loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

(ITエンジニア向け)タイムマネジメント研修~仕事を効率的に進めるための時間管理を学ぶ

(ITエンジニア向け)タイムマネジメント研修~仕事を効率的に進めるための時間管理を学ぶ

ITエンジニアとしての時間の使い方を知り、限られた時間の中で仕事の効率を上げるための手法を学ぶ

研修No.6000007

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 新入社員
  • 若手層
  • 中堅層

・日々の仕事の中で、時間に追われて悩んでいる方
・「次に何をしようか」と考えて手が止まることがある方
・仕事の優先順位付けに関して客観的な基準を学びたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 関わるプロジェクトの全体像を把握できておらず、何から着手すべきかわからない
  • 予定していたタスクと、急に入ってきたタスクのどちらを優先するか判断に迷うことが多い
  • 興味ある内容や進めやすいタスクから着手しがちになり、仕事の優先順位づけができていない
  • 業務に追われて納期ギリギリになる、残業時間を減らしたい

研修内容・特徴outline・feature

限られた時間の中で業務効率を高め、最大限の成果を上げるために、PDCAサイクルを活用した仕事の効率化の進め方を習得していただきます。具体的には、まず自分のワークスタイルを認識し、仕事を4つの種類に分け、計画的に仕事を進めていくやり方を学び、さらにそのやり方を改善していくことで、生産性の向上に役立てていただきます。

到達目標goal

  • ①「考える仕事」「こなす仕事」「完全に時間を拘束される仕事」「少しなら時間を自由に使える仕事」それぞれの効率の良い時間の使い方を理解する
  • ②仕事の目的・QCDRを明確にすることで手戻りの少ない計画を立てることができる
  • ③仕事を「緊急度」と「重要度」で整理し、優先順位をつけることができる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.タイムマネジメントの原則
講義
  • 2.自分の時間管理について整理する
    (1)普段実施している時間管理の工夫
    【ワーク】仕事の時間管理に関する自分なりの工夫していることを共有する
    (2)自分のワークスタイルを知る
    【ワーク】昨日までの3日間を振り返り、時間の使い方を洗い出す
    (3)自分の仕事を洗い出す
    【ワーク①】自分の仕事をすべて洗い出す
    【ワーク②】洗い出した仕事の中で、より時間を占有している仕事内容を整理する
講義
ワーク
  • 3.C(Check)・A(Action) ~自分の仕事を検証し改善する
    (1)仕事・行動は4つに分類できる
    (2)考える仕事 ~集中することが鍵
    (3)こなす仕事 ~連続処理が鍵
    (4)完全に時間を拘束されてしまう仕事 ~減らすか移す
    (5)少しなら時間を自由に使える仕事 ~徹底活用する
    【ワーク】洗い出した仕事を分類に分ける
講義
ワーク
  • 4.P(Plan) ~QCDRを明確にする
    (1)仕事の目的を明確にする
    (2)仕事のゴール(QCDR)を明確にする
    【ワーク①】仕事の依頼を仮定しQCDRを考え注意すべき点を考える
    【ワーク②】①で洗い出した仕事の一つを選び、その仕事のQCDRを考える
    (3)自分のコストを考える
    【ワーク】自分のコストを確認する
講義
ワーク
  • 5.P(Plan) ~優先順位を明確にする
    (1)優先順位をつけることが仕事の成果をあげる
    【ワーク】自分が普段行っている仕事を「緊急度」と「重要度」に分けて整理する
    (2)優先順位を意識して仕事を進める
講義
ワーク
  • 6.D(Do) ~仕事のやり方を工夫する
    (1)スケジュールコントロールの工夫
    (2)組織的視点で自分の仕事かどうかを考える
     【ワーク】自分がやるべき仕事ではないと思う仕事が出てきた時の行動を考える
    (3)よくある時間の無駄遣いを減らす
講義
ワーク
  • 7.目標設定
    【ワーク】今回の研修を踏まえ、今までの問題点と今後の改善策を考える
ワーク
  • 【参考】コミュニケーションを円滑にし、効率を上げる
講義

企画者コメントcomment

「興味ある内容や進めやすいタスクから着手しがちになり、優先順位づけができていない」といったお悩みをよくお伺いします。本研修にはITエンジニアとして効率的に仕事を行うためのノウハウがつまっています。ぜひご自身の時間の使い方を見直す機会としていただけたらと思います。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討中の研修テーマで、日程がなくお困りの場合は「研修リクエストサービス」をご活用ください。ご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修