loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

業務改善研修~変化に対応し、働き方改革を実現する

業務改善研修~変化に対応し、働き方改革を実現する

「働き方改革」を業務改善から始める。他社の成功・失敗事例から、業務改善のポイントを学び、自社に活かす

研修No.2110002

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層
  • ・業務改善を推進する立場にある方
  • ・管理職あるいは現場リーダークラスの方

※業務改善の進め方は分かっているが、上手く進まないとお困りの方には「業務改善研修~困難に対処しつつ強かに改善を実行する」がおすすめです

よくあるお悩み・ニーズ

  • 「働き方改革」が必要なことはわかるが、どこから手をつけてよいのかわからない
  • 業務改善目標を立てたものの、そこから先がうまく進まない

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、人材が流動化・多様化する中で、業務効率化を図るための業務改善について考えていただきます。ただポイントを抑えるだけではなく、「スキルに頼らない仕組みづくり」など成功・失敗事例を通して考えていくので、より実践的な内容となっています。また、最後に自社の業務改善テーマを考えることで、働き方改革につなげていただきます。

到達目標goal

  • ①業務改善の活動を行ううえで注意すべき点を理解している
  • ②他社事例から、その業務改善のポイントは何かを見つけることができる
  • ③自社の業務改善における取り組みを具体的に考えることができる

研修プログラム例program

研修プログラム例
  内容 手法
  • 1.今求められている業務改善の意義とは
    【ワーク】職場において進められている「働き方改革」に関連した施策について、グループの中で紹介し合う
    (1)「働き方改革」の背景にあるもの
    (2)経営のハードルが上がる中での業務改善
    (3)生産性向上における「業務改善」の位置づけ
講義
ワーク
  • 2.これまでの改善活動を振り返る
    【ワーク】これまでに自身の職場で行ってきた業務改善活動を振り返り、うまくいかなかった事例についてグループ内で共有する
    (1)改善活動における留意点① ~マズい状態を見える化する
    (2)改善活動における留意点② ~常に全体最適の視点を持つ
    (3)改善活動における留意点③ ~戦略的に人を巻き込む
    【ワーク】あまりうまくいかなかった業務改善事例についてその要因を考察し、うまくいくためにはどのような進め方をする必要があるかを考える
講義
ワーク
  • 3.実例に学ぶ業務改善
    (1)事例① ~スキルの蓄積に頼らない仕組み作り
    【ワーク】外食チェーン店の事例を読んで、同様の考え方の下で進められている業務改善の例を挙げる
    (2)事例② ~働く者が前向きになれる施策
    【ワーク】ファストフードチェーン店の事例を読んで、同様の失敗例を挙げる
    (3)事例③ ~多様性に沿った制度設計
    【ワーク】ITサービス事業会社の事例を読んで、働き方の多様性を受容しつつ、業務をこなすことを自社に当てはめて検討する
    (4)事例④ ~コスト削減ではなく効果に焦点を当てた改善策
    【ワーク】住宅メーカー子会社の事例を読んで、「効率」ではなく「効果」に焦点を当てた改善策の事例を挙げる
    (5)事例⑤ ~集約による非効率の見直し
    【ワーク】オフィス通販会社の事例を読んで、分業、集約化がかえって非効率になっている事例を挙げる
講義
ワーク
  • 4.明日から取り組む業務改善テーマを考える
    【ワーク】働き方改革を自社でも推進していくために、取り巻く環境の変化に対応するための、業務改善のテーマを考える
    ・業務改善のテーマ
    ・その改善活動を行う目的は?
    ・その改善活動を成功させる上でのポイントは?
    ・その改善活動を阻む要因となり得るものとは?
講義
ワーク

スケジュール・お申込みschedule・application

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年8月5日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

