プロフェッショナルマインド養成編(4日間)

1106プロフェッショナルマインド養成編(4日間)

B NEP304-1300-1106

18/09/13 更新


このページは講師派遣の研修を紹介しています

本研修の「ねらい」

今後「プロフェッショナル」として活躍するための土台となる基本的なビジネススキルを、4日間かけてじっくりと身につけていただく研修です。

1日目にはまず、ビジネスゲーム「ドミノインテリア」を通じて、ビジネスにおける「プロの仕事」を体験し、イメージします。そのうえで、「判断力」「コミュニケーション」「計画性・戦略性」「実践力」といった様々な観点からプロフェッショナルに求められる要件を考え、明確化していきます。


研修プログラム例

B NEP304-1300-1106

研修プログラム例 (所要時間:1日目/4日間)
内容
手法
  • 1.プロフェッショナルとは何か?
講義
  • 2.プロフェッショナルな人材が考慮すべき社会とは?
    (1)誰の期待に応えるべきなのか? ~ステークホルダーの存在を知る
    (2)具体的に自社がステークホルダーから求められているものを考える
講義
ワーク
  • 3.プロフェッショナルの仕事体験ビジネスゲーム 「ドミノインテリア」 (1)チームで共通のビジョンと計画を共有し業務を進めることの重要性
    (2)チームで高い成果を挙げるにあたってのコミュニケーションの重要性
    (3)PDCAでこだわりぬくことの重要性
ビジネスゲーム
  • 4.プロフェッショナルに求められる要件
    (1)判断力
     ①多面的な視点で物事を粘り強く考える
     【ワーク】コピーとりをQCDSRで徹底的に考える
     ②相手の立場にたって物事を考える
     【ワーク】ライバル会社の業務提携を上司に報告する
     ③中長期的な損得勘定をもつ
    (2)コミュニケーション
     ①チームワークを実現するコミュニケーション
     ②ホウ・レン・ソウとは?
     【ワーク】こんなトンチンカンな報告をどう改善する?
    (3)徹底した計画性・戦略性
     ①仕事の優先順位の付け方
     ②PDCAサイクルを知る
     ③コピーとりをPDCAサイクルで見直す
    (4)実践力
     ①明確なビジョンと目標設定
     ②コミットメント(本気)
     ③参加する ~当事者意識を持つ
     ④シェアする ~分かち合う・表現する・共有する
     ⑤冒険する ~安全圏から行動を起こす
     ⑥責任(自分が源であることを知る)
     ⑦援助・貢献する ~人に援助貢献からかかわる
     ⑧徹底する ~当たり前の事を徹底してやる
講義
ワーク
  • 5.今の現状を知る
    (1)一日の研修を踏まえ、自分の出来ていること、課題を整理する
    (2)4日間を通して身に付けるスキルをコミットメントする
ワーク

研修プログラム例 (所要時間:2日目/4日間)
内容
手法
  • 6.仕事の流れとは?
    (1)プロジェクト活動の流れ
      ~製品は、様々な役割・人・プロセスを経て顧客のもとに届く
      ~プロジェクトの条件
     「始めと終わり」「目的」があり「ルーティンワーク」ではない
    (2)仕事はチームワークが大事
    (3)仕事の発生―命令・指示の受け方
講義
ワーク
  • 7.仕事をうけるためのきく力
    (1)3つのきく
    (2)相手が答えやすい質問とは何か?
    【ペアワーク】訊く力向上ワーク
    (3)相手のニーズを探る際の注意点
     ①徹底した準備を行う
     ②顧客自身が真のニーズを理解しているとは限らないことを知る
講義
ワーク

研修プログラム例 (所要時間:3日目/4日間)
内容
手法
  • 8.企画・計画の作成の仕方
    (1)発想が出る方法・アイデア曲線 ~3つのポイント
    (2)「発想力」を出す訓練
    (3)絶対に「発想」「企画アイデア」がでる5つの方法
    (4)「発想」の固め方  ~企画前段階の作り方
講義
ワーク
  • 9.実現できる企画書・計画書の作成方法
    (1)企画書・計画書の構成
    (2)抜け漏れをなくす為の思考法 ~「モレなく、ダブりなく」とは?
    【ワーク】忘れ物をしない!
    (3)徹底的にリスクを追求して洗い出し、対策を考える
講義
ワーク

研修プログラム例 (所要時間:4日目/4日間)
内容
手法
  • 10.企画をわかりやすく伝えるプレゼンテーション力
    (1)重視すべきこと
    (2)事前準備の重要性
    (3)人柄の準備
    (4)共通項作りの重要性
    (5)先方に対する配慮
    (6)話すスピード・用語
    (7)クロージング
    (8)やってはいけないこと
講義
ワーク
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:https://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

実績と受講者の声

実施、実施対象
2015年 4月     91名
業種
製薬
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 講義を聴くことでなく、ワークを行うことで、実際に仕事で必要となる段取りなどを体感することが出来ました。仕事をより良くし続けるということは、とても難しそうに感じますが、日々意識することで身にしみて行けばいいなと思いました。
  • ゲーム形式でチームワーク向上やPDCAサイクルについて身をもって学ぶことが出来、とても有意義な時間になりました。班の皆さんとも打ち解けられることが出来、大変うれしかったです。
  • 信頼と挑戦について、実際にゲームを使うことで、具体的に行動することが出来、班の方とのコミュニケーションも取れて楽しかったです。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

研修のプロがお答え {{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

{{list[0]['categoryBottom']}}関連のよくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

関連の研修を探す


インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



新入社員研修・新人研修の評価
年間総受講者数
55,318
内容をよく理解・理解
96.9
講師がとても良い・良い
95.3

※2018年4月~2019年3月

サービス内容
初めてご利用の方へ
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
社会人としての基本
職場でのコミュニケーション
その他必須スキル
体感型
新作研修PICK UP

時代の変化を先取りするインソースの新作研修

新作研修一覧を見る

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
 
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

データ売り切り型eラーニング

インソースコラム アセスメント

インソースの新入社員研修

2019年度 新人研修お申込み受付中!新入社員研修

2019年新入の傾向と特徴

新入社員研修用テキスト販売

新人IT研修

ビジネス文書テキスト販売

徹底!ビジネス文書通信添削

階層別OJT研修

効果的な内定者研修を行うための7つのヒント

上司がうなる文書の書き方

デザイン思考研修

お仕事歳時記

講師一覧

人材育成の7つのポイント

映像制作 eラーニング制作 デザインサービス

交流型無料セミナー

漫画で楽しく学べる教材制作

人財育成スマートパック 公開講座が最大50%OFF

スピード見積もり

インソース採用情報


直近の残席あり研修