insource

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
58,332
開催数※1
8,445
講座数※2
2,859
WEBinsource
ご利用社数※2
13,492

※1 2019年10月~2020年9月

※2 2020年9月末時点

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧

メールマガジンのご登録

loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

4月開催研修の申込ランキング~スキル編

4月開催研修で申込数ランキングです。スキル編として10研修ご紹介いたします。定番講座の中でも、若手・中堅の方のスキルアップに人気が集まっています。 新年度には新入社員研修とあわせて多くのスキルアップ講座を開催しております。新年度のスタートダッシュとして検討されているテーマがございましたら、以下に企画者のコメントを載せております。気になるものがございましたら、ぜひお気軽にご相談くださいませ!

※2021年3月31日時点の申込みデータより(オンライン・来場型含む)

人気ランキング Best10

第1位「ロジカルシンキング研修」

◆研修内容
「ロジカル(論理的)である」ということは、筋道が通っていて、矛盾がないことを指します。あいまいな表現を避け、相手の立場に立ったわかりやすいコミュニケーションをすることはビジネスにおいて非常に重要です。 本研修では、ロジカルシンキングのフレームを学ぶだけでなく、思考法を実際にビジネスの現場で使えるようになっていただきます。また、ワークは具体的かつ身近なテーマで構成されており、研修が進むにつれて無理なくロジカルシンキングを身につけることができます。


◆企画者コメント
「ロジカルシンキング」の手法を習得するにあたり、"用語が難しく頭に入りにくい"という問題があります。本研修では理解を高めるために、一つ一つの手法について、ビジネスでよくある具体的事例を用いながら、わかりやすい言葉で解説します。

第2位「分かりやすい説明の仕方研修」

◆研修内容
分かりやすい話し方には、型があります。分かりやすくなる構造を理解すれば、誰でも「言いたいことを簡潔に、相手に分かりやすく説明する」ことができます。本研修ではまず論理的思考を鍛えます。話の構造を視覚化することにより、「分かりにくい話」と「分かりやすい話」の違いを理解いただきます。また、現場で使えるようにワークも充実させています。


◆企画者コメント
「報告・連絡・相談」や「説明」に苦手意識をお持ちの方の多くが、話の要点がまとまっていないことに原因があります。本講座では、話の構成方法の座学と実践ワークの繰り返し行うことで、話し方が受講前とは見違えるほどに上達いたします。

第3位「クリティカルシンキング研修~本質を見抜く力を養う」

◆研修内容
クリティカルシンキングを身につけることで、物事を鵜呑みにしない視点や、情報を正しく取捨選択する分析力など、ビジネスパーソン必須スキルのレベルアップにつながります。本研修では、クリティカルシンキングの基本的な考え方と手順を学び、物事をありのまま受け入れるのではなく、現状を「疑う」思考方法を、演習を通じて実践していきます。


◆企画者コメント
クリティカルシンキングとは、子どものように「なぜ?」「どうして?」「本当に?」という物事の本質を問う視点を持つことです。「疑う」視点を身につけることで、効果の高いアプローチで、効率的に、最適な結論にたどり着くことができるようになります。本研修では、身近なビジネスシーンをテーマにした演習を行いながら思考力を鍛えていきますので、誰でも無理なく「疑う」力を鍛えることができます。

第4位「タイムマネジメント研修~仕事を効率的に進めるための時間管理を学ぶ」

◆研修内容
限られた時間の中で業務効率を高め最大限の成果を上げるための方法を、PDCAサイクルに沿って習得する研修です。1日のスケジュールを振り返ることで自身のワークスタイルを分析し、現在の課題をご認識いただきます。そして業務を効率的に遂行するための計画の立て方、優先順位のつけ方、効率の良い仕事の仕方を習得いただきます。


◆企画者コメント
「仕事がたくさん積まれているのに残業時間が制限され、時間が足りない」といったお悩みをよくお伺いします。本研修には効率的に仕事を行うためのノウハウがつまっています。ぜひご自身の時間の使い方を見直す機会としていただけたらと思います。