97.4%

講師:大変良かった・良かった

95.5%

※2019年4月~2020年3月

実施、実施対象
2020年3月     3名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自身の業務をもとに改善策を学ぶことができたので、今後の業務に活かせると思いました。現状の問題提起、優先定義、現状分析、解決策の考察の流れを、今の業務で早速実践したいです。
  • 現在、会社が抱えている実例にそって、業務改善に活かすための具体的なディスカッションができました。
  • ヘルプデスクの業務効率化、資格取得の効率化などを取り入れたい。

実施、実施対象
2020年2月     13名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 業務の改善は日々の活動として行っているが、目的が明確になっていないとぶれるので、働き方改革との関連付けも再度行いたい。
  • 感性を常に持ちながら業務に取り組み、情報の共有を大切にして施策を進めたいと考えました。
  • まず、改善の取り組みをする際はゴールを設定し、そこまでの過程を数値化して分析していきたいと思います。
  • 業務改善を行う人の意識の改革、全体への情報共有も必要であることを学んだ。変える勇気と気力を持って行いたい。
  • 抵抗勢力の項目がとても参考になった。効率と品質の向上を実行したい。考え方を変えるきっかけになったと感じた。

実施、実施対象
2020年1月     9名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
88.9%
参加者の声
  • 自分自身が業務改善の阻害要因となっているのではないかと気づかされた。多方面な視点から解決策を得ることを学んだので、一つ一つ地道に取り組み、成功体験を作っていこうと思う。
  • 日々の業務が当たり前であると思わず、常に問題意識をもって解決していきたいと思う。
  • 滞りがちな業務をどうやって前に進めるのか、ヒントをもらえたような気がするので、明日から活かしてみたいと思います。
  • 管理部門の定例業務のムダ削減や、営業部門の効率化にIT担当として積極的に課題解決につなげていきたい。
  • 私の役割の半分以上は業務改善だと考えているので、多くの部分で参考になった。課題のとらえ方(To Beと Aslsのギャップ)など、改めて認識し、To Beを強く描く必要を感じた。

実施、実施対象
2019年12月     12名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 全体最適化が重要なことが学べたので、それを意識して改善に取り組んでいきたい。
  • 業務改善=コスト削減と思い込んでいたところがある中、研修を通してコスト削減ではなく効果を求めることだと自分では認識できました。長期的な視点で、あとに続く若い社員のことを考え改善したいです。
  • これまで以上に業務改善を行う際には、周りの人を巻き込んで、実施するということに重点を置きたいと考えます。また細部にこだわりすぎることなく、全体的な幅広い視野を持つということにも、常に意識したいと考えます。
  • 今まさに業務改善を進めていて、自身には改善の先にある「効果」の部分の視点がなかったことに気づけた。また自身の性格が古いタイプなので、固定概念に自身が捉われていないかも見つめ直しながら今の業務について考えたいと思った。

実施、実施対象
2019年11月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 今までトップダウンで進められてきた施策が現場の納得を得られていなかったら、その意義を繰り返し説明できるように求めていきたい。
  • 様々な改善方法があることを学びました。また、一度実行したアクションの効果検証はしなければならないと感じました。
  • 今回学んだ数値化、グラフ化、業務フロー化は自分でもできていなかったため、積極的に活かしていきたい。
  • ECRS(排除、結合、再配置、簡素化)についてよく考えながら、改善に対応していきたいと考えました。
  • 今の業務の必要性の確認を行い、フローを作り、見直しを行いたいと思いました。

実施、実施対象
2019年8月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 導入のアプローチ方法が大変大きな気づきになった。つい集約・効率・数値化という方向にのみ気が向きがちだったが、モチベーションや感情、顧客満足に留意して改善を推進しようと感じた。
  • 現状が当たり前に思わず、常に様々な視点で改善できるかところがないかを考えたい。
  • 現場の意見を吸い上げ、有効な業務改善を提案、推進していきたい。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討いただいている研修テーマで、日程がないとお困りの場合は「研修リクエスト」のサービスをご活用ください。お客さまのご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
97.4
講師がとても良い・良い
95.5

※2019年4月~2020年3月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について
(更新日:2020年8月5日)

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修