と、部下と信頼関係を築いてより成長してもらう為のツールとして活かしていきます。
  • 普段、意識していない立ち居振る舞いやクセ等、客観的に見直せ、大変興味深い研修だった。

実施、実施対象
2018年9月     12名
業種
中央官庁・国家機関
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 相手が何を求めているかに応じて、見せ方や伝え方を変更して、目的を達していきます。
  • 日常業務でも、上司への報告・説明も小さなプレゼンだと思うので、積極的に使いたいです。
  • 実際にプレゼンをやってみて、良かったところはもちろん、悪かったところやクセの指摘があったので、次プレゼンする時には意識して修正できるようにして活かしていきたい。

開発者コメントcomment

リーダーになると、プレゼンテーションの機会が増えます。
また、プレゼンの相手も、上司(役員)や他部署、部下など、プレイヤーの時よりさらに幅広くなります。
今まで自己流でプレゼンをしていたという方は効果的なプレゼンスキルを学ぶことで、自分のスキルアップだけでなくリーダーとしてチームの成果を上げることにもつながります。

本研修では「リーダー向け」のプレゼンテーション研修として、プレゼンテーションの基本的スキルだけでなく、リーダーに求められる役割も併せて考えることができます。
自分の強みや改善点を把握し、より自分らしいプレゼンテーションを身に付けられると好評です。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

プレゼンテーション研修
年間総受講者数
10,704
内容をよく理解・理解
96.7
講師がとても良い・良い
96.1

※2019年4月~2020年3月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

人気研修で川柳 七一歳シルバー新入社員 銀子の一句

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!