loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

管理職研修~課題解決力強化編(2日間)

管理職研修~課題解決力強化編(2日間)

管理職の必須スキルである課題解決力を身につけ、課題解決のための基本フレームワークを学ぶ

研修No.B NMG322-0000-0192

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修内容・特徴outline・feature

管理職として必須の課題解決力

組織のトップの意向と現場をつなぐパイプ役、さらには組織全体の活性化に重要な役割を果たす管理職にとって、課題解決力は必須のスキルといえます。

組織の現状を分析し、目標を実現するために必要なもの・欠けているものを発見し、具体的な解決策を追究します。そして複数想定された解決案からふさわしいものを選択し、実施していくまでの一連のプロセスの流れを学びます。
 

課題解決企画書を作成し、プロフェッショナルマインドを醸成

日常業務の中で感じる疑問点を出発点として、市場全体の動向を把握した上で、自らの組織の課題を明確にします。それをもとにグループワークを通して 「課題解決企画書」としてまとめ、他流試合方式でグループごとに発表・評価をし合います。

2日間、同じ中堅層同士で組織の課題を集中的かつ徹底的に考え、目標へ向かっての効果的な解決策を練ることにより、管理職としてのプロフェッショナルマイ ンドの醸成を目指します。

課題解決のための基本フレームワークを学ぶ

(1)問題発見プロセス:目的を実現するために、解決すべき問題を発見する思考方法

会社の「現状」(実績)を分析、 「目標」を実現するために必要なもの・欠けているもの(「ギャップ」)を発見。 その際には「何がどのように足りないのか」を現実の事例に即して問題を具体化させます。

さらに、問題が発生する原因や、その背景にあるさらに根深い問題などを掘り起こし、問題を深化 させ、原因を究明します。

(2)意思決定プロセス:(1)で考えた問題を解決する案を複数想定し、その中からメリット・デメリットを考慮。最もふさわしい解決策を選択する

問題を究明したあとに、その問題を解決するための方法やそれに必要なもの(「解決策」)を複数想定します。

そして、それらの解決策を実行した際に生まれるリスクやリターン、メリットやデメリットを考慮して(「期待効果」)、最もふさわしい解決策を選択します。そ の選択の際には、「スピード」「利益」「社会への貢献度」「会社の方向性」など何を基準としたのかも明確にします。

(3)実施プロセス:(2)で選択した解決策を「Plan」「Do」「Check」「Action」のサイクルで実現させる

解決策を実行するためには、「PDCAサイクル」を何度も行いながら確実に目標を達成します。

具体的には、行動計画を立て(Plan)、様々なことを実行していくが(Do)、その中で行動が当初の目的と乖離 してきた場合には、その原因を分析して(Check)、しかるべき軌道修正を行った上で(Action)、改めて全体の計画 をもう一度見直し(Plan)、そのプランを実行していく(Do)一連のサイクルを体感します。

出典:『ランニングシャツを着ている田中部長はなぜ仕事ができないのか』
(安藤弘一著、ビジネス社発行)

研修プログラム例program

研修プログラム例(所要時間:2日間)
内容 手法


  • 1.はじめに
     ~各チーム単位でリーダー、チーム名を決めてアイスブレイク
ワーク
  • 2.自己および会社の役割を再確認する
    1. 多面的に考える管理職の役割
       ①私が上司だったら、あなたに何を期待しますか?
       ②私が部下だったら、あなたに何をして欲しいか?
    2. 多面的に考える会社の役割
       ①自部署の課題を洗い出す
       ②お客様から見た自社とは?
       ③ライバル企業から見た自社とは?
        ※自社のあるべき姿と、強み・弱みをグループで検討し、
         自社の問題点と原因を洗い出す。
講義
ワーク
  • 3.課題解決のための基本フレームワーク
      ~プロフェッショナルセンス編
    1. 問題解決の基本フレームワークとは?
       ①基本フレームワークにもとづく課題解決の流れ
       ②目標のタイプによる課題解決プロセスの違い
         ~PDCAサイクルと戦略サイクルを回すことの違い
    2. 基本フレームワークの4つの効用
    3. 基本フレームワークの運用ルール ~9つの定石
       ①課題解決活動全般に関わる2つの定石
       ②問題解決プロセスに関わる2つの定石
       ③意思決定プロセスに関わる3つの定石 ほか2項法
講義
  • 4.プロフェッショナルセンス上級編
    1. 第一ルート
       ①日常で感じる疑問が出発点
       ②価値ある情報は社内外の一流人材から
       ③最後は自らがデータで検証し、自らの言葉で語る
    2. 第二ルート
       ①市場全体を掌握する
        ~市場の成長性、市場における自社のポジション、
        強み弱みなど
       ②より高い志、目標を持つ
       ③クオリティに妥協はしない
講義
  • 5.自社の課題を設定する
     前段の「多面的に考える会社の役割」で洗い出した自社の課題を、
     「課題解決のための基本フレームワーク」を踏まえ再検討する。
ワーク
  • 6.課題解決案の作成/ベストな解決案の抽出
     ※考えた課題に対する解決案を、課題解決企画書にまとめる。
     グループごとに作成し、シナリオ分析や8:2の法則を用いてベストな解決案を抽出する。
ワーク

研修プログラム例(所要時間:2日間)
内容 手法


  • 1.課題解決企画書の作成実習
     ①実施のねらい、実施事項、詳細内容、費用対効果、リスク、
      スケジュールなどの項目別で課題解決企画書を作成する。
     ②グループ内発表練習
        ※課題解決案の内容を効果的に発表する訓練
     ③グループごとに全員の前で発表(他流試合方式)
        ※講師および各チームが採点・評価する(各チーム5~10分程度)
講義
ワーク
  • 2.課題解決力を高めるプロフェッショナルマインド
    1. 成長を支えるプロフェッショナルマインド
       ①基本を愚直に貫く
       ②上司は乗り越えるべきもの
       ③素直さが成長の原点
講義
  • 3.発表
    ~受講生それぞれに明日から取り組むべき行動目標を設定し、
     宣言する
講義

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2017年 12月     15名
業種
金融
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 真の課題(根っこ)を発見し改善していきたい。
  • 課題点は分かっているので、いかに解決していくかを考えていく。
  • 体制改善、モチベーション向上につなげる為に社員を巻き込んで課題解決に取り組んでいきたい。

実施、実施対象
2017年 9月     19名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 問題を店舗スタッフ全員で共有し解決していきます。
  • 再度、店舗のことを見直しできる研修内容で良かったです。
  • 課題の見つけ方・原因・解決にロジカルな視点で取り組めた。

実施、実施対象
2017年 2月     17名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
94.1%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 問題に気付けないことが一番ダメで、問題が出る事は問題ではないことが認識できた。
  • 「なぜ」という考え方までていねいに教わることが出来て、今まで見えていなかった課題がみえるようになりました。
  • 分かりやすく、自身のマネジメント方法の方向性や目的も明確になったため、非常に良かったです。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

中級管理職(中級管理者向け)研修
年間総受講者数
32,808
内容をよく理解・理解
94.7
講師がとても良い・良い
92.3

※2019年10月~2020年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia 部長に求められる2つの役割

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia 課長に求められる3つの役割

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia 係長に求められる3つの役割

階層別テスト ビジネスで必要な「知識」と「活用力」を測定するテスト

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia リーダーシップ

コア人材育成なら未来創造&カンパニーにお任せください

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!