insource

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
58,332
開催数※1
8,445
講座数※2
2,859
WEBinsource
ご利用社数※2
13,492

※1 2019年10月~2020年9月

※2 2020年9月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧

メールマガジンのご登録

loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

オンライン公開講座

来場型研修の実施が難しい時期が続き、改めてITスキルの充実を図りたいというご要望が出てきております。そこで、今回来場型IT研修を、7月から8月にかけて実施することといたしました。それぞれの研修は、独立して受講できますので強化したいスキルを選択して受講することが可能です。

受講対象者は、新人とは限定せずに実施しますので、すでにご入社されてご活躍いただいている方々にもご受講いただけます。今回実施するのは、下記7研修です。

来場型IT研修の3つの特徴

来場型研修のため、直接目の前で講師がフォローできる

オンライン研修では、受講者の理解度等についてPC画面を見て把握することがなかなか難しいです。しかし、来場型研修であれば受講者の画面を講師が確認し、直接フォローをすることが可能となります。

ITスキルだけではなく、リアルにどう活用するかについてもフォロー

テキストに基づいて研修を進めてまいりますが、実際に現場ではどのようなことを意識するとよいかなどテキスト以外の話も講師からはいたします。それぞれの現場で数多くの苦労を経験してきた講師だからこそ、お伝えできる内容も盛りだくさんです。

PCやテキスト等が会場に準備されていて、手ぶらで参加できる

研修で使用するPCやテキスト(市販教材含む)については、すべて弊社でご用意いたします。そのため、受講される皆様は何も特に機材等ご用意なくご参加いただけます。使用したテキスト(市販教材含む)は、受講後お持ち帰りできますので研修後の復習にもご活用いただけます。

想定対象者

・システムエンジニアに職種転換された方
・まだシステムエンジニアになってからの経験が浅い方
・各研修テーマの基本知識を身につけたい方


※プログラミング(Java)基礎のみ、前提知識として独力でアルゴリズムを組み立てられるレベルの知識を身につけている方を対象といたします

研修内容・到達目標

【1】コンピューター・ネットワーク基礎(4日間)

◆到達目標

・ハードウェアの構成要素(CPU、メモリなど)の仕組みや役割を説明できるようになる
・コンピュータで扱うデータの表現方式や計算を説明できるようになる
・CPUの仕組みや役割を説明できるようになる
・コンピュータシステムの構成について説明できるようになる
・インターネットに何故つながるかを技術的側面から説明できるようになる
・OSI参照モデルと、それに対応するプロトコル・機器が説明できるようになる

研修のカリキュラムや詳細はこちら

◆開催日程・お申込み


【2】データベース基礎(2日間)

◆到達目標

・データベースを利用するメリットを理解する
・基本的なSQL文を使用して、リレーショナルデータベースを操作することができるようになる

研修のカリキュラムや詳細はこちら

◆開催日程・お申込み




【3】アルゴリズム基礎(2日間)

◆到達目標

・プログラミングの基本的な考え方を理解する
・自分以外にもわかりやすい流れ図が描けるようになる

研修のカリキュラムや詳細はこちら

◆開催日程・お申込み

【4】HTML/CSS/JavaScript(4日間)

◆到達目標

・ウェブサイト、HTML/CSSの基本構造を理解する
・入力フォームのあるウェブページを作成できる
・JavaScript文法について理解する
・代表的なJavaScriptライブラリである「jQuery」と「Ajax」についての知識を得る

研修のカリキュラムや詳細はこちら

◆開催日程・お申込み

【5】プログラミング(Java)基礎(8日間)

◆到達目標

・Java の基本的な文法を理解する
・オブジェクト指向プログラミングの考え方を理解する

研修のカリキュラムや詳細はこちら

◆開催日程・お申込み

【6】WEBアプリケーション・セキュリティ技術研修(6日間)

◆到達目標

・ウェブアプリケーションの基本構造を理解する
・JDBCを利用してデータベースと連携させることができるようになる
・サーブレットとJSPを利用したウェブアプリケーションを作成することができるようになる

研修のカリキュラムや詳細はこちら

◆開催日程・お申込み

【7】Java・システム開発演習(11日間)

◆到達目標

・システム・アプリケーション開発の一連の工程を理解する
・チームで開発をするために気をつけるべきことを理解する
・設定したスケジュールに沿った開発をすることができるようになる

研修のカリキュラムや詳細はこちら

◆開催日程・お申込み

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

フリーダイヤル0120-800-225

メールでの
お問合せ

お知らせ

ダウンロード

公開講座コンテンツ
(公開講座通信)DL

公開講座コースマップDL

年間スケジュール一覧DL

おすすめリンク

人財育成スマートパック デジタル人材養成講座 内定者オンラインセミナー アクティブマンデー インソースの営業研修 KIYOラーニング 公開講座通信

申込者数人気ランキング

※直近1ヶ月