対象者

  • 若手層

・主体的に行動を起こすのが苦手な方
・周囲を巻き込んでいく力を身につけたい方
・もっと仕事の質を高めたい方

本研修の「ねらい」

本研修では、主体的にPDCAサイクルをまわし、周囲を巻き込んで問題を解決していくスキルを身につけていただきます。業務の振り返りを通してPDCAをステップ毎に学んでいただくカリキュラムとなっております。特に「D」では主体的に行動を起こすための3つのポイント(目的意識・仮説思考・判断基準)を習得します。さらに「C」では、振り返りの精度を高めるために問題発見から解決の流れや、周囲の巻き込み力を身につけます。

単にPDCAの内容を理解するだけでなく、サイクルを回し続けて仕事の質を上げるための実践力が得られる研修です。


研修プログラム例

B NEP304-2000-4044

研修プログラム例(1日目/2日間)
内容
手法
  • 1.今までを振り返り、これからの役割を考える
ワーク
  • 2.仕事の捉え方(振り返り)
    (1)求められる役割を認識する
    (2)仕事はチームワークが大事
    (3)仕事発生から終了までの流れ
講義
  • 3.仕事を進めるPDCAサイクル
    (1)PDCAサイクルとは
    (2)小さなPDCAから大きなPDCAへ
講義
  • 4.計画を立てる~PLAN
    (1)目標を明確にする  (2)目標から逆算する
    (3)計画は日々のスケジュールに落とし込む
    (4)正確な計画にはかかる時間の把握が必要
    【ワーク】自分の業務を書き出し、何にどのくらい時間がかかっているのか整理する
講義
ワーク
  • 5.実行する~DO
    (1)正確・迅速に実行する  (2)主体的に行う
講義
  • 6.主体的行動のためのスキル①~目的意識
    (1)目的を理解することが「主体性」発揮のスタート
    【ワーク】普段行っている仕事を洗い出し、「何のために」行われているのか目的を書き出す
    (2)仕事の目的を常に意識する
    【ワーク】例題において「目的」と、目的に即した「主体的な対応」を検討する
    (3)「目的」「目標」「手段」の違い
    【ワーク】洗い出した業務について「仕事の目的」が「手段」になっていないかを改めて考え、主体的に改善できる点、工夫できる点を挙げる
講義
ワーク
  • 7.主体的行動のためのスキル②~仮説思考
    (1)主体的に行動するために ~「先を読む」
    (2)仮説を持って業務にあたる
    (3)「主体的」とはPDCAを繰り返せること
    (4)仮説構築の基本は「ゼロ」から
    【ワーク】お客さま対応の事例を参考に仮説を考える
    (5)仮説を立てたら「やり抜く」
講義
ワーク
  • 8.主体的行動のためのスキル③~判断基準
    (1)主体的行動とは「判断」基準を持つこと
    【ワーク】仕事を引き受けるにあたり、何を確認(質問)する必要があるか考え、書き出す
    (2)ビジネスの基本となる判断基準~QCDRS
    【ワーク】仕事を引き受けるにあたり確認すべきことを、QCDRSの枠組みで再度検討する
    (3)優先順位を決める判断基準~重要度×緊急度
    【ワーク】仕事を引き受けるにあたり洗い出した質問事項(やるべきこと)を、「重要度」と「緊急度」で整理する
    【ワーク】質問事項(やるべきこと)に優先順位をつける
    【ワーク】質問事項(やるべきこと)をふまえてスケジュールを立てる
講義
ワーク

研修プログラム例 (2日目/2日間)
内容
手法
  • 9.振り返る~CHECK
    (1)結果を評価する
    (2)行動や状況を思い出す
    (3)上手くいったことを確認する
    (4)問題を洗い出す
    (5)原因を追究する
    (6)改善策を立てる
講義
ワーク
  • 10.問題解決のプロセスと論理的思考
講義
  • 11.問題を発見する
    【ワーク】ケーススタディを読んで、お客さまからの苦情から読み取れる「問題」を、モレなくダブりなくを意識しながら整理する
    (1)問題の整理はモレなくダブりなく
    (2)問題の全体像をつかむ ~ツリー構造Ⅰ
講義
ワーク
  • 12.原因を追究する
    【ワーク】ケーススタディを読んで整理した内容を、ツリー構造で表現する。
    (1)原因を徹底的に考える
    (2)原因を系統別に追求する ~特性要因図
講義
ワーク
  • 13.解決策を選定する
    【ワーク】ケーススタディを読んで、接客においてお客さまをかなり待たせる原因の追究を、特性要因図を使って行う。
    (1)納得感のある解決策へのつなぎ方 ~帰納法と演繹法
    (2)判断を助ける知恵 ~フレームワーク
講義
ワーク
  • 14.「周囲を巻き込んだ取り組み」へスケールアップ
    【ワーク】入社後今まで担当した仕事を、「周囲を巻き込む視点」で振り返る
    (1)組織での取り組み~4つのルール
    (2)身近な「もう少し」とその原因を考える
    (3)周囲を納得させるための目標設定
    (4)上司や同僚、後輩を巻き込む力
講義
ワーク
  • 15.関係者を説得する
    (1)焦点を見定めて伝え方を変える ~So What?/Why So?
    (2)全体観を崩さずに時間を調整する ~ツリー構造Ⅱ
講義
  • 16.改善する~ACTION
    (1)改善(ACTION)へつなげるために改めてポイントをおさえる
    (2)アクションの3つの方向
    【ワーク】うまくいかなかったPDCA事例をどのようにしていけばよいか、改めて自分の仕事の仕方を見直す
講義
ワーク

6010

1271922


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

研修のプロがお答え{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

{{list[0]['categoryBottom']}}関連のよくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



中堅社員研修の評価
年間総受講者数
38,675
内容をよく理解・理解
95.9
講師がとても良い・良い
94.6

※2018年10月~2019年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

サービス内容
初めてご利用の方へ
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
■年次別研修例
■関連スキル
新作研修PICK UP

時代の変化を先取りするインソースの新作研修

新作研修一覧を見る

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
 
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

階層別テスト ビジネスで必要な「知識」と「活用力」を測定するテスト

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia リーダーシップ

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia アセスメント

若手育成計画

新人・若手育成プログラム

部下を早期戦力化するコツ

成長企業の人材育成

階層別若手社員育成プラン

離職防止対策を考える

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

研修コスト削減サービス

全力Q&A

デザイン思考研修

お仕事歳時記

講師一覧

人材育成の7つのポイント

映像制作 eラーニング制作 デザインサービス

交流型無料セミナー

漫画で楽しく学べる教材制作

人財育成スマートパック 公開講座が最大50%OFF

スピード見積もり

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修


×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!