第5位「コーチング研修~部下の主体性を引き出すスキルを習得する」

◆研修内容
ティーチングの目的が、基本的な知識や技能を教え込むこととするのであれば、コーチングの目的は、それぞれが持っている能力ややる気、強みを引き出すことです。部下のやる気を引き出すのに欠かせない「傾聴」「質問」「承認」の3つのスキルを身につけることに力点を置いています。座学で学んだ後、ケースごとのロールプレイングを行い、コーチングスキルの定着を図ります。


◆企画者コメント
コーチングとは、上司とのコミュニケーションを通じて、部下に「気づき」を与え、「動機」を引き出す技術です。それがひいては「主体性」を高めることにつながっていきます。部下の意欲や主体性を引き出すことができれば、組織力や生産性の向上につながります。人材が多様化する時代において、組織やチームのパフォーマンスを最大化させる「引き出す」スキルとして、管理職やリーダーの方におすすめです。

第6位「問題解決研修~ビジネス上の問題を解決する」

◆企画者コメント
問題とは、「あるべき姿」と「現状」のギャップです。誰もが主体的に問題を発見し、次々に解決していけば、職場環境が良くなり業務効率が向上します。もし、問題意識が低く、解決できずに山積されたら......と考えると働く意欲が下がります。 問題解決力とは仕事力そのものです。問題解決の流れを身につけ、PDCAサイクルで改善活動を回すことは、必ず個人の意欲向上と組織の活性化につながります。

第7位「アサーティブコミュニケーション研修」

◆企画者コメント
アサーティブコミュニケーションとは何かを理解し、習得することで、コミュニケーションに対するストレスを軽減してもらいたいという思いで作成したカリキュラムです。職場でのコミュニケーションに積極的に参加すると、充実した仕事ができるようになります。するとコミュニケーションをとることが楽しくなり、自分に自信がつき、さらに仕事が充実し、良い流れが生まれます。

第8位「Microsoft Office研修~Excel応用編」

◆企画者コメント
本研修はエクセルの基本知識がある方に、応用的なスキル学んでいただくことを想定しております。 エクセルスキルの向上は「顧客の分析データの作成」や「社内の財務数字の整理」、「個人・チームのタスク管理表の作成」などの効率化につながります。 受講を通じて、現場で実用できるスキルを一つでも多く身につけていただければ幸いです。

第9位「論理的で分かりやすい文書の書き方研修」

◆企画者コメント
ビジネス文書には型があり、まずは型を覚えることが上達の近道です。次に、構造化という視点で文書を分解、組み立てていくことで、文書の骨子がはっきりとした論理立てた文書を書くことができます。本研修では、各章ごとに演習を行いますので、ビジネス文書に苦手意識のある方でも確実にスキルアップしていただける研修になっています。

第10位「仕事の生産性向上研修~「デキる人」に共通する考え方や行動を取り入れる」

◆企画者コメント
この研修は、いわゆる「デキる人」が共通して持っている、仕事に対する考え方や行動を紹介し、止めるべきことを明確にし、マネできるところは積極的に取り入れていただくことで、今よりも少しでも自身の仕事の生産性向上を図っていただけるように企画した「実践的プログラム」となっています。

関連リンク

その他ランキングはこちら「公開講座 人気ランキング集」

研修を探すならこちら「公開講座 テーマで探す」

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

フリーダイヤル0120-800-225

メールでの
お問合せ

オンライン公開講座 申込~受講の流れ 公開講座 新人研修2021

お知らせ

ダウンロード

公開講座コンテンツ
(公開講座通信)DL

公開講座コースマップDL

年間スケジュール一覧DL

おすすめリンク

人財育成スマートパック CEO・CFOゼミ オンライン階層別研修 デジタル人材養成講座 IT研修ラインナップ 職種別研修ラインナップ インソースの営業研修 KIYOラーニング 公開講座人気ランキング集 公開講座通信

申込者数人気ランキング

※直近1ヶ月