外食業界向け研修 | 現場で使える研修ならインソース

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

外食業界向け研修

外食業界向け研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

外食業界を取り巻く環境や、人材育成の傾向

近年外食業界は大きくビジネスモデルを変革しなければならない状況に見舞われています。営業時間の短縮、席数削減などの制約によりこれまで通りの経営ができなくなり、雇用が維持できなくなる店舗や売上が立たず廃業になってしまう組織も少なくありません。

一方、テイクアウトやデリバリーなどのいわゆる「中食」需要がこれまでになく高まったことで、ここに新たなビジネスチャンスを見出し成功している組織もあります。今後は、外部環境の変化に柔軟に対応できる戦略策定と、それを実行できるフレキシブルマインドをもった従業員の育成、新技術の投入が必要です。

インソースでは、限られたマンパワーで店舗運営を可能にするスタッフ向け生産性向上研修、CS接遇研修をはじめとし、店長や複数店舗を束ねるスーパーバイザー・エリアマネジャー向けの研修なども得意としています。中長期的な人材採用・定着が難しいというお悩みに、多様なラインナップでサポートいたします。

外部環境の変化と、それに伴う内部環境の変化を冷静に見つめ、今後自組織がどのようにビジネスを展開していくべきかを考えるプログラムも人気です。


外食業界向け研修の特徴とポイント

若手のモチベーション向上

外食業界は若手の採用・育成と定着が難しい業界でもあります。空前の運営人材不足から一転し、来店客の激減で稼働できない日が続くと、意欲を失う、他責に陥る方も出てくるでしょう。

こういった状況の中では、それぞれが自分にできることを前向きに考え、主体的に取り組む姿勢が大切です。例えば、これまで忙しさのあまりしっかりとした教育ができていなかった調理ノウハウをマニュアル化する、改めてCS・接客についてチーム内で情報共有や勉強会の機会を作って考えてみるなど、「組織をより良くしていくための活動」に積極的に、かつ柔軟性をもって取り組んでもらうことが挙げられます。

言われたことだけを言われたとおりにできる人材ではなく、学んだことを自らさらに昇華させ、ストレスさえもやる気につなげられる自立人材を養成するプログラムも、インソースにお任せください。

新人フォロー研修~経験学習サイクルを回し「成長する新人」を目指す(1日間)
レジリエンス研修~しなやかにストレスと向き合い、回復力を身につける(1日間)
若手向け研修~主体的なパフォーマンスを発揮する編(1日間)

店長・総合職向けのマネジメント力向上

現場のメンバー全員に組織方針を浸透させるだけでなく、意見を吸い上げて本部と連携するなど、現場のマネジメント職の方は「板挟み」になることも少なくありません。また、人材不足も大きな課題です。短時間勤務のシニア・女性スタッフ、外国人スタッフの採用など、人材や雇用形態の多様化を推進しながら、誰もが生産性を上げられる運営方法を探り、メンバーが楽しく働き続けられる環境づくりに尽力していく必要があります。

店舗運営研修~店舗の数字をしくみで上げる編(1日間)
店長研修~店長の影響力を自覚し、働きがいのある店舗を作る編(1日間)
パート・アルバイト指導担当者向け研修~働きがいのある職場を作る編(1日間)
若手リーダー研修~年上のベテランスタッフを動かすコミュニケーション力(半日間)

外部環境の変化を受け止め、今後の戦略を考える

近年の「大勢のお客さまに来店いただけない」という、ビジネスモデルの根底を覆されるような課題を突き付けられた飲食業界は、突然その経営方針・事業形態を大きく変化せざるを得ない状況に追い込まれました。

とはいえ苦戦を強いられる組織の中でも冷静かつ広い視野で物事を考え、宅配ビジネスやお取り寄せ商品の開発にいち早く着手することができたところもあります。同様のビジネスが広がりライバル組織が現れたとしても負けない商材・サービスを展開し優位性を保ち続けられる組織こそが、今後再び経営環境が変わったときにも生き残れる店舗なのではないでしょうか。

これまでにない商品・サービスを平常時から常に、誰もが考えられるように、これまでにないアイディアを創出し続けられる素地があること、マーケティングの基本知識を有していることが重要です。もちろん単に企画するだけでなく、それを現場で実行できる推進力についても高めていくべきでしょう。

ポストコロナ・ウィズコロナ時代の経営戦略研修
ビジネスモデル企画研修(1日間)
トリプルシンキング研修 先の読めない時代に発想力を鍛える(1日間)


外食業界向け研修ご検討のお客さまからのご質問

当組織の状況を踏まえたケーススタディは作れますか?

A.作成可能です。受講者が頭を悩ませがちなシーンや人事ご担当者さまが想定されている課題をご教示いただくことで、貴社オリジナルの「リアル」なケーススタディを作成できます。現場の実態に即したケースで演習を行うことで、普段困っていることやその解決策などについて受講者同士で考え、共有することができ、そのまま現場の実践につなげられ、高い研修効果が見込まれます。

また、ケーススタディの作成にあたっては、受講される方々にあらかじめ事前課題アンケートを実施することを推奨いたします。受講者の悩みや課題を具体的にくみとり、ケーススタディやテキスト内に事例として組み入れることも可能です。

外食業界出身の講師に研修を登壇してもらうことは可能ですか?

A.可能です。現場でのお客様対応から、店舗マネジメントまで経験している講師の登壇が可能です。

外食(飲食)業界出身 講師一覧

講師は、研修を通じて受講者さまの動機づけをし、学んだ知識を実践できるよう導くため、受講者と講師の「相性」は非常に重要であると考えております。まず基本的にには、お客さまの業界や受講者さまの職種について理解の深い講師をご提案させていただきますが、そのほかにもご要望(一人ひとりに寄り添う姿勢で親しみを感じさせるタイプ、適切な距離を保ち厳しく指導するタイプ、冷静・ロジカルに話すタイプ、熱く語りかけるタイプなど)がございましたら、ぜひお聞かせください。弊社では、「先生」としてではなく、ビジネスパーソンとして「現場」での豊富な経験をもとに、受講者の皆さまの内なる力を引き出すファシリテーターとして、ご支援をいただける「プロフェッショナル」な講師が多数在籍しております。いま、現場で苦労している受講者の皆さまと同じ目線に立ち、共感し、基本的な「型」のみならず、アドバイスや「ビジネスのコツ・勘所」なども合わせてお伝えできる、高い資質を持った講師ばかりですので、安心してご相談ください。

業務の関係でなかなか集合させることが難しいのですが、集合研修以外でおすすめの教育の手法はありますか?

A.一人ひとり個別に受講させてもよい研修であれば、異業種交流型の「公開講座」にご参加いただくのがおすすめです。全国の会場で、複数の開催日程からご希望に合うクラスを選択いただけます。

短時間で効率的に教育したいという場合にはeラーニングをおすすめしています。動画教育のプラットフォームも弊社にて開発していますので、あわせてご検討ください。

公開講座ラインナップ
動画百貨店 動画教材・eラーニング一覧

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

外食業界向けおすすめプラン

毎月の店長研修で、責任者としてのスキルを強化するプラン

6ヶ月間にわたり、半日間の研修を毎月1回行う。店舗をあらゆる視点で強く活性化できるリーダーになるために、「売上管理」「指導」「問題解決」スキルなどを習得する

深く考え周囲を巻き込み企画を推進するリーダー育成プラン

1年間で「思考力」「企画・提案力」「周囲への説得力」をキーワードに4回の研修を実施し、周囲を巻き込んで主体的に企画を推進できるリーダーへとステップアップする

現場リーダー主体で組織のCSスキルを向上させるプラン

現場リーダーが組織を変革できるレベルまで、CSスキルや部下指導力を鍛える。さらに、マニュアルや映像教材の作成、現場調査も合わせ、組織の継続的なスキル強化をはかる

外食業界向け研修のおすすめ動画教材・eラーニング

外食業界向け研修のご提供コンテンツ

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

おすすめリンク

受講者の声

  • 知らなかったこと、わからなかったことをしっかり教えていただいて、とても自分のためになる時間だったと思います。今回教えていただいたことを、職場に出てからも生かすことが出来るように頑張りたいです。(新人向けビジネス基礎
  • 自身の考え方や視点を変えて、相手の立場になることでまた新たに目標をもつことができました。部下に対する教育方法や接することの大切さなども今後活かしていきたいです。(店長パワーアップ
  • 指示の出し方など、自分は気をつけているつもりだったが、足りないところが明確になった。指示の出し方、コミュニケーションの仕方を改善し、働きやすい環境にしていこうと思います。(部下とのコミュニケーション
  • 自分なりにポイントをまとめ、クライアントとの打ち合わせ等で今回学んだヒアリング力、相手の立場にたったプレゼンを意識して頑張ります。(営業基礎
  • 「人に伝える」という伝え方を意識しながら、お互いが良い関係で意見を言い合える店舗にしたいと思います。(アサーティブコミュニケーション
  • お問合せ

    インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
    まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

    ×閉じる

    研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!