loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

オンラインファシリテーション研修

オンラインファシリテーション研修

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

Web会議を円滑に進める生産性向上スキル「オンラインファシリテーション」

オンラインでの会議を円滑に進行するための「オンラインファシリテーション」スキルに関する需要が高まっています。厚生労働省が発表した「新しい生活様式」の中で、働き方の新しいスタイルとして、「会議はオンライン」などの実施例が示されています(※)。

※参考:厚生労働省『新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」の実践例を公表しました』
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_newlifestyle.html(最終アクセス日:2020/7/20)

オンラインの活用にあたり、お客さまとの商談や社内交流における非接触型コミュニケーションツールとして、Web会議システムを検討、導入される組織が増えています。Web会議は、オンライン会議やリモート会議など様々な呼び方をされており、リアルタイムの映像でお互いの姿や表情を見ながら会話ができ、1対1でも多人数でも参加できる利便性などが注目されています。

ただ、Web会議には「一箇所に集まらなくてよい」「会議室がいらない」「ファイル共有だけで済みペーパレス化につながる」などのメリットがある反面、「参加者の反応を読み取りにくい」「発言のタイミングが難しい」などの課題も上がっています。実際に顔を合わせて行う会議とは、また違ったファシリテーション技術が必要です。

インソースは、全国への拠点展開を始めた10年以上前から、オンライン会話ツールを用いて社内外を問わず複数人でのWeb会議を行い、オンラインファシリテーションのノウハウを蓄積してきました。
「オンラインファシリテーション研修」では、環境の整え方、事前準備、マナー(操作・リアクション)、会議の進行、振り返りの仕方など、これまでにインソースが蓄積してきたオンラインファシリテーションに必要なノウハウを余すところなくお伝えし、貴組織の「質の高いWeb会議」の実現をご支援いたします。

オンラインファシリテーション研修のポイント

オンラインファシリテーターの役割を理解

会議を円滑に進め、促進するのがファシリテーターの役割です。オンラインでは、言葉や映像はシステムでつながりますが、遠隔の参加者の心をつなぐスキルが必要になります。同じ場所に集まらない参加者の発言の意図を整理して正しく伝えたり、発言の機会を平等に与えて誰もが取り残されないよう参加者同士をつなげるなど、スムーズな意見交換を促すファシリテーターが求められます。

オンライン会議進行「ならでは」のポイントを習得

ファシリテーターに求められる4つのスキル「①場のデザインスキル(環境整備)」「②対人関係スキル(コミュニケーション)」「③構造化のスキル(整理力)」「④合意形成のスキル(決定力)」のうち、オンラインの場合、環境整備とコミュニケーションが特に大切です。環境整備とは、ネット環境の準備、音の環境確保など、生産性や集中力を高めるための工夫のことを指します。また、オンラインのコミュニケーションでは、発言者・傾聴者ともに伝わっているか確認しあうことと、受け答えのサインやアクション・リアクションを少しオーバーなくらいに行うことが必要になります。研修では、対面とは異なる状況において特に意識すべきチェックポイントを学んでいただきます。

オンライン会議システムのリアル体験が可能

ファシリテーション研修をはじめとした弊社の「オンライン研修」をご受講いただくと、Web会議システムの体験ができます。弊社のオンライン研修では、おもにWeb会議システム「Zoom」などを用い、PCを通じて講師と受講者が双方向でコミュニケーションを取れる、ライブ配信形式で行います。オンライン研修におけるレクチャーやグループワークの進め方、ホワイトボードの活用による見える化、チャット機能による声掛け、あいづち、質疑応答など、実際にオンラインという環境を体験していただくことで、Web会議の進行を実践する際の参考にしていただけます。


※Zoomの名称およびロゴは、Zoom Video Communications, Inc.の米国および日本を含むその他の国における商標または登録商標です

オンラインファシリテーションに定評のある講師陣

インソース講師は、経験豊富なファシリテーターでもあります。そのスキルはオンライン研修時代でも変わりなく、むしろオンライン研修の効果最大化のためにスキルに磨きをかけております。オンラインファシリテーション研修では、300名以上の講師陣から厳選して、特にファシリテーションスキルに定評があり、かつオンライン研修における実績の多い講師が登壇いたします。日々ブラッシュアップしているファシリテーションのコツや、実践で培った創意工夫を、研修では余すところなくお伝えいたします。

オンラインファシリテーション研修ご検討のお客さまからのご質問

インソースのオンラインファシリテーション研修のポイントはなんですか?

従来のご好評いただいていたファシリテーション研修と、これまでに弊社で実施したオンライン研修やWeb会議で培ってきたノウハウを集約して開発したプログラムであり、オンラインにおけるファシリテーターの具体的な役割や重要なスキルに特化して学べることが研修のポイントです。
インソースでは、社内に多くのITエンジニアが在籍し、例えば「Zoom」は3年前から導入しているなど、その時代ごとに最新のオンライン会議ツールを活用してきました。そしてコロナ禍においては、研修のオンライン化へ一気にシフトして、2か月で400回を超える実績を残すことができました。
これらの経験と実績をもとに、オンラインファシリテーション研修では、どのような場面でどんなスキルが必要か、どういった機能を活用すれば効果的であるか、必要なシーンと使い方のコツを凝縮してお伝えすることが可能です。ワークを通した実践によって、受講後は即戦力のオンラインファシリテーターになっていただけます。

取引先や社外の方とのオンライン会議のファシリテーターをする際にも役立つ内容でしょうか?

はい、オンラインファシリテーターとして、部内ミーティング、社内会議、複数の組織の関係者が集まるプロジェクト会議など、あらゆるオンライン会議の場面で活用していただける研修内容です。また、例えば100人規模の会議の進行など、貴組織のご要望に応じたカスタマイズも可能ですので、お気軽にご相談ください。

Web会議システムを利用するにあたって必要な機器とはどのようなものでしょうか?

Web会議システムには、パソコンにマイクとスピーカー、Webカメラが必要です。ノートパソコンやスマートフォン・タブレット端末にそれらが内蔵されている場合は、外付けのWebカメラなどをご用意していただく必要はございません。

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

オンラインファシリテーション研修のご提供コンテンツ

おすすめリンク

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!