loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

(若手向け)在宅勤務に求められる「成果」の出し方・見せ方研修

(若手向け)在宅勤務に求められる「成果」の出し方・見せ方研修

在宅勤務に移行し、よりシビアに求められるようになった成果について、高い成果の出し方と見せ方について学ぶ

研修No.3050601

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 新入社員
  • 若手層

・新入社員・若手層の方
・非管理職の方
・在宅勤務をされている方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 在宅勤務だと、見てくれる人がいないため、勝手がつかめず、困惑している
  • 在宅勤務でもしっかりと仕事をしている姿を上司にアピールしたい
  • 在宅だとサボってるのではないかと思われている気がして不本意である

研修内容・特徴outline・feature

新型コロナを契機に、在宅勤務をはじめとするリモートワークがあらゆる職場で定着しつつあります。上司としては部下を評価する際にこれまで以上に「成果」を重視せざるを得なくなり、自ずと部下もよりシビアに「成果」が求められるようになります。そのような中で、「成果」を意識した働き方への意識転換と、その見せ方について学んでいただき、在宅勤務でも自身のパフォーマンスを正当に認めてもらえるようになるためのスキルを習得していただきます。

到達目標goal

  • ①在宅勤務において、上司に安心してもらえるような仕事の進め方を実践できるようになる
  • ②目標達成のための行動量のコントロールと、時間当たりの生産性を高めるスキルを習得する
  • ③行動様式ではなく成果(=数字)で評価を受けられるように、仕事の進捗管理の方法を身につける

研修プログラム例program

研修プログラム例
  内容 手法
  • 1.在宅勤務によって変わったことは何か
    【ワーク】在宅勤務を経験して、上司や先輩との関係に何か違いを感じるところはあるか
    (1)評価の対象がプロセスから結果になる!?
    (2)求められる能動的な報告
     ①姿が見えないと印象が薄くなる
     ②「サボっているのでは?」と思わせないために
    (3)目指すべきは"自律的に仕事で成果が出せる人"
講義
ワーク
  • 2.成果を出す鍵は、高い目標設定
    (1)成果と目標は表裏一体
    (2)目標値は上司の期待の1.2倍に設定する
    (3)目標設定に必要な5つの視点 ~スマートの法則
    (4)得意なことに、より高い目線で目的をもって、情熱を注ぐ
    【ワーク】自身の目標を、自部署の役割を踏まえて設定してみる
講義
ワーク
  • 3.成果の上がる「行動」の管理 ~すべて数字で考える
    (1)行動管理のカギとなるKPI設定
    (2)目標から必要な行動量を割り出す(所要時間、打率、工数等)
     目標例)営業部門⇒新規アポイント5本獲得
     アポイント取得率(電話)20%・・・必要電話本数=25本
     アポイント取得率(メール)5%・・・必要メール数=100通
    (3)必要な行動量をスケジュールに落とし込む
    (4)「質」で成果を問われる仕事の数値化
     ①成果が中身で求められる仕事とは ~研究職、クリエイターetc.
     ②作業スケジュールの詳細化 ~星取表で進捗を示す
     ③サブ目標設定 ~論文提出数、企画書数などで管理する
    【ワーク】自分の仕事を進捗管理表にする
    【ワーク】数値化しづらい自分の仕事の成果にサブ目標を設定する
講義
ワーク
  • 4.成果の上がる「時間」の管理 ~時間あたりの生産性を高める
    (1)昨日までの3日間を振り返り、分析する
    【ワーク】昨日までの3日間のタイムスケジュールを書き出す
    【ワーク】3日間の時間の使い方から、カテゴリごとに費やした時間を計算する
    (カテゴリ:事務、電話連絡、提案書作成等)
    (2)時間を有効に活用するために
       ①グループウェア上の自身のスケジュールを細かく記す
       ②スケジューリングのコツは「集中タイム」と「飽きない工夫」
    「飽きない工夫」例⇒種類の違う仕事をスケジュールに組み込む
       ③ 「相手」がある業務 ア.合わせなければならない場合 イ.自分で決めれる場合
    (3)ステークホルダーの「時間」を知る
    【ワーク】30マス計画表を作成してみる
講義
ワーク
  • 5.成果の見せ方~正当にアピールをする 
    (1)成果は目標・予定と比べて定量的に伝える
    (2)自分の活動が組織の方針と合っているかの確認~今自分が戦っている場所は正しいか?
    【ロールプレイング】本日の就業報告を上司に報告してみる
       ①本日の仕事のスケジュール②進捗と成果③所感
講義
ワーク
  • 6.まとめ
    【ワーク】明日から取り組むことを3つ書き出し発表する
ワーク

企画者コメントcomment

上司の目が届かない在宅勤務ではうまく集中ができない、または頑張っているつもりだが、上司からサボってるのではないかと思われてると不安を持たれている方向けの研修です。本来、テレワークは生産性を高めるための施策です。本研修が「在宅勤務だからこそパフォーマンスが高まった」という真の働き方改革の達成の一助になればと思います。

スケジュール・お申込みschedule・application

オンライン開催(日本経済応援キャンペーン対象)

※スマートパックポイント数は、ご利用のプランに応じて変動いたします。恐れ入りますがWEBinsource上でご確認ください。

オンライン開催

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年8月5日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討いただいている研修テーマで、日程がないとお困りの場合は「研修リクエスト」のサービスをご活用ください。お客さまのご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本テーマの評価
内容をよく理解・理解
98.7
講師がとても良い・良い
98.0

※2019年4月~2020年3月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について
(更新日:2020年8月5日)

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修