loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

新任次長研修~全体最適の調和力

管理職

新任次長研修~全体最適の調和力

現場のリスクを管理し、組織全体を見ていく役割を担う

No. 3230500 9904077

対象者

  • 管理職

・次長級に昇任・昇格されたばかりの方、これから昇任・昇格される方
・次長になってから日が浅く、基本的なことを学びたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 昇任・昇格を機に、新たな心構えで仕事に臨んでほしい
  • 次長としての仕事のスキル全般を身につけてほしい
  • リスク管理、業務改善など新任次長としての基本を学びたい

研修内容・特徴outline・feature

本研修は新たに次長級に昇任・昇格された方向けの研修です。役職が変わるタイミングは、仕事に対する心構えを改め、新しい役職として仕事を全うするべく、自身の仕事の仕方を見直すよい機会となります。
本研修では、次長の仕事とは何か、次長の振る舞い、考え方を伝えることで意識の変革をはかり、今後次長として仕事をしていくうえでの基本を学んでいただく研修です。
次長の仕事はリスク管理の要として、現場を全体を見ながら自部署を円滑に運営していくことです。多くのスキルが必要となり、組織のパイプ役となる機会も増えます。リスク管理、業務改善、調整のポイントを網羅し、現場に戻ってから自信をもって業務に取り組んでいただきます。

>>新任研修シリーズの「全ラインナップ」はこちら

到達目標goal

  • ①次長としての心構え、振る舞いを知る
  • ②自部署を動かすための管理の仕方、リスク管理の方法を理解する
  • ③業務改善を通じた生産性向上の仕方を考える
  • ④組織の調整役としてのポイントを学ぶ

研修プログラムprogram

内容
手法
  • 1.次長に求められる役割
    【ワーク】次長の仕事とは何か改めて考える
    (1)次長の仕事とは~リスク管理の要でもあり組織でのパイプ役
     ①リスク管理の要②組織全体を円滑に運用する③組織内での調整役
    (2)次長としての振る舞い
     ①管理職として「偉く」ふるまう~自身のブランディング
      ・見た目が相手に与える印象を変える
      ・話し方や言葉遣いで自身を演出する
     ②これまでのルールを破る~自ら行動する
      ・万人に好かれようとしない・周囲に同調しすぎない 
      ・自らルールをつくる
     ③率先垂範~自ら先頭に立って行うことで部下の信頼を得る
     ④平常心~部下をを叱りたくなったら1分待つ
     ⑤責任感~逃げずにやり遂げる
     ⑥無私~部下を尊敬するところから始める
     ⑦粘り強く逃げない姿勢~成功まであきらめない
    (3)次長としての考え方
     ①人としてのあり方~高い倫理観の必要性
     ②逆算思考
    (4)計画の必要性~週・月・年間の予定を見据える
    【ワーク】本章をふまえ、自身の考え方や振る舞いで変えていきたい点を考える
講義
ワーク
  • 2.組織全体の計画を把握し、管理する
    (1)スケジュールの把握
    (2)お金の流れの把握
    (3)部門での数字を把握しておく
    (4)数字で管理し、PDCAを回す
講義
  • 3.リスク管理の要として動く
    (1)次長の仕事として重要なリスク管理
    (2)ミスを放置するとどうなるか
    (3)重要となる次長の日常のリスク管理
    (4)ヒヤリハットを業務改善や新しいチャレンジにつなげる
    【ワーク】最近のヒヤリハットから大きなリスクにつながるものを洗い出す
講義
ワーク
  • 4.業務改善を通じて生産性を上げる
    (1)業務改善の基本
    (2)業務改善の手順
    (3)改善対象の見つけ方
    (4)改善の実現方法を考える~「はじめ」と「終わり(ゴール)」について
    (5)対策をチェックする5つの判断ポイント
    (6)改善を定着させる
    【ワーク①】「なぜなぜ分析」で自部署の業務改善が必要な問題を分析する
    【ワーク②】ワーク①で分析した業務改善が必要な問題の改善目標を立ててみる
講義
ワーク
  • 5.業務が上手く回るように調整する
    (1)調整役だからこそ重要になる人としての「格」
    (2)組織内のパイプ役としての役割
     ①上司②部下③他部署
    (3)具体的な調整の仕方
    【ケーススタディ】業務を進めるにあたり発生した意見の対立の調整を行う
講義
ワーク
  • 6.まとめ
ワーク

企画者コメントcomment

新しい役職への昇任・昇格は社会人人生にとっても転機となります。次長というポジションは管理職として、自部署のリスクを把握し、円滑に運用していくための重要なポジションです。次長として、心構えを新たにし、自身の立場でどのように高い成果をあげていくか、特に重要となるリスク管理や業務改善の仕方だけでなく、組織の調整役としての仕事の仕方などケーススタディや演習を用いて、考えていきます。新しい役職にあたり、幅広くスキルを身につけ、今後の飛躍につなげていただく内容として企画しました。

スケジュール・お申込み
(オンライン/セミナールーム開催)schedule・application

オンライン開催

セミナールーム開催

注意事項

  • 同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • 会場やお申込み状況により、事前告知なく日程を削除させていただくことがあります
  • カリキュラムは一部変更となる可能性があります。大幅な変更の際は、申込ご担当者さまへご連絡いたします。

事前のご案内

受講できそうな日時がない… 日程を増やしてほしい… 
そんな時には「研修リクエスト」

研修リクエストサービス

「研修リクエスト」とは、お客さまのご希望の日程、内容、会場で、1名さまから インソースの公開講座を追加設定するサービスです。 サービスの詳細や、リクエスト方法はこちらをご確認ください。

※受講者数1名以上の場合から、リクエストを受け付けております

※ご連絡いただいてから研修実施まで、通常2か月程度かかります(2か月以内での急ぎの実施も、ご相談可能です)

受講者の評価evaluation

実施、実施対象
2023年12月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 全体最適の視点で会社の業務改善をすすめ、生産性をあげたり日頃の業務がスムーズに回るように活動していきたい。
  • 「ミスは人のせいではなく仕組みのせい」「なぜその手段でするのか」という2点が興味深い言葉となった。業務改善、人材育成、コスト管理、リスク管理等の意識を徹底し、日々の具体的業務に反映させていきたい。

実施、実施対象
2023年7月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 次長としての心構えを持ちつつ、部下、同僚とコミュニケーションをとる。また、数字、人材など、マネジメントを意識する。
  • 自社では教育してくれない「次長」としての役割を教えていただいたことにより、より明確にやるべきことが理解できたと思います。特に「部門間のパイプ役」ということを意識して活かします。
  • 調整が必要な場面は多々発生していますので、そこの間に立って、パイプ役としてそれぞれの納得を得られるように努めるようにします。
  • 今後の業務では、部門間調整時の事前準備や、勇気を持って言い切ること、決断することを実践する。適宜、考える時間やロールプレイングの時間があり、一方通行の講義ではなかったことがとてもよかった。
  • ヒヤリハットを通常業務の改善に活用できるようにしたいです。また、気付きから打上げのシステム作りを実施します。

お問合せ・ご質問

よくいただくご質問~お申込み方法や当日までの準備物など、公開講座について詳しくご説明

最新作・ニュース

新卒採用募集中
ページトップへ
年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

同ジャンルの研修を探す

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

コンテンツクリエイターズワークス

生理の貧困対策支援PJ(企業向け)全力Q&A

生理の貧困対策支援PJ(自治体向け)全力Q&A

生理の貧困対策支援PJ自治体のお声

  • WEBins
  • モンシャン

公開講座からの新着メッセージ


    直近の公開講座開催研修