loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

(リーダー向け)ウィズコロナ時代の働き方研修~ 「主体者」 と「新たなゼネラリスト」の育成(1日間)

(リーダー向け)ウィズコロナ時代の働き方研修~ 「主体者」 と「新たなゼネラリスト」の育成(1日間)

アフターコロナ(ポストコロナ)に擁すべき「主体者」と「新たなゼネラリスト」を育成する

研修No.B MGR-323-0100-4233

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • リーダー層
  • 中堅層
  • 管理職層

・リーダー・管理職の方
・部下・後輩をマネジメント・育成する方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 従来のようなOJTができない中、どのような方針で部下を育成していけばよいか
  • ポストコロナ時代に求められる人材像が知りたい

研修内容・特徴outline・feature

コロナ禍を機に働き方は一変し、同時に求められる人材も変化しています。本研修では、ポストコロナ時代どのような人材が求められ、あるいは評価されていくのか、コロナ禍で生じた「仕事ができる」の定義の変化を演習を通して捉えながら明らかにしていきます。「主体者」と「新たなゼネラリスト」の育成をキーワードに、行動経済学を用いた具体的な育成手法を学んでいただきます。

到達目標goal

  • ①コロナ禍を振り返り、働き方がどのように変化していくかを知る
  • ②ポストコロナに求められる、自ら判断し動く主体的な部下の育成の仕方を習得する
  • ③ポストコロナに求められる、守備範囲を超えて活躍できる「新たなゼネラリスト」の育成の仕方を学ぶ

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.コロナ禍を機に顕在化した課題
    【ワーク】2020年に発生した新型コロナに関連して、具体的に自社・自部署が直面した課題について、下記5つの観点で考える
     ①IT対応 ②業務配分 ③進捗・KPI管理 ④リスク管理
     ⑤人(働ける人、指示待ちになる人等)
    ■あらゆる人が制約下に置かれた2020年春
講義
ワーク
  • 2.働き方はどう変わるか
    【ワーク】キーワードに沿って「仕事ができる」の定義がどう変わったか考える
    (1)コロナ前後の「仕事ができる」定義の変化
    (2)成果主義が強化されるアフターコロナ時代の働き方
     ①ジョブ型の業務アサイン ~ラインを越えて仕事をする
     ②よりフラットかつシビアになる評価
     ③仕事の選別と同時に人材の見極めが進む
    (3)アフターコロナ時代に擁すべき人材とは
     ①自ら判断し動ける「主体者・プロフェッショナル」
     ②守備範囲を超えていく「新たなゼネラリスト」
講義
ワーク
  • 3.アフターコロナ時代の人材育成施策
    (1)リーダーの行うべき2つの育成施策
     ①主体性の養成 ~自ら判断し動ける「主体者・プロフェッショナル」づくり
     ②スキルセットの拡大と深化 ~守備範囲を超えていく「新たなゼネラリスト」づくり
    (2)アフターコロナ時代の人材4要件 ~自律、柔軟、覚悟、創造
講義
  • 4.部下の主体性を引き出す ~自ら判断し動ける「主体者・プロフェッショナル」の育成
    【ワーク】改めて自社の仕事を考える(何を目的とし、何を大切にしてきたか)
    (1)主体性の根源は目的意識 ~自社の使命から考える「今為すべきこと」
    (2)主体性発揮に行動経済学を利用する
    (3)EASTとは ~人を動かすためのフレームワーク
    (4)主体性発揮のプロセス
     ①E:行動のハードルを下げる
     ②A:目的意識を持たせる
     ③S:巻き込む力を身につけさせる
     ④T:適切なタイミングで介入する
    【ワーク】主体性の低い社員を1名選び、EASTのプロセスに沿って仕事を任せる
講義
ワーク
  • 5.部下のスキルセットを拡大・深化する~守備範囲を超えていく「新たなゼネラリスト」育成
    【ワーク】コロナ禍を振り返り、①部下に必要だったスキル、②ラインを越えて働くうえで必要だったスキルを洗い出す
    (1)部下のスキルセットを拡大するステップ
    (2)業務を可視化する
     ①プロセスの分解 ②KPIの明確化 ③必要スキルの可視化
    (3)部下の能力を把握する
    【ワーク】必要スキルに対するメンバーの能力を評価する
    (4)仕事を創り出す
     ①メンバーがやりたい仕事は、本来必要な仕事である可能性大
     ②部署の垣根を越えて仕事を見つける
    【ワーク】他部署の業務で、メンバーにやらせたい業務を洗い出す
    (5)仕事を任せる
    【ワーク】メンバーのスキルセットを拡大するために、次に任せる仕事は何か考える
講義
ワーク
  • 6.まとめ
    【ワーク】本研修を受けて気づいたこと、明日から実行することを3つ宣言する
ワーク

6231

1329379

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2020年11月     17名
業種
コンサルティング・調査
評価
内容:大変理解できた・理解できた
82.4%
講師:大変良かった・良かった
94.1%
参加者の声
  • テレワークを一部導入したので、今後の社内ルール作成に活用できる内容でした。チーム内でKPIを設定し、共有することは重要だと感じました。
  • アフターコロナだからというだけではなく、一般的な管理職の考え方についてもレクチャーいただき非常に良かったです。今後、人材配置をする際に、適性を見ながら決めるようにします。
  • スキル把握の仕方などが参考になりました。部下のスキル把握により、モチベーションを上げられるような現場作りを目指します。

実施、実施対象
2020年10月     19名
業種
建設・プラント
評価
内容:大変理解できた・理解できた
84.2%
講師:大変良かった・良かった
63.2%
参加者の声
  • テレワーク化によって変化する業務の内容が、仕事や人間関係にどう影響していくのか意識し、変化に対応できる人材を作り出していきます。
  • 漠然と頭の中にあったコロナ禍にまつわる働き方について、少し整理することができました。今回のコロナ禍という状況を業務改革のチャンスと捉え、新たな視点で業務を見直していきます。
  • アフターコロナに対し、どうあるべきか考える機会となりました。在宅勤務者への配慮を忘れないようにします。また、コロナ禍を機に業務の見直しを進めていきます。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

テレワーク・リモートワーク導入支援コンサルティングサービス

オンラインセミナー支援サービス

カードゲームを使ったミテモのSDGsワークショップ

コンピテンシー構築

若手育成計画

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

動画百貨店ランキングページ

冊子教材付きeラーニング・動画レンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報

WEBinsourceの詳細・新規会員登録はこちら

直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!