コンプライアンス研修~個人情報保護、情報セキュリティ、SNSのリスクを知る編(半日間)

コンプライアンス研修~個人情報保護、情報セキュリティ、SNSのリスクを知る編(半日間)

知っておくべき「法律」と、実務における「注意点」を、事例を通して学び、一人ひとりに何ができるかを考える

本研修は、企業内研修をオンラインで実施される方向けの専用プログラムです※カスタマイズも承ります。お気軽にご相談ください

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

対象者

  • 新入社員
  • 若手層
  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層

・非管理職のすべての社員の方
・個人情報保護や情報セキュリティの取り扱い方を学びたい方
・在宅ワークでも知識向上を図りた方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 不祥事防止のための基礎知識を身につけたい
  • 事例をもとにコンプライアンスのポイントを学びたい
  • コンプライアンス違反の予防策について知りたい
  • ルールに則るべきかどうか、判断に困ることがある

研修内容・特徴outline・feature

テレワークが本格的に導入されるにあたり、情報の取り扱いについて組織としてルールを再度策定することが必要になると存じます。そのためにも、一人一人のコンプライアンス(法令順守)や情報資産管理意識を、尚一層高めていくことが求められております。

本研修では、新人から管理職層まで職位を問わず一社会人として必要な共通認識となる、個人情報保護や情報セキュリティ、ソーシャルネットワークの取り扱いについて学んでいただきます。

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容 手法
  • 1.コンプライアンスについて
    (1)事例から考える
    【ワーク】不祥事の事例から、問題点を考える
    (2)コンプライアンスの定義・強化の背景
    (3)コンプライアンスのポイント ~意識の変化・制裁の特徴・予防策
    (4)日常的な意識・行動・しくみをチェック
    (5)コンプライアンス違反をなくすための予防策として重視するものは?
講義
ワーク
  • 2.個人情報保護について
    (1)最近の個人情報流出事件
    (2)個人情報漏えいの経路と構造
    【参考①】標的型攻撃メールの取り扱い
    (3)個人情報保護法の背景・目指すもの・保護すべき個人情報
    【参考②】改正個人情報保護法のポイント
    (4)個人情報保護法で保護される個人情報と保護の構造
    【ワーク】個人情報○×テスト
    【参考③】個人情報保護法の対応ポイント
    (5)個人情報漏えいが起きたら・・・
    (6)個人情報保護の対応策
講義
ワーク
  • 3.情報セキュリティについて
    (1)情報セキュリティの定義
    (2)情報セキュリティ対策の日常化
    (3)情報セキュリティの留意点
    【参考④】マルウェア
    【ワーク】テレワークにおいて、情報漏えいのリスクとなるシーンを書き出す
講義
ワーク
  • 4.ソーシャルメディア(SNS)の取り扱い
    (1)ソーシャルメディアとは
    (2)事例
    【ワーク】炎上してしまうような行動を考える
    (3)ソーシャルメディアの危険性
講義
ワーク

6308

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2021年11月     13名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
92.3%
講師:大変良かった・良かった
92.3%
参加者の声
  • すべての業務のスタートはコンプライアンスを遵守することから始まるという認識を持って判断・行動する。また、そのための体制や設備も整える。
  • 会社のルールがきちんとしていても、実際に守るか守らないかは人にかかっているということを学びました。これまで以上に個人情報や機密情報の取り扱いに注意します。
  • 情報セキュリティやSNSの取扱いなどについて、今後も全社に向けて強く重要性を啓発し続けます。違反行為が出ないよう業務の流れをチェックします。
  • 日常業務において個人情報を扱うことが多いため、より気を引き締め、コンプライアンス遵守が我が社の文化として定着するよう取り組みます。
  • 成文法と不文律のうえで業務倫理が成り立っているという意識を持つとともに、良い情報も悪い情報も全てがきちんと上司まで届くようなクリアな環境づくりに尽力すべきだと考えました。

実施、実施対象
2021年8月     12名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
91.7%
参加者の声
  • インシデントは無意識のうちに起きてしまいます。業務で扱うメールなど個人情報が含まれるものは、他人から預かっている大切なものだという意識を持って取り扱います。
  • 現代のコンプライアンスの考え方を理解し、企業の信頼を失わないように努めます。SNSの取り扱いについて、自身では写真の扱いに注意しようと思いました。
  • 情報の適切な取り扱いやセキュリティー対策を十分に行い、コンプライアンス向上に努めます。現代社会のコンプライアンスについて、より理解が深まりました。
  • 社内・社外ともに個人情報の扱いに細心の注意を払います。SNSは身近にあるので、業務に関係するようなことを発信しないよう普段から気をつけます。
  • 自分の中で、業務と業務外の線引きを考え直す必要があると感じました。周りもやっているからというような心の中の言い訳を正します。

実施、実施対象
2021年5月     9名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
88.9%
参加者の声
  • コンプライアンス違反を起こさないためには、日常的なチェックが大切だと思います。取り組みチェックリストを作ります。
  • どんな人でも個人情報を取り扱っているという意識が、社会人として必要であることがわかりました。「個人情報」について、どこまでの情報が「個人情報」に含まれているのか曖昧だったのが明確になりました。
  • 情報漏洩の事例で故意・意図的ではなくヒューマンエラーによって起こった事例も多く存在するなど、悪意が無くてもコンプライアンスに関する問題というものは発生し得るものであるということを強く感じました。
  • 会社のPCの取扱いや業務フロー上必要な手続きを厳守する等、社内で決められているルールを厳守するとともに、仕事上でのリスクを把握し、改善に繋げられるようにしていきたい。
  • 自分たちではこのくらい大丈夫だろうと思っていたことも注意する点があった。パスワードの管理、画像の扱い等をメンバーと検討し共有したい。

実施、実施対象
2020年7月    8名
参加者の声
  • コンプライアンス違反が発生すると、ステークホルダーに与える影響が発生する事案を例として、周りに伝達していく。
  • 本日学んだことを、自分自身だけでなく、担当者間で共有し、個人情報の取り扱い・コンプライアンス等への意識を高めていきたいと思う。
  • 営業という仕事において、これまで以上に情報の取扱いには気をつけていこうと考えています。特にメールで情報をやり取りする際、宛先間違い等を起こさないことなどに注意していきます。
  • 業務上取り扱うことが多い個人情報保護法の順守について社内で共有し、誤りがあった場合は是正して運用することを続けていきたいです。初めてオンライン研修に参加しましたが、集合研修と違和感なく参加できました。
  • 社会や社内のルールは自分が知っていても、ほかの人は忘れていたり知らない場合があります。社員一人ひとりに再度ルールを確認してもらい、社員全員が自主的に守ってもらうよう教育していきたいです。

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

初めての方はこちら

インソースからの新着メッセージ

    新作研修

    業界随一の研修開発力を誇る
    インソースの最新プログラム

      コア・ソリューションプラン
      の新作情報

      250種類以上のコンサル事例!
      組織の「したい!」に全力で応える

        おすすめリンク

        WEBinsourceの詳細・新規会員登録はこちら

        直近の公開講座開催研修

        閉じる