insource

出張開催
公開講座の年間実績
受講者数※1
62,700
開催数※1
8,158
講座数※2
2,504
インソースの実績
総受講者数※1
51.6
お取引先数※3
27,097
  • ※1 2018年4月~2019年3月
  • ※2 2019年3月末時点
  • ※3 2003年6月から2017年3月までに
      当社サービスをご利用いただいた
      お取引先累計
インソースのサービス情報配信
(無料)

下記情報を無料で配信中

無料セミナー、新作研修、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツ

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

登録はこちら

特集 元メガバンク経営企画部長が登壇する研修

概要

上級管理職と役員のキャリアは連続していません。

それぞれ何を求められているのかを知り、そのための考え方とスキルを身につける、成果を出す必要があります。

上級管理職と役員が組織から求められる役割はそれぞれ異なります。

しかし、現場でそれを明確に意識し、それを踏まえた行動ができている人はなかなかいません。

例えば、役員がやることのひとつは「事業についての外部環境をチェックすること」であり、それにより事業のポートフォリオを考え、働くための資源を調達・分配することです。

一方、上級管理職がやるべきは、「目の前の業績目標を達成すること」であり、徹底的にPDCAを回し続ける必要があります。

私の研修では、これらのポイントを具体的な行動レベルで、分かりやすくお伝えします。

講師紹介

安藤弘一講師
安藤 弘一
Ando Hirokazu
学歴
  • ・東京工業大学大学院卒
  • ・米国 カーネギーメロン大学大学院卒 MBA取得
経歴
  • ・1978年 三和銀行(現、三菱UFJ銀行)入行
  • ・2001年 同行 執行役員 人事部長に就任
  • ・2002年 UFJホールディングス(現、三菱UFJフィナンシャル・グループ)執行役員 経営企画部長
  • ・2003年 コスモ石油 常勤監査役
  • ・2019年現在 沖縄銀行 社外監査役、インソース エグゼクティブアドバイザー

コメント

経営幹部養成講座を担当。会社の"持続的成長"を確保するための力とは何か?この力を攻めと守りの両面から解きほぐし、その鍛え方を伝授する。豊富な実務経験をベースに会社の 目的達成に直結した経営幹部養成プログラムは経営幹部・受講者から高い評価を得ている。

過去の実績

  • 銀行時代は、今から20年も前にフィンテックの重要性を指摘し、消費と金融の融合に先鞭を付ける(下記、98年論文参照)。
  • 石油時代は、リスク管理の強化に積極的に貢献。この点も踏まえて執筆した「社外取締役を含めた企業統治の在り方」は日本監査役協会最優秀論文受賞。
  • 人材育成はライフワーク(著書、論文実績豊富)。経営者養成は課長時代から始める、が持論。

主な著書

  • 『勝ち続ける課長はどこで努力しているか?』
  • 『新時代を生きる自分力の磨き方―目指せ!「できる人」』
  • 〈以下、論文〉
  • 『電網銀行への挑戦~消費と融合させたゲートウェイを構築する』(金融財政事情 98年11月号)
  • 『社外取締役を含めた企業統治の在り方』  (月刊 監査役 14年09月号)

研修プログラム

  • (半日研修)PDCA上級研修

    管理職の使命である、部署の目標を達せするための「PDCAの回し方」を軸足においた内容の研修です。

    PDCAを上手く回すためにはやり方を知っている必要があり、上手くいかない理由とその対処法も知っておくべきです。

  • (半日研修)管理職研修
    ~役員が管理職に求める視座とは

    管理職が求められていることは、担当している事業のPDCAを回すことです。

    一方で、上司である役員が事業の方向性を考えるための必要な情報を、上司に上げ続ける必要もあります。

    本研修では上記の両方の考え方を身につけていただけるように説明します。

  • (半日研修)役員・部長級研修
    ~会社が役員・部長級管理職に求める視点

    役員に求められていることは、「事業に関わる外部環境」をチェックして、働く資源や事業ポートフォリオを考えることです。

    そのために求められていることを本研修で分かりやすく説明します。

その他のテーマ

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

お知らせ

リクエスト開催
役員向け企業交流型サロン「オープンボード」 新人2020 安藤講師特集 ラテラルシンキング研修 KIYOラーニング インソースの営業研修 連休企画

申込者数人気ランキング

※直近1ヶ月