insource

出張開催
公開講座の年間実績
受講者数※1
42,828
開催数※1
5,562
講座数※2
1,828種類
インソースの実績
総受講者数※1
41.5万人
お取引先数※3
21,006
  • ※1 2016年10月~2017年9月
  • ※2 2017年9月末時点
  • ※3 2003年6月から2017年3月までに
      当社サービスをご利用いただいた
      お取引先累計
インソースのサービス情報配信
(無料)

下記情報を無料で配信中

無料セミナー、新作研修、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツ

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

登録はこちら

入社直後には、研修で社会人としての"いろは"をしっかりと学んできたはずなのに、新人たちの動きが
今ひとつ冴えない。配属されてきた新人に対して、そんな印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか。 もとより、集合研修で学ぶことは、基本的な知識や心構えが中心であるため、より実践的なスキルについては、現場でのOJTを通じて身に付けさせていくことが欠かせません。

とはいえ、先輩社員も新人教育にだけ専念していればいいわけではなく、「せめて、このくらいの知識だけは身に付けておいてくれよ」と思うこともきっとあるでしょう。

そこで、配属後のこの時期に、あらためて新人に個別に受けさせておきたい、「基本的かつ実践的なビジネススキル」のための公開講座をご紹介いたします。

お客さま対応を想定した実践的ビジネスマナー

社会人としての一般的なビジネスマナーは学んでいても、実際にお客さまを前にしての実践的なビジネスマナーについては、十分に身に付いていない人も多いはずです。経験の少ない新人にとって、 具体的なシチュエーションを想定して組み立てられたビジネスマナー研修を通じた反復練習が、不安な気持ちでお客さまを前にした新人の皆さんに、きっと自信を与えてくれるはずです。


電話取りが怖くなくなる電話応対スキル

物心ついたころから携帯でしか電話でのやり取りをしたことがない新人たちにとって、社内外のあらゆるところからかかってくる電話を取ることは、想像以上にハードルが高いもの。頭でわかっていても、いざ電話のベルが鳴ると体がこわばって動けない、ということにならないよう、これもパターンごとの反復練習で慣らしておくことが有効です。


実務レベルで使えるパソコンスキル

スマホ世代の新人にとって、社会人になって初めてパソコンを使うという人も少なくありません。仕事における情報リテラシーのベースとなるMicrosoft Officeについては、現時点での習熟度の高低の如何を問わず、 一度きちんと学ばせたうえで実務デビューをさせることをお勧めいたします。


社会人として恥ずかしくないメールの書き方

SNSを通じた仲間同士でのやり取りには長けたいまどきの新人ですが、やはりビジネスの場でのメールのやり取りにおいては一度しっかりと基本を学ばせておきたいものです。メール文書の書き方はもちろんのこと、CCやBCCの宛先の使い方など、 メールソフトを通じたやり取りにおけるマナーや注意点についても、この機会にしっかりと理解してもらいましょう。


安心して仕事を任せるための報・連・相

チームで仕事をする上で欠かせないのが、仕事の進捗における上司・先輩への「報告、連絡、相談」です。この仕事の基本ともいえるホウ・レン・ソウの重要性を教わる機会がまさにOJTなのですが、 その前提となる知識や心構えをあらかじめ研修で身につけておくことで、現場での実践力が大きく違ってきます。


◆新人レベルアップ研修シリーズ



5月は上旬に長期休暇もあり、現場の仕事が止まったり、先輩社員が有給休暇を取得したりするなどで、数日間、現場での新人指導が止まってしまう組織も少なくありません。 そんな、ちょっとした「隙間時間」「隙間日程」をうまく活用して、インソースの研修で新入社員の皆さまのレベルアップ・スキルアップを図りませんか?


当社がオススメする新入社員向けの研修ラインナップをご紹介いたします。いずれも周囲を安心させ、信頼を獲得し、仕事を任される新人になることを目指す研修プログラムです。


お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

お知らせ

リクエスト開催