insource

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
58,332
開催数※1
8,445
講座数※2
2,859
WEBinsource
ご利用社数※2
13,492

※1 2019年10月~2020年9月

※2 2020年9月末時点

研修を探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
開催地で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧

メールマガジンのご登録

loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

公開講座を使った研修体系の導入・見直し

Case6. 選抜型のエリート教育として

次期リーダー候補を選抜し、外部から刺激を得られる場で、問題解決力を強化

お客さま
  • F社(IT業界)
  • 従業員数:約500名
  • 拠点:大阪、神戸、滋賀
現状・課題
  • 若手のうちからリーダー候補を育てるべく、選抜型のエリート教育を導入することになった
  • 選抜者の人数が少なく、集合研修を実施できない
結果

公開講座を利用したことで、

  • 身につけてほしいスキルに対応した講座があり、選抜者のスキルアップを実現した
  • 選抜者にとっては、外部(講師や他の受講生)から刺激を受ける良い機会にもなった
ご利用
サービス

どの対象者に、どの講座を受けてもらうか、講座の選定もサポートいたします

選抜型のエリート教育を導入するにあたり、「社内には、選抜対象外の社員もおり、大々的に研修を実施することは難しい」というお悩みをよく伺います。外部研修を利用すると、選抜対象外の社員のモチベーションを落とすことなく、教育を実施することができます。

F社 次期リーダー向け 問題解決力強化プログラム例

次期リーダーに求められる「問題解決力」を強化するために、以下のプログラムをご受講いただきました。

問題解決力強化プログラム

公開講座の特徴 ~外部からの刺激が得られる

多くの方に、公開講座を「幅広い視点を得てほしい」「自社以外の同年代の考え方を知ってほしい」など、異業種・他社との交流も1つの目的として、ご利用いただいております。インソースの公開講座では、受講生への「刺激を与える」以下の特徴がございます。

プログラム内容 ~グループワークやケーススタディなどの演習中心

グループワーク

講義:演習(実習)=4:6の割合で、演習(実習)中心で研修を構成し、受講者さまご自身の気づきを大切にしています。また、受講者同士でのディスカッションの時間や講師からのフィードバックの時間を多く設けています。

講師 ~経験豊富な40~50代が、研修内で実体験を語ります

講師

講師は、ビジネス経験豊富で脂がのっている40~50代が中心です。受講者の方とのギャップも少なく、勢いも負けません。研修では講師が、自らの実体験に基づいて講義を進めます。受講者が現場を意識しやすく、かつ「身につまされる」研修内容となっています。

関連無料セミナー:公開講座を活用した研修体系構築セミナー

本セミナーでは、弊社公開講座の特徴を活かした、効率的かつ効果の高い研修体系の構築の仕方を紹介いたします。公開講座の特徴は、「全国展開」と「豊富なラインナップ」です。
それの特徴を活用することで「近くの会場で、自分に合った研修を選ぶ」といった、研修体系づくりが可能になります。また、アセスメントサービスを組み合わせた、社員1人ひとりの課題に合わせた研修計画づくりもご提案いたします。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

フリーダイヤル0120-800-225

メールでの
お問合せ

お知らせ

ダウンロード

公開講座コンテンツ
(公開講座通信)DL

公開講座コースマップDL

年間スケジュール一覧DL

おすすめリンク

人財育成スマートパック AIストア デジタル人材養成講座 内定者オンラインセミナー アクティブマンデー インソースの営業研修 KIYOラーニング 公開講座通信

申込者数人気ランキング

※直近1ヶ月

拡大画面を閉じる