OJT指導者研修~新人・後輩指導の基本スキル習得編(半日間)

OJT指導者研修~新人・後輩指導の基本スキル習得編(半日間)

オンライン研修を通じ、チームの生産性向上に向け新人・若手の早期戦力化を図る

本研修は、企業内研修をオンラインで実施される方向けの専用プログラムです※カスタマイズも承ります。お気軽にご相談ください

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

対象者

  • 若手層
  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層

・新入社員等の指導担当者として初めてOJTを行う方
・日頃より新人や若手の指導を手探りで行っている方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 今まで指導方法を教わったことがないので、OJT指導を任される前に具体的な手法を学びたい
  • 指導が現場任せになっており、各現場ごとに指導方法が異なっている
  • 自身の業務が忙しく場当たり的な指導になっており、計画的な指導が行えていない

研修内容・特徴outline・feature

昨今はテレワークの普及に伴い、対面での指導の場も減少傾向にあります。指導者との距離が遠くなるほど指導も疎かになりがちですが、このような状況下では今まで以上に計画的かつ具体的な指導が必要となります。
OJTの真の目的は、“自分で考えて動ける”自立した人材を早期に育成することです。そのためには、仕事の仕方を教えるのはもちろんのこと、仕事の判断軸を養っていくことが重要になります。

本研修のポイントは以下3点です。
①指導、育成の準備として育成計画の立て方を学ぶことができる
②指導、育成に際しての具体的手順が学べる
③実践的ケーススタディーにより指導手順の幅が広がる

※1回あたりの研修時間や回数はあくまで目安のため、柔軟が対応が可能です。
※ケーススタディやグループワークでは、オンライン研修ならではのシャッフル機能にて、席の移動などを行わずに受講者全体での対話が可能になります。

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容 手法
  • 1.新人・若手の立場になって考える
    【ワーク】自分が「不安」を感じた時のことを振り返る
ワーク
  • 2.OJTとは何か
    【ワーク】OJTトレーナーとして、組織から求められている役割を考え、共有する
ワーク
  • 3.育成計画の作り方
講義
  • 4.OJTの進め方
    (1)指示の仕方
    (2)指示した内容を確認する
    (3)報告させる、相談を受ける
    (4)「任せる」と「ほったらかしにする」の違い
    (5)効果的なほめ方
    (6)「叱る」ということの理解
    (7)不平不満の受け止め方 ~まずはきちんと聞く
講義
  • 5.ケーススタディ
ワーク
  • 6. まとめ
ワーク

6504

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2021年2月     14名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
92.9%
参加者の声
  • 後輩に対してに限らず、自分と上長や他部署の方との接し方にも通ずるところがあり、非常に有益と感じました。きちんと目標を立て部内共有し、手取り足取り教えるところから始めます。
  • ティーチングとコーチングを場面によって使い分け、人材育成に役立てていきたい。また、相手の話をよく聞くなど、コミュニケーション力も高めていきたい。
  • 人材育成・コミュニケーションのアプローチ・離職者防止を頭において、新人教育を実践します。まず、コミュニケーションとティーチング、コーチングを重要視して取り組んでいきます。
  • 現状の報告の見直し、現業務でのPDCAサイクルの特にCからAをしっかりまわす、挑戦空間に身を置くの3点に取り組んでいきます。
  • 若者と自分との意識の違いを痛感したので、傾聴するようにします。またOJTによって後輩の心のよりどころとなれるよう努めながら、自身の成長にもつなげていきます。

実施、実施対象
2020年12月    18名
参加者の声
  • 日ごろから後輩・部下から安心・信頼される上司になれるように相談や指導をしていく際に本日学んだことを活かしていきたい。部下が言いたいことを言える環境をつくる。
  • 後輩に関心を持って接すること、後輩の意見・立場を尊重することなどは、改めてその重要さに気づかされました。
  • 後輩とのコミュニケーションの取り方・特に自己開示をしてほしければ、自分から積極的にしていくことを意識します。また、不安が多い若手社員のためにメンタルケアを意識しながら褒め、叱るようにします。
  • 部下の指導、新人が入社した際の心得になりました。ほめること叱ることを実践します。部下とのコミュニケーションの機会を増やそうと思います。
実施、実施対象
2020年11月    25名
参加者の声
  • まだまだ新人に向き合いきれていないことに気づきました。他の参加者の視点や向き合い方を参考に教育に挑みたいと思います。
  • 自分のために活かすのはもちろん、後輩が新人指導で悩んでいるときのアドバイスにも活用したいと思います。2年前にも新人を指導したことがあるのですが、その前に受講したかったと思いました。
  • 指導計画や日々のコミュニケーションに、学んだことを落とし込みます。OJTに正解はないということなので、少し安心しました。周囲と協力して新人指導をしていければ良いなと感じました。ワークが充実していて、自分で考える機会が設けられよかったです。
  • 今まさに新人を指導していますので、自分自身が新人の頃感じていたことを思い出して、新人の気持ちに寄り添った指導ができるようしたいです。
  • OJTで心がけるべき内容を整理することができました。普段おざなりになりがちな仕事の意味や背景についてもしっかりと伝えるように気を付けようと思います。
実施、実施対象
2020年7月    18名
参加者の声
  • 褒める、叱る、再び褒めるのサイクルを、仕事でもプライベートでも意識しようと思います。
  • 業務の目的を共有すること、開始時間を意識合わせすること、作業処理にかかる標準時間を把握することを活用したいと思います。
  • 業務を部下や新人に依頼するときは、その業務の目的、目標を明確に伝えることを意識して、実践していきたいと思いました。
  • 自分の常識に若者世代を合わせてもらおうとするのではなく、まずは、自分から若者世代の考え方や捉え方を知ろうとする努力をしたいと思います。また、相手のほめるノートも作っていきたいと思います。
  • 指導対象者との常識のズレを意識したうえで、育成に取り組んでいこうと思いました。
実施、実施対象
2020年6月    38名
参加者の声
  • 自分が新人だった時を思い出すワークが多く、新人の立場で考えることが大切だと気づかされました。プレッシャーをかけるような話し方ではなく、Iメッセージを心がけたいと思います。
  • 最後のケーススタディを通じて新人・後輩の性格によってどのような指導方法があるのかを整理できた。本日学んだ指導方法を参考に実際の指導にあたっていきたいと感じました。
  • 報告・相談は新人から発されるのを待つのではなく、トレーナー側から聞いていく点を実践していきたい。
  • 指導の仕方や、ほめ方、しかり方など、今後も業務活かせるものばかりでした。実際にOJTを行う際に、学んだことを活かしていきたいと思います。
  • 褒めること、傾聴すること、計画は細分化することなど多々ありますが、まずはこれらをしやすくするために後輩と良い関係性を築き、報告・連絡・相談しやすい環境を作ることに励みたいと思いました。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

テレワーク・リモートワーク導入支援コンサルティングサービス

社内研修オンライン化支援サービス

Remote-Plants(リモートプランツ

オンライン通信教育

remonade~メンバーの心が見えるリモートワークツール

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!