loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

テレワークにおける仕事の進め方研修~孤独に打ち勝つタスク管理術(1日間)

テレワークにおける仕事の進め方研修~孤独に打ち勝つタスク管理術(1日間)

テレワークだから生産性が落ちたと言わせない!「自律」と「主体性」を身につけ、次の時代の働き方に適応する

研修No.B YEP305-0300-4270

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 新入社員
  • 若手層

・テレワーカー従事者へ十分な教育が出来ないまま、急にテレワークへ移行してしまった組織の方
・テレワーク従事者から、テレワークでの仕事の進め方について不安の相談を受ける組織の方

よくあるお悩み・ニーズ

  • テレワークだと、見てくれる人がいないため、不安感や孤独感がある
  • テレワークでは、成果を出さないとサボっていると思われるため、仕事を効率的に進め成果を上げたい

研修内容・特徴outline・feature

テレワークでは決められた時間内で成果を出すことが求められ、効率的な仕事の進め方はより重要になっています。本研修では、タイムマネジメント、タスク管理、コミュニケーションの取り方の視点から、「自律」して「主体的」に働くためのスキルを獲得いただきます。

また、テレワークにおける仕事のゴールをQ(質)C(コスト)D(納期)R(リスク)で明確にするワークを行うことで、テレワークにおける仕事の成果物を上司が求めるレベルで行う重要性を理解していただきます。

到達目標goal

  • ①時間当たりの成果を上げるタイムマネジメントスキルを習得する
  • ②仕事のゴールを明確にすることで、アウトプットが上司が求めるレベルとズレが生じないような仕事の進め方を習得する
  • ③上司が求める報告・連絡・相談のポイントを理解する
  • ④テレワークにおけるセルフコントロールの方法を身につける

研修プログラム例program

内容
手法
  • 1.テレワークにおける働き方を考える
    【ワーク】テレワークで働く中で①難しいと思うこと・不安に感じること②工夫していることを共有する
    (1)コロナ禍を振り返る ~あらゆる人が制約下に置かれた2020春
    (2)アフターコロナ以降の働き方の変化を捉える
    (3)テレワークにおいて期待されること
    【ワーク】テレワークにおいて、①上司・先輩②後輩はあなたに何を求めているかを考える
    (4)テレワークにおいて求められる要素 ~「自律」と「主体性」
講義
ワーク
  • 2.タイムマネジメントの原則
    (1)時間そのものは現実には管理できない
    (2)管理できるのは、仕事や行動
    (3)時間を管理するとは、考え方や行動を変えること
    (4)計画のグレシャムの法則を意識
    (5)自分ひとりの仕事も予定化
    【ワーク】前日の業務スケジュールを書き出す
講義
ワーク
  • 3.仕事に着手する前に ~QCDRを明確にする
    (1)テレワークで注視されるのは「時間あたりの成果」
    (2)仕事の目的を明確にする
    (3)仕事のゴール(QCDR)を明確にする
     ・Q(品質)、C(コスト)、D(納期)、R(リスク)
    【ワーク】 想定されるリスクと発生させない工夫を考える
講義
ワーク
  • 4.優先順位を明確にする ~仕事の計画を立てる
    (1)テレワークで求められるのは「自律」
    (2)優先順位を付けることが仕事の成果を上げる
    (3)優先順位の付け方 ~ ①比較
    【ワーク】「緊急度」と「重要度」で整理する
    (4)優先順位の付け方 ~ ②自分の仕事かどうかを考える
    (5)突発的な仕事を考える
    (6)突発的な仕事に対応する
講義
ワーク
  • 5.テレワークにおける社内コミュニケーション ~報告・連絡・相談
    【ワーク】上司・先輩は、テレワークをしているあなたから何を報告・連絡・相談してほしいか考える
    (1)テレワークで期待されるのは「主体性」
    (2)テレワークにおけるホウ・レン・ソウのポイント
    (3)コミュニケーションの手段を選択する
     ①電話 ②メール ③日報 ④チャット
    (4)90分で一区切りをつける

    【参考】テレワーク中に業務トラブルが起きたら
    (1)トラブル発生時の対処法
    (2)メイン処理のトラブルとイレギュラー処理のトラブル
講義
ワーク
  • 6.テレワークにおけるセルフコントロール ~新しい働き方を軌道に乗せる
    (1)集中できる環境づくり
    (2)休憩の取り方
    (3)相談する習慣をつくる
講義
  • 7.まとめ
ワーク

6453

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2020年8月     17名
業種
非営利団体・官公庁関連組織
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
88.2%
参加者の声
  • メールの件名には簡潔に内容をまとめ、「要対応」「報告」「至急」等のラベリングをして、自分も相手もお互いに作業効率を高められるように努めます。
  • 同じ部署のメンバーとの連絡の取り方、業務の進め方は、自分の都合だけでなく相手の業務の進捗状況を想像することが重要だと思いました。
  • 在宅勤務を春から初めて経験していますが、他社の様子や他のメンバーの現状を知ることができて良かったです。頻繁に行われるようになったテレビ会議での話し方のコツなども学べたので、視線をカメラにしっかりと向けるなど、他者が聞きやすい話し方をします。

開発者コメントcomment

緊急事態宣言を受けて、とりあえずテレワークを指示した組織も多いかと思います。業種問わずテレワークに移行する中、特に新人・若手社員はテレワークにおける仕事の進め方に不安を感じています。自身の心の健康を維持するためにも、正しい「コミュニケーション」の考え方や成果を高めるスキルを身に着け、テレワークでも高いパフォーマンスを発揮するために、ぜひ本研修を受講していただければと思います。

関連の研修を探す


お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

仕事の進め方研修
年間総受講者数
3,040
内容をよく理解・理解
96.3
講師がとても良い・良い
94.7

※2019年10月~2020年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia タイムマネジメント

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!