loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

育児・介護に備えた働き方を考える研修 短時間勤務でも成果を出す編(1日間)

育児・介護に備えた働き方を考える研修 短時間勤務でも成果を出す編(1日間)

育児・介護に直面したときに備え、時短勤務者としての働き方やキャリアのつくり方を学ぶ

研修No.B CRR150‐0100-2963

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 全階層

時短勤務者としての働き方やキャリアのつくり方を学びたい方

研修内容・特徴outline・feature

育児・介護に直面したときに備え、時短勤務者としての働き方やキャリアのつくり方を学んでいただく研修です。

具体的には、育児・介護の当事者となった場合を想定するワークや、時短勤務者を受け入れるメンバーの視点や短時間勤務で働く人の視点で働き方を考えるワークを行い、育児・介護に直面したときに向けてどう備えればよいかを整理し、明確にしていきます。

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.育児・介護の現実を知る
    (1)データから知る現状
    (2)自分が当事者になる可能性を直視する
講義
  • 2.冷静にキャリア(人生全体)を見つめ直す~短期的な視点にとらわれない
    (1)年代別のキャリア観とお金の話~育児・介護を想定する
    【ワーク】育児や介護をすることになったら、いくら必要になるかを考える
    (2)柔軟に、しなやかに、働き続けることの大切さ~中長期的な戦略をもって仕事に臨む
講義
ワーク
  • 3.育児・介護をしながら働く方の抱える課題
    (1)組織(チーム)にとっての課題となることを理解する
    ①限られた勤務時間    ②突発的な早退・遅刻・欠勤
    ③休暇の取得        ④不安定な体調
    (2)メンバーにかける負担を理解する
    【ワーク】時短勤務者とともに働くメンバーの立場だったら、時短勤務者に対してどう感じるかを考える
    (3)時短勤務者の思いを想像する
    【ワーク】時短勤務者が周囲のメンバーに対しどんな思いを持つかを考える
講義
ワーク
  • 4.周囲への負担を最小限にする仕事の進め方
    【ワーク】自分が育児や介護のために時短勤務者になったと想定し、現在の仕事を6時間でこなすにはどのように仕事を進めればよいか考える
    (1)生産性の高い時間の使い方を知る
    【ワーク】現在のワークスタイルを分析する
    (2)自らが主導して仕事を整理する
    (3)できることとできないことを明確にする
    【参考】カミングアウトシートの作成
    (4)業務を見える化する
    ①誰が見ても一目でわかる業務管理表をつくる
    ②すべて共有ファイルで管理する
    ③パートナーを組む ④ホウレンソウを徹底する
    ⑤やり取りはすべてメールで残す
講義
ワーク
  • 5.主体的なキャリアのつくり方
    【ワーク】育児・介護をしていても組織から必要とされる人材とは、どのような人材か考える
    (1)仕事を分解する
    【ワーク】あなたの部署の仕事を分解し、働き方に合わせて切り出せる仕事がないか考える
    (2)自分にしかできないこと、自分だからできることを考える
講義
ワーク
  • 6.明日からできること ~たしなみと備え
    (1)新たなたしなみとしての理解とサポート
    【ワーク】自身の職場にいる時短勤務者に対するサポートの仕方を考える
    (2)自らの未来を見据えた準備
    【ワーク】自身の未来に向けてどのような準備をするかを考える
ワーク

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2017年 11月     25名
業種
運輸・倉庫
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 今まで今後のキャリアについて深く考えたことがありませんでしたが研修内容や皆さんの話を聞き改めて、仕事に対しての意識やワークライフバランスを考える良い機会になりました。自分の立場や役割を認識しながら業務に活かしていきたいと思います。
  • 非常に気づきが多い一日でした。講習と色々な人との意見を交わすことで、今自分が抱えている漠然とした不安が明確化されて、次に明日から何をすべきかがクリアになったと思います。
  • 日常的にあまり考えていなかった。これまでのこと、これからのことについて講師の方が要点をまとめて説明して頂いたので、理解しやすく興味深く受講できました。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

キャリアデザイン研修
年間総受講者数
13,821
内容をよく理解・理解
94.2
講師がとても良い・良い
93.4

※2019年4月~2020年3月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia メンター制度

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia ナレッジマネジメント

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!