外食業界向け研修

外食業界向け研修

研修の目的・特徴

人手不足を解消し、人材の定着率を高める

外部環境による影響として、まず挙げられるのが人手不足です。採用コストや人件費は大きな課題となっています。常に新しい人材が職場に入ってくる中で、正社員は比較的若い年齢の頃から「指導者」としての役回りを求められることになります。そのため、部下指導スキルやコミュニケーションスキルの向上が欠かせません。スタッフにやりがいを持たせることや、多様な人材をマネジメントするためのマニュアルづくりなどが、戦略的に行われることが求められます。

育成とマネジメントスキルの必要性

従業員の9割がパートタイマーであり、指導育成は社内研修やOJTで行うことが通例です。しかし、流動性が高いためスキルの蓄積は困難で、小店舗・他拠点で管理や教育が行き届きにくくなっています。人手不足により外国人労働者、シニアパートが増加していますが、留学生への心配りや、シニアへの健康配慮も課題の1つです。多様なパートタイマ―の育成は店長やマネージャーあるいはスーパーバイザーとしての役割が担うことが多く、チェーン店としての統一化された品質を維持すべく、スタッフ指導や店舗マネジメントのスキルを身につけることが求められます。

コト消費を目指して

その店舗独自の立地やターゲット、シーンに合わせた柔軟な対応策・企画発案力が求められます。インバウンドのニーズである「体験型」や「観光型」の「コト消費」に需要があります。
また、日本の文化としての和食を海外へ展開する、など新しい外食産業のあり方が求められています。

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

この業界で実施されている研修ランキング

※過去3年間の実施数を元にしております

{{heading}}のカリキュラムを選ぶ

本研修のカリキュラムを選ぶ

外食業界向け研修のご提供コンテンツ

■階層別おすすめ研修① 店長向け

店長は人だけでなく、店舗の数字を管理する力も求められます。店舗運営に関わる知識やスキルと、店舗の「経営者」としての「才覚」も欠かせません。マニュアル通り、本部に言われた通りの店舗運営から一歩成長するためのスキルの習得も求められます。
また、店舗を運営していれば、お客さまからのクレームや従業員のトラブルといった問題に必ず遭遇します。そういったことを未然に防ぎ、また、起きた際にはどう対処すべきか知っておくことが必要不可欠です。

■階層別おすすめ研修② スタッフ向け

働きやすい職場を構築するためのワークショップを主体とした研修です。ゲーム感覚でチームの一体感を育てる研修や、OJT担当者として部下のスタッフを育てる知識を学べます。顧客対応の「質」を高めるための映像活用研修もおすすめです。

■階層別おすすめ研修③ 本部スタッフ向け

オーダーのIT化などにより、顧客のニーズをビッグデータとして取り入れやすい業界です。ユーザーのアクセスしたデータから、新しいアイデアが生まれます。新商品の開発などに役立つ、「考える力」を学び、企画力を育てます。

■注目のテーマ① ~人材の定着率を高める

女性差別・外国人差別など、あってはならないハラスメントの防止策を考え、多様な人材に気持ちよく働いてもらえるにはどうしたらよいかを学びます。人手不足の現在、多様な働き方を認めた働き方改革が必要です。

■注目のテーマ② ~インバウンド対策を考える

ますます増加する外国人観光客向けの接客について学びます。言語の壁を乗り越えたホスピタリティやCSの実現で、選んでもらえる店舗を目指します。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①その他お問合せ→②を選択してください



×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!