loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

インサイドセールス導入研修~非対面でも成果を出す営業手法を学ぶ

インサイドセールス導入研修~非対面でも成果を出す営業手法を学ぶ

営業人員を増やさずに、非対面でも成果を上げる次世代型の営業手法を取り入れ、営業活動を抜本的に変革する

研修No.4030200

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • リーダー層
  • 管理職層
  • 部長・経営層

・インサイドセールスを導入検討している組織の方
・営業活動が旧態依然のままで、変革を求めている方
・営業人員の人手が足りないが、売り上げ拡大をしたい組織の方

よくあるお悩み・ニーズ

  • インサイドセールスとよく聞くが、自組織に合うかわからない
  • 売り上げ拡大をしたいが、人員を増やせずに打つ手がない
  • 非対面でも営業成果を上げる方法を知りたい
  • 自組織の営業活動はITツールを使いこなせていないと感じる

研修内容・特徴outline・feature

昨今のオンラインツールの発展により、営業活動の舞台が対面からオンライン営業へと切り替わりつつあります。本研修では、人手不足で営業人員が十分に確保出来ない現状でも、売り上げ拡大のためにより多くの企業にアプローチをするための営業手法としてインサイドセールスを組み入れ、営業活動の変革に活用いただけるノウハウを身につけていただきます。

なお、インサイドセールスとは元々はアメリカで生まれた「内勤営業」と呼ばれる営業手法ですが、本研修では、テレマーケティング部門ではなく、営業が各種システムや部門内の人材がオンラインツール(電話・メール・WEB会議システム)を活用し、クロージング以外の全ての営業活動を行うこと、と定義をしてお伝えいたします。

ワークでは、リードナーチャリングに必須なメールマーケティング文面作成や営業へのパスの仕方、各部署へのフィードバックの演習を行い、インサイドセールスに求められる各役割のポイントを理解していただきます。

※既にインサイドセールスを導入していて、インサイドセールス従事者のスキルアップが目的の場合には「インサイドセールス養成研修」をご受講くださいませ

到達目標goal

  • ①インサイドセールス導入のメリットを理解する
  • ②インサイドセールスの全体像を理解する
  • ③インサイドセールスに求められる3つの役割を理解する

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1.インサイドセールスとは
    【ワーク】インサイドセールス導入企業の事例から共通点を探す
    (1)インサイドセールスとは
    (2)インサイドセールスが求められる背景
      ①顧客購買行動の変化  ②オンラインツールの発展
      ③働き方改革と人材不足 ④商材性質の変化
    (3)インサイドセールス3つのタイプ
講義
ワーク
  • 2.インサイドセールスのメリット
    【ワーク】インサイドセールスのメリットについて考え共有する
    (1)物理的距離の制約を受けずに商圏を拡大できる
    (2)空振りの営業訪問・機会損失の防止ができる
    (3)顧客を商談設定フェーズまで育てることができる
    (4)営業活動のコストダウンができる
講義
ワーク
  • 3.インサイドセールスの全体像
    (1)インサイドセールス導入後の営業プロセスの再構築
    (2)インサイドセールスが果たす役割
      ①リードナーチャリング ②商談機会の創出 ③顧客の声の横展開
    (3)営業活動を支えるITツール
講義
  • 4.インサイドセールスの役割①リードナーチャリング
    (1)検討段階をスコアリングで推し量る
    【ワーク】普段行っている顧客管理の中で、「もうすぐ受注になりそうな顧客」逆に「受注には程遠い顧客」と判断する基準を考える
      ①検討初期 ②検討中期 ③検討後期
    (2)顧客検討段階で変わるアプローチ内容
    (3)認知の法則とザイアンスの法則~適切なアプローチ頻度とフォロー
講義
ワーク
  • 5.インサイドセールスの役割②~商談機会の創出
    (1)アポイント獲得数だけを追わない
    (2)成約率が高くなる商談設定の鍵
    【ワーク】BANT-C以外にも、商談前にフィールドセールスが知っておきたい情報について考える
講義
ワーク
  • 6.インサイドセールスの役割③~顧客の声の横展開
    (1)インサイドセールスには顧客情報が集まる
    【ワーク】商談記録をつける理由を洗い出す
    (2)他部署への情報発信~改善の指揮者となる
    【参考】ある通信会社におけつ顧客情報の共有事例
講義
ワーク
  • 7.まとめ
ワーク

6458

企画者コメントcomment

オンラインツールが日進月歩発展しているのに、また、オンライン商談をメインに行えば訪問件数が増えることは明白でしたが、「オンライン商談では顧客との信頼関係を築けない」といった抵抗勢力が強く、営業手法はほとんど変化がありませんでした。しかし、コロナウイルスの影響で営業活動の場はオンライン営業に移行しつつあります。インサイドセールスは言わば、営業活動の細分化と役割分割ですので、旧来の営業向き人材でなくても活躍できる場が提供可能です。ぜひ本研修を受講していただき、自組織の営業活動の変革にお役立ていただければと思います。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討中の研修テーマで、日程がなくお困りの場合は「研修リクエストサービス」をご活用ください。ご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
58,332
開催数※1
8,445
講座数※2
2,859
WEBinsource
ご利用社数※2
13,492

※1 2019年10月~2020年9月

※2 2020年9月末時点

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修