loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

オンラインフォローサービス【ビジネス文書レベルアップ研修~相手が唸る文書の書き方】

オンラインフォローサービス【ビジネス文書レベルアップ研修~相手が唸る文書の書き方】

プロ講師の指導による新スタイルの研修。相手の納得を引き出す文書作成や、部下の添削指導ができるようになる!

研修No.1000000F

対象者

  • 全階層

ビジネス文書レベルアップ研修~相手が唸る文書の書き方」を受講済の方
※弊社公開講座受講後おおよそ3か月以内の方の申込みを推奨しております

よくあるお悩み・ニーズ

  • 研修での理解をふまえて、質の高い文書作成経験を増やしたい
  • 相手が唸るほど、読みやすくて論理的な文書を具体的に書けるようになりたい
  • 部下の文書チェックの観点と、具体的な伝え方、指導の仕方を学びたい

研修内容・特徴outline・feature

オンラインフォローサービスは、公開講座を受講した方を対象に、ビジネス文書作成スキルの定着を目的として、プロ講師の個別指導を受けて学ぶサービスです。具体的には部下の報告書添削指導や、緊急依頼の社内調整メール作成などの演習に事前に取り組み、オンラインのフォローアップ研修にて講師が直接、個別コーチングします。

到達目標goal

  • ①指導のプロである講師から個別コーチングを受けることで、文書指導ノウハウを理解する
  • ②仕事で困りがちな場面を想定した文書作成演習を通じて、文書作成スキルのレベルアップを図る

◆本サービスご利用の流れ

研修プログラム例program

オンラインフォローアップ研修&個別コーチング内容
  内容
  • 1.オリエンテーション
    ■本日の流れの説明
講義
  • 2.ビジネス文書の基礎 ~部下・後輩の作成した文書を添削
    (1)「型」「表現」「中身」の三つの視点でチェックする
     ①文書の目的に合った「型」が選ばれているか
     ②適切な「表現」が使われているか
     ③伝えるべき「中身」が分かりやすく記されているか
    (2)部下の文書指導演習の発表と、講師による個別コーチング
    【ワーク】部下が作成した社内業務遅延報告書を添削し指導する
     ※各受講者の発表内容に対して、講師が一人ずつ指導
講義
ワーク
  • 3.ビジネス文書の応用 ~相手が唸るような文書を書く
    (1)忙しい人に確実に読んでもらえる文書を書く
     ①読む相手の状況に思いをはせる
     ②作成する文書の目的を明確にする
     ③必要な要素をミニマムに厳選する
     ④要約力を磨く
     ⑤タイトルで端的に表現する
    (2)一目置かれる説得力のある文章を書く
     ①「主張」と「根拠」と「提言」を整理する
     ②根拠をファクト(事実)で補強する
    (3)文書力が求められる演習について発表と個別コーチング
    【ワーク①】設備トラブルについての経緯を読み、事故報告書を作成する
    【ワーク②】緊急の依頼を、正しい承認ルートではないルートで依頼するメールを作成する
     ※各受講者の発表内容に対して、講師が一人ずつ指導
講義
ワーク
  • 4.総括
講義

6584

企画者コメントcomment

相手が唸るほどの卓越した文書は、一朝一夕に書けるようにはなりません。作成した文書を要点にそって見返したり、相手にどのように伝わったのかを確認して試行錯誤したりする経験を、数多く積み重ねて初めて文書作成力が身につきます。本サービスでプロ講師の添削指導を受けて要点を理解し、文書作成力向上の取り組みを始める契機として頂ければと思います。

スケジュール・お申込みschedule・application

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年8月5日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

読み物・コラムcolumn

◆本サービスについてよくあるご質問

Q1.WEBinsourceからも申込みできますか?

A1.可能です。こちらのWEBinsourceログインからお申込みくださいませ。
   ※WEBinsourceとは


Q2.インソース研修を受講していないが、フォロー研修だけを受講してもよいですか?

A2.オンラインフォロー研修のみの受講はご遠慮ください。


Q3.受講にあたり必要な準備物はありますか

A3.PC、マイクセット、WEBカメラをご準備ください。


Q4.提出資料に講師がコメントを書いてくれるのでしょうか?

A4.提出物への講師コメント記入は致しません。オンライン研修の中で、口頭でコメントしてコーチングします。


Q5.フォロー研修を録画して動画配信してほしいのですが、可能でしょうか?

A5.録画はお断りしております。


Q6.研修外の時間に講師に相談したり、個別コーチングを受けたりすることは可能でしょうか?

A6.講師とのやり取りはフォロー研修時間内のみ承ります。研修時間外での講師への相談や個別コーチングはお断りさせて頂きます。


Q7.その他、困ったことが起きた場合は、どうすれば、よいですか?

A7.事務局([email protected])にご連絡ください。


お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討いただいている研修テーマで、日程がないとお困りの場合は「研修リクエスト」のサービスをご活用ください。お客さまのご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について
(更新日:2020年8月5日)

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修