loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

リーダーシップ研修~コロナ禍でもチームを守り、勝ち残る力を体得する

リーダーシップ研修~コロナ禍でもチームを守り、勝ち残る力を体得する

コロナ禍のような状況下においても迅速に行動し、チームとして成果を出すリーダーのあり方を学ぶ

研修No.3500000

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • リーダー層
  • 中堅層
  • 管理職層

・リーダー層
・チームメンバーを率いる立場にある方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 変化の激しい環境の中、どのようにリーダーシップを発揮したらよいかを考えたい
  • リモートワークでもメンバーが成果をあげていくための指示の出し方や関わり方について知りたい

研修内容・特徴outline・feature

環境が変化する中でも、リーダーにはチームを守るために状況を捉え方向づけるリーダーシップが求められます。「チームを守る」とは、メンバーのために仕事を生み出し、成果をあげさせることです。

本研修では、困難な状況であっても状況を見極め、迅速に意思決定し、方向づけて、リーダーとして行動していくための手法を学びます。また、リモートワークでメンバーと離れた場所で勤務する場合でもメンバーの能力を踏まえて成果を出してもらうための指示の出し方や関わり方を学びます。

到達目標goal

  • ①ポストコロナ、ウィズコロナ時代における、チームリーダーに必要な心構えを確認する
  • ②リーダーとしての迅速な意思決定や実行の仕方を身につける
  • ③チームを守るためにすべきこと、考える視点を理解する
  • ④リモートワークの具体的な方法、進め方について習得する

研修プログラム例program

  内容 手法
  • ■はじめに ~ポストコロナ・ウィズコロナ時代のリーダーシップ
    【ワーク】コロナ禍によりリーダーとして仕事をする上でどんな変化があったかを考える
    (1)厳しい時代を生き抜くためのリーダーとは ~コロナ禍が発生する前と後
    (2)コロナ禍で活躍したリーダーたち 
      ・コロナ対策で成果を出した女性リーダーたち
講義
ワーク
  • 1.リーダーとしてやるべきこと
    【ワーク】上司や組織から、部下から求められている役割を考える
    (1)リーダーにはチームを守る気概が求められる
      ・方向性を見極め、決断し、チームやチームの仕事を守ることが求められる
    (2)リーダーの仕事
     ①方針を明確にする
     ②チームを守る
     ③メンバーの生産性を高める
     ④ITの活用
講義
ワーク
  • 2.迅速な意思決定と実行力 ~OODAループを活用した決断力
    (1)リーダーとしての立ち振る舞い ~予測不能な時代にリーダーとしての品格を持つ
     ①泰然自若と冷静沈着の体現
     ②迅速な意思決定と実行する力
    (2)「Observe」 優れた観察者であること
    (3)「Orient」 経験や学習から課題解決の方向を示す
    (4)「Decide」 困難な状況に立ち向かい決断する
    (5)「Act」 行動する
    (6)実行時のリーダーシップ
     ①リーダー自らの言葉で語り伝える
     ②意図・目的を明確にする
     ③メンバーの役割を明確にする
講義
  • 3.チームを守る
    (1)社内失業者を作らない ~メンバーを守る慈しみの心
     ①業務の創出
     ②メンバーのレベルに業務の再配分
    (2)業務の偏りや属人化でボトルネックを作らせない ~メンバーの多能工化
    (3)業務フローやマニュアルを整理し必要な仕事、不要な仕事を見極める
講義
  • 4.メンバーへの指示の出し方、関わり方 ~リモートワークに対応する
    (1)仕事の意味を伝える(明確にする) ~何のための業務なのか
    (2)KPIを明確にする ~何を、どれだけやるのか
    (3)部下のレベルに応じた指示の仕方
     ①未熟なメンバーへの業務指示 ~業務の優先順位と手順を示す
     ②ベテランメンバーへの業務指示
    【ワーク】部下の状況(能力)や担当業務などを整理する
    (4)業務進捗の把握
     ①リモートワーク時は細かなチェックを ~良質のマイクロマネジメントが有効
     ②進捗把握の頻度
    (5)メンバーの能力レベルで業務分担が必要
     ①メンバーの「できる」・「できない」が図らずも明確になった
     ②レベルに合わせた業務の切り出し
講義
ワーク
  • 5.まとめ
    【ワーク】研修の内容を踏まえて、明日から取り組むことを考える

    【参考】業務を見直す
    (1)業務を廃止する
    (2)標準化 ~属人化の弊害防止、業務・部品・機材などの削減
    (3)自動化 ~機械化・システム化
    (4)集約化
    (5)複雑化
ワーク

スケジュール・お申込みschedule・application

オンライン開催

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年8月5日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討いただいている研修テーマで、日程がないとお困りの場合は「研修リクエスト」のサービスをご活用ください。お客さまのご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について
(更新日:2020年8月5日)

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修