時短マネジメント研修

時短マネジメント研修

研修No.3239803

  • 研修プログラム例
  • スケジュール
  • 受講者の評価
  • お問合せ

対象者対象者

・時短や定時退社の社員・スタッフが部下にいる現場リーダー、管理職の方
・定時、時短社員の力をうまく活用できていないとお悩みの現場リーダー、管理職の方
・マニュアル作成、業務の標準化など、時短の社員・スタッフの力をこれまで以上に引き出したいとお考えの現場リーダー、管理職の方

研修内容研修内容

将来必ず深刻な労働力不足を迎えます。その不足を補う三本の矢の一つが「専業主婦層の短時間雇用」です。本研修では将来的にマネジメントの必須要素となる「時短マネジメント」の3つの要素である(1)時間管理、(2)役割の明確化、(3)ナレッジ共有について習得していただきます。

研修プログラム研修プログラム例

研修プログラム例 
  内容 手法
  • 1.労働者を巡る今後の世の中の流れ
    ■世の中の流れ:
    2020年は生産年齢人口は7,341万人。
    今後、30年間で2,300万人の生産年齢人口が減る見込み
    失業率2%(超売り手市場)
    ■深刻な労働力不足を補う三本の矢
    「外国人労働者の受け入れ」「社内失業者の活躍」
    「短時間労働者の雇用」
    ※専業主婦層などの非正規社員、スタッフをどのように職場に有機的に組み入れるか
講義
ワーク
  • 2.求められる指導者の役割と変革
    (1)求められる時短マネジメント
    ~やることを明確にする。いつまでに何をやる
    (2)これからの指導者に求められる職場改革
    ~誰でも業務にコミットできる仕組み作り。誰でも同じことができる
講義
ワーク
  • 3.時短マネジメントに必要な要素
    (1)役割の明確化 (2)タイムマネジメント (3)ナレッジ共有
講義
ワーク
  • 4.役割の明確化
    (1)求める役割を決める
    ~時短社員と話し合い自分の役割期待と相手の考えを擦り合わせる (2)仕事の配分は「ルーチン8割、新規2割」
    (3)仕事を任せて育てる(業務分担のコツ)
講義
ワーク
  • 5.タイムマネジメント
    (1)タイムマネジメントの留意点
    ・勤務時間は厳守(絶対に残業させず時間内に帰れるようにする)
    ・終業の1時間前に仕事の棚卸し(5分前はアウト)
    (2)業務のプロセス分解と見える化
    (3)分担しやすい業務を整理する
     【ワーク】自部署の業務を分解して、時短の人にお願いできるものとそうでないものを切り分ける
    (4)タイムマネジメントのコツ
    ~共有化:ホワイトボードでの情報共有
    業務管理:1週間の行動計画と始業・就業時の5分ミーティング
講義
ワーク
  • 6.ナレッジ共有~一緒にマニュアルを作る
    (1)その人が休むと止まってしまう業務は何?
      ~職場のナレッジの課題
    (2)業務を標準化する上で必要なナレッジは?
    (3)マニュアルの絵を描く①~どのようなマニュアルにする?
      ※仕様書、フロー図、チェックリスト、FAQなど
    (4)マニュアルの絵を描く②~協力者(ナレッジ保有者)を決める
    (5)マニュアルの絵を描く③~大枠を決め、作成を依頼する
講義
ワーク
  • 7.明日からの行動変革目標の設定

ひとこと研修制作者からひとこと

将来の労働人口の減少が深刻な事態を迎える中、シニア、女性、外国人などを職場でこれまで以上に戦力化することが急務となっています。
特に本研修では、定時退社、時短の勤務形態にある方に新たな業務でこれまで以上に戦力化させる手法を学んでいただきます。
①安心して長く働いてもらうために(オンボーディングするために)配慮することやマネジメントの仕方 ②マニュアル作成や業務の標準化 など

スケジュールスケジュール

かんたんお申込みシステム WEBinsource

公開講座を手軽にお安く受講いただけます!
※一部の研修は、割引対象外となります。
→WEBinsourceの詳細と新規登録はこちら

注意点お申込み時の注意点→お申込みから研修当日までの流れ

(1)同業の方のご参加はご遠慮いただいております。
(2)最低履行人数の4名に達しなかった場合、研修が中止となる可能性がございます。中止の可能性がある場合は研修日の2週間前に中間報告、1週間前に開催可否の連絡をさせていただきます。
(3)研修実施3週間を切った時点で、お申込み者数が0名の場合、開催日程をHPから削除させていただくことがあります。

※登壇予定の講師は予告なく変更になる場合がございますことをご了承くださいませ

4名様以上でのご検討の際、日程の都合が合わない場合や、開催予定が表示されていない場合には、開催のリクエストが可能です。
公開講座部(0120-800-225 ※ガイダンスに従って①を選択)までご相談ください。

研修リクエストサービスとは?

お電話でのお問合せ0120-800-225

メールでのお問合せ お問い合わせフォームへ

タイミングが合えば1名様からでも格安で受けたい研修が受けられる研修リクエストを受付中!

※研修リクエストの詳細は
こちら

TEL:03-5259-0071

FAX:03-5259-0077

お問い合わせフォームへ

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

ページトップへ
年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
62,700
開催数※1
8,158
講座数※2
2,504
WEBinsource
ご利用社数※2
9,942

※1 2018年4月~2019年3月

※2 2019年3月末時点

お得なサービスプラン
WEBinsource
9,942社以上のお客さまがご利用中!公開講座をカンタンにお申込みできる無料のWEBサービス
※2019年3月までの累計
人財育成スマートパック

公開講座をリーズナブルに受講できるお得な割引パックをご用意しております

くわしくはこちら

公開講座Leaf

受講者が研修を申し込めるシステムです。

くわしくはこちら

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
 
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

おすすめ研修・サービス

公開講座新作研修

2019年4月26日
OJTフォローアップ研修~関係構築・フィードバック編
2019年4月19日
属人化防止研修~管理職による業務標準化のためのナレッジマネジメント
2019年4月12日
1対1面談研修~部下のキャリア開発支援編
2019年4月12日
RPA研修/UiPath研修 入門編~UiPathを体感する
2019年4月 5日
RPA研修/UiPath研修 初中級編~豊富な機能を用いた自動化を実現する(2日間)