loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

【オンライン通信教育】アサーティブコミュニケーションコース(半日×2日間)

【オンライン通信教育】アサーティブコミュニケーションコース(半日×2日間)

オンラインフィードバック研修で知識・スキルを確かなものに!オンラインも交えたインソースの通信教育

研修No.1019018

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 全階層

・言いにくいことを伝えることが苦手で、もっとうまく伝えたいと思っている方
・自分の思っていることや意見を、素直に相手に伝えることができない方
・自分の意見ばかりを主張してしまい、かえって相手から反発を受けることが多い方

よくあるお悩み・ニーズ

  • リモート勤務を行う社員の教育を行いたい
  • 在宅期間中、自宅で学習をさせたい
  • オンライン研修の受けっぱなしを防ぎ、知識・スキル獲得の効果を高めたい

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、アサーティブコミュニケーションの基礎を3つのステップ
【ステップ1】オンライン研修(3時間)⇒【ステップ2】自宅学習教材⇒【ステップ3】オンラインフィードバック研修~解説・フォロー(3時間)で学びます。

【本コースのポイント】
①オンライン研修 ~ポイントを押さえた講義(3時間)
②自宅学習 ~課題の実施(確認テスト・ケーススタディ)
③オンラインフィードバック研修 ~解説とフォロー(3時間)
※ステップ1の1週間~10日後

到達目標goal

  • ①アサーティブコミュニケーションの考え方や心構えを理解し、具体的なノウハウを習得する
  • ②相手の置かれている状況や気持ちを尊重しながらも、自分の意見を伝えることができるようになる
  • ③「相手の話を聴いている」ことを示す手法を学び、相手との関係性を作ることができるようになる

研修プログラム例program

研修プログラム例【<ステップ1> オンライン研修(3時間)】
  内容 手法
  • 1.こんな時どうする?<自分の思考・行動パターンを振り返る>
    【ワーク】職場への配慮のない同僚に対して、どのように声をかけるか考える
ワーク
  • 2.意見を伝えるときの考え方<アサーティブの定義を理解する>
    (1)人の考え方と行動のパターン
    (2)アサーティブな思考とは
    (3)意見を伝えにくい場面を考える
    【ワーク】アサーティブでありたいにもかかわらず、それが難しい場面を考える
    (4)意見を伝える前に感情を整理する
    【参考】変えるべき考え方を知る ~思考のクセ
講義
ワーク
  • 3.コミュニケーションにおける心構え<真意を伝える難しさを再認識する>
    (1)コミュニケーションはねじれて伝わる
    (2)コミュニケーションにおける心構え
    ①自分の思ったことが100%伝わることはない
    ②表情、動作も使って伝える
    ③相手の感情を察する
講義
  • 4.アサーティブコミュニケーションにおける伝え方<伝え方の手順とコツを学ぶ>
    (1)状況を客観的に伝える
    (2)相手の話を受け止める、相手の言葉に反応を示す
    (3)自分の考えを伝える ~Ⅰ(アイ=私)メッセージの活用
    (4)論点を確認し、最良と思われる解決策を導き出す
講義
  • 5.ケーススタディ <アサーティブコミュニケーションを実践する>
    【ケース①】異動してきたベテラン従業員に、処理手順を現部署のものに変更してほしい
    【ケース②】仕事が山積みのため、参加必須でない説明会への出席を今回は断りたい
ワーク
  • 6.シナリオ作り~自身の課題を考える <アサーティブを実務に活かす>
    【ワーク】第2章(3)のワークで挙げた課題をアサーティブに対応するシナリオ作成する
ワーク
研修プログラム例【<ステップ2>自宅学習(2~3時間程度)】
  内容 手法
  • 1.確認テスト ~知識の定着を測る(25題)
自宅学習
  • 2.ケーススタディ ~応用力を測る(5題)
    具体的に事例を用いて、アサーティブとはどのようなことかを体感していただくワークや、「上司・先輩へ言いにくいことを伝える場面」、「業務上での指摘をする場面」など設定されたケースで、アサーティブコミュニケーションの手法を使ってどのように伝えるかを考えるワークを実施していただきます。
自宅学習
研修プログラム例【<ステップ3> オンラインフィードバック研修(3時間)】
  内容 手法
  • 1.研修内容の振り返り
ワーク
  • 2.確認テストの解説・フォロー ~知識の定着
      各自の解答結果を共有
      講師から押さえておくべきポイント、間違いやすいポイントを解説します
講義
ワーク
  • 3.ケーススタディの解説・フォロー ~実践力を高める
      全ケーススタディに対し、各自の作成した解答の共有と検討を実施
      講師から実践を想定したフィードバックを行います
講義
ワーク
  • 4.まとめ
ワーク

6256

スケジュール・お申込みschedule・application

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年8月5日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討いただいている研修テーマで、日程がないとお困りの場合は「研修リクエスト」のサービスをご活用ください。お客さまのご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について
(更新日:2020年8月5日)

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